プリーからマイソールへ。計32時間の列車旅。

【78日目~】
インド・プリー→チェンナイ→マイソール

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

8月20日~8月23日

 

宿をチェックアウトします。

この後の予定は、プリーから列車に乗ってブバネシュワルへ。
そこから、22時発のチェンナイ行きの列車に乗り換えます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

プリーの駅で待っている間に一人のインド人男性と知り合いました。
デリーの会社で働いてるんだけど、今ホリデーで一人でプリーに来たんだって。

色々話をしたけど、彼の英語になまりがありすぎたのと、ペラペラすぎてほとんど聞きとれませんでした。

でも彼のおかげで色々と助かりました。
列車のホームが変更になったり、遅れたりしたけど彼は逐一教えてくれたので、難を逃れることができました。
それに、彼のスマホからWi-Fiを飛ばしてもらったしね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

彼はごみはポイ捨てしないし、インド人とは思えない程紳士。

ブバネに着いた後の予定を聞かれて答えると、「チェンナイ行きの出発まで時間があるね。君が良かったらご飯でも一緒に食べようか」と誘われました。

この時点で、この人のことを完全に信じてたのに、裏切られた気持ちがしました。

親切にご飯に誘われたのに「裏切られた」というのもおかしな話ですが、この人も結局は下心で親切にしてくれたのかと思ったのです。

「お腹空いてないからいい」と断ると、「だったらお茶だけでも。次の時間まで2時間もあるよ。暇でしょ?」と食い下がってきます。
それも断ると、2,3回再び聞いてきたけど、すんなり引き下がりました。

私は一刻も早く彼と離れたいと思いました。

 

 

ブバネシュワルに到着。

この人はここでホテルに泊まって、明日の列車でデリーに向かうそうです。

 

彼は何やらスタッフがいる所に言って、私の列車の確認をしてくれてます。

そして、色んな所を回って、どうやら時間まで私をその事務所みたいな所にいさせてくれないかと頼んでるようでした。

会話で「ジャパニー」と言っているのが聞こえたので、たぶん「彼女は日本人でヒンディー語が分からない。ホームが変わると分からないし、1人で危ないから時間までここに居させてほしい」と言ってくれているんだと思います。

スタッフや警官の人たちは、「列車は必ずこのホームに来るし、見回ってる警官がいるから大丈夫だ」と言っています(カンですが。笑)

 

結局、ホームまで一緒にきてくれて、売店のおじさんに私の乗る列車のことを説明しています。
「列車が来たら彼が教えてくれるから、何かあったら彼に聞いてね」と言って立ち去っていきました。

 

最後まで私を心配そうに見てた彼。

きっとご飯やお茶の誘いも、下心なんかじゃなくて本当に親切心だったのに悪いことしたなーと少し反省。
少しだけね。
疑り深いのも、人を信用しないのも、自分を守るため。自分を守れるのは自分だけだもん。

 

 

そしてチェンナイ行きの列車は1時間遅れて到着。

売店のおじさん、別に教えに来てくれなかったけど、私は十分親切を頂きましたよ。

 

そして車両に乗り込んで驚愕。ナニコレ。
無賃乗車野郎で埋め尽くされてるんだけど・・・

時間は23時を過ぎていて、車内の電気も消されて、みんな寝静まってる。

通路で寝てる人たちの合間を縫って、という踏みつけて自分の席に行く。

自分の席(ベッド)には既に誰か寝てます。

叩き起こしたくても、アッパーベッドは高すぎて、私この人に届かない。
困ってキョロキョロしてると、近くにいた人が代わりに叩き起こしてくれました。
ていうか、ここでさっきまで他の男が寝てたのかと思うと、横になるのに抵抗を感じる。
ま、眠すぎて寝たけどね。

しかもめっちゃ怖かったのが、この車両、まじで男だらけだった。ひえー。
ま、眠すぎてすぐ寝たけど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

翌日、16時くらいにチェンナイに到着。

 

1時間遅れて来たのに、定刻通りに到着したから焦った。
今回も、私はチェンナイで降りたいアピールをしていたので、チェンナイに着くと声をかけてもらいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さすがチェンナイ駅。デカい。人多い。

 

チェンナイは、マイソール行きの列車接続のためだけに寄ったので、街に出るつもりはなく、駅構内にある宿「リタイアリングルーム」に泊まろうと考えていました。

迷いながら到着すると、満室だと言う。

 

ショックでしばらく駅で放心する。

どうする?マイソール行きの列車は明日の夕方。24時間後。
24時間も駅でボーとしてるわけにもいかないので、トゥクを捕まえて地球の歩き方の見つけた宿に向かう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ブロードロンズ」
外国人専用の珍しい宿らしい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シングル、ファンのみ、バス共同で、300ルピー。
部屋がめっちゃ広かった。
シャワーは十分に熱いホットシャワーで水の出はそこそこ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中庭があって落ち着いた雰囲気。
部屋数がとても多かったんだけど、宿泊客は数組しかいなくてちょっと物寂しい感じだった。

Wi-Fiが有料で使えるんだけど、レセプション周りのみで、1時間25ルピー。

 

丸々一日移動だったので、すごい疲れた。すぐ寝る。

 

 

次の日、空腹で起きる。

そういえば、一昨日の夕方からまともに食べてない。
プリーの宿でご飯を食べて以来、口にしたのは水とジュースとスナックだけ。お腹空いた。

 

宿を出て周辺を散歩してみる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何がどう違うのか分からないけど、きっと違う言葉だよね。面白い。

 

お腹空いてるのに、なかなかレストランが見つからない。
ちなみに、南インドではレストランを「Hotel」と表記する。ホテルとか宿泊施設は「Lodge」。
紛らわしいよね。

 

良さそうレストランを見つけて入店。
メニューを見るけど、もう何が何やら。チンプンカンプン。

スタッフにとりあえず何か食べてないから何かお任せで、伝える。
出てきたのはこれ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インドの一般的な朝食らしい。
途中までは美味しかった。途中からはもう無理だった。

 

宿に戻ってとりあえずもう一眠り。

 

この宿は、チェックアウトが24時間体制になっている。

昨日の18時にチェックインしたから、その時間まで寝れるってわけ。
遅くチェックインした時、24時間体制はめっちゃ便利だけど、逆に朝7時とかにチェックインした時はめっちゃ辛いけどね。

 

夕方チェックアウトして、再び駅に向かう。

ちなみに、駅から宿まで片道50ルピーでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
駅で食べた焼きトウモロコシ。不味い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
相変わらず人いすぎ。

 

列車に乗る。

今回のチケットはローベッドだったんだけど、上の人と交換してもらい、アッパーベッドでまた爆睡。
途中で寒すぎて何度も起きます。

ファンの風がエアコンの風くらい冷たくて、ファンを止めてもらいます。

 

翌朝7時くらいにマイソール駅に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肌寒くてびっくりする。
長袖来てる人がほとんどだったからね。

 

そしてここで初めてのチケットチェックがありました。

出口から出ようとしたら、おばちゃんに止められてチケットを見せろと言われる。

 

私はチケットを探すも何故か無い。

昨日、駅員がチケットを確認しにきた時、その後ポケットに入れたのは覚えてるんだけど、なぜかポケットにはなかった。
何度も寝返りを打ったから、ポケットから落ちたか誰かに取られたかだな・・・

 

チケットを失くしたことを伝えると、事務所に連れて行かれて、どこから来たか、コーチナンバー、座席番号を聞かれる。
パスポートを見せて、コンピューターでちゃんと予約していることを確認している。

コーチナンバー、座席番号、覚えといて良かった・・・
ていうか、よりによってこんな時に無くすなんて・・・

次からちゃんとチケット取っておいてね、アドバイスされて解放。

 

駅を出ると、トゥクトゥクのおじさんとタクシーのおじさんが私を奪い合ってケンカ。
当然安い方のトゥクに乗る。

宿の目星は全く付けてなかったので、200~300ルピーの宿を探してると伝えると、2ヶ所連れて行ってくれました。

一つは250ルピーで安いんだけど、バス共同で、何より雰囲気が暗かったので拒否。
2つ目は、ダブルでファン、バス付で400ルピーだったのを値切って350ルピーにしてもらい、決定。

 

「Laj Regidency Lodge」」という宿です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
部屋はほぼベッドで狭いけど、全然十分。

水シャワーしか出なくて、浴びたら案の定、風邪を引きました。

熱っぽくて、だるくて、頭が痛い。
典型的な風邪の症状。

初めて、日本から持参した市販の風邪薬を飲む。
次の日の夕方頃には、マシになったかな。

 

 

ちょっと長くなりましたね。
マイソールでの観光の話はまた次回。

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
1クリックしていただけるとランキングが上がります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。
只今50位台くらい。

—————————-
リアルタイムはインド・バラナシ。
ここに来るまで本当に大変だった。それはまた今度ね。
1泊だけして明日には、ネパールとの国境を越えるためゴーラクプルに向かいます。
—————————-

ジーナリン
About ジーナリン 435 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

2 Comments

  1. インドも寒い所がありますね。日中42度の時にインドにいたから
    何処に行ってもインドは暑いとしか、記憶がありませんよ。
    とにかく、病気に注意してね。下痢・風邪・テング熱・・・・・
    食べ物は、必ず熱で調理された物を食してね。
    **水分を多めに取ることを忘れずに・・・便秘対策(笑)ガンバ

    • 時期なのか、南は陽がささないと肌寒いくらいでした。
      陽が差せば当然のように暑いですが(´ー`)

      いつもご忠告ありがとうございます。
      私は食べ物のえり好みが激しくて、インドの食べ物にはあまり心惹かれません。笑
      今の所、インド最大の敵、下痢にも悩まされてませんし、運がいいですね(*´▽`*)

コメントを残す