一応学生してますから、英語も勉強してるし楽しいですよ。

 

ゴールドコーストからこんにちは、ジーナリンです。

珍しくまた更新しますよーどうもね。

 

今回は、英語の勉強のお話です。

 

 

 

オーストラリアはゴールドコーストの学校に行き始めてから4ヶ月が経ちました。

私が通っている学校は、語学学校というくくりではなく(たぶん)
専門学校の英語クラスの1つというくくりになります。

 

この学校はいわゆる「ビザ取り学校」のひとつなので、
英語を真剣に学ぶ人以外に、在籍しているということだけが意義みたいな人もいるので
授業に参加しない人もたくさんいます。

 

私は留学経験もなく、たとえば駅前留学みたいなものにも通ったことがないので
せっかく学費も払ってるんだし、英語をきちんと勉強するいい機会だと思い
始めから、まじめに学校には通おうと考えていました。

 

 

 

授業は、想像していたよりもずっとずっと楽しいです。

 

先生がとても素晴らしく、説明が分かりやすく、
何より英語を丁寧に話すので、授業の内容以外にも
リスニングという意味で、先生の話を聞いてるだけでも勉強になります。

 

先生の話し方を聞いて、なるほどそういう風に表現するんだ、とか
こういう時はそういう風に言うんだ、みたいな学びがとても多いです。

 

 

授業の半分は、文法について勉強するんですが
正直、文法の内容は中学校で習うようなレベルなので決して難しくありません。

 

ただ、その文法の説明を英語で聞くのはかなり新鮮で、毎回勉強になることばかりです。

 

 

 

前回の記事でもちらっと書きましたが、
先月2週にわたって「現在完了形」について勉強しました。

 

この時制は日本語にはない概念なので、
どんなに勉強しても、結局どんな時に使えばいいのか分からずに終わってしまいます。

 

でもネイティブスピーカーは、この現在完了形を頻繁に使うらしいんですよね。

 

 

 

 

以下、私が学校で習った内容です。

自分の備忘録として、
そして役に立つかなーと思ったので皆さんにもシェアしたいと思います。

 

 

余談【文法単語の英語】

現在形:Present Simple
過去形:Past Simple
現在完了形:Present Perfect Simple

現在進行形:Present Continuous
過去進行形:Past Continuous
現在完了進行形:Present Perfect Continuous

原形:Infinitive
過去分詞:Past participle

 

 

 

 

◆現在完了形の考え方

 

日本の学校では、おそらく現在完了形について
「完了/結果、経験、継続」の3種類を表す時に用いる、
というような感じで習っていると思うんですが、正直、ちんぷんかんぷんじゃないですか?(笑)

完了して、継続って、どっちやねん、みたいな。

 

 

私は「経験」としての「~したことがある」、
特に「I have been to Australia.」みたいな表現しか
実際の会話では使ったことないような気がします。

使いどころがいまひとつ分からないし、結局はいつも過去形にしちゃいます。

それに過去分詞の動詞は不規則に変化するものも多いから
ターンの多い会話の中でぱっと出てこないんですよね。

 

 

 

今回授業で、現在完了形について勉強したんですが、
先生は、この使い方について、2つのルールだけ挙げて教えてくれました。

 

①過去から現在につながる行動
②特定の時間を示さない行動

 

②がすごく分かりやすいんじゃないかと思います。
つまり、現在完了形は、過去の話をしたい時、「いつ」したかを言わなくてもいいということ。

現在完了形で言うべきか過去形で言うべきか迷ったら、これが答えになるんじゃないかと思います。

 

「I studied English.」で終わる英語は気持ち悪く、
「ん?いつ(When)?」と聞きたくなります。

「I studied English yesterday.」 でなんとなく落ち着く文になるんだとか。

 

いつしたかは問題じゃない、英語を勉強した行動について話したいんだという時は
「I have studied English.」と言えばすっきり。
(勉強してたんだよ、的な)

 

先生いわく、
オージーはとってもレイジーだから、時間言わなくていい現在完了形をよく使うんだよー
とのことです。

 

 

現在完了形の使い方については他にもあるけど、
過去形との使い方の違いは、この説明でかなり納得できました。

 

 

ちなみに。

①I have studied English this week.
②I was studying English at 3pm.
③I have been studying English for 5 hours.

 

この違いは分かりますかね。

①は今週にわたって何度か勉強してる文。

③は「How long」に着目し、かつ「完了」している文。

②と③の違いは、例えば「何時間勉強したの?」という質問に
「I was studying English for 5 hours.」と答えるのはとっても不自然だという点ですね。
「I studied English for 5 hours.」もしかり。正解は③。

 

 

 

とにかく、現在完了形という時制は日本語にはないので
この概念を理解するのがすごく難しいです。

英語は時制になぜかとてもシリアスなので、
時制を上手にコントロールしながら話すことができるようになれば
より「英語が上手」だと思えるようになると思います。

 

話すのも難しいけど、正直、
え、いつ現在完了形使った?って思うくらい全然会話の中で聞き取れないんですけど、
え、本当にネイティブスピーカーは現在完了形よく使うんですか?笑

 

 

 

 

◆フォーマル英語

 

あと授業では文法以外にも、様々なトピックを勉強します。

 

例えば今は、フォーマルな文章の書き方について。
ビジネスの場面や目上の人に対して送るE-mailや手紙の書き方を教わっています。

文章の書き方もそうだけど、主に単語の使い分けですかね。

 

たとえば、

「tell」の代わりに「inform」を
「ask」の代わりに「request」
「need」の代わりに「require」

みたいな感じで、かしこまった単語を使うだけで一気にフォーマル感が出るとのこと。

 

 

 

 

◆スラング(というかTextメッセージ)

 

あと、結構前になるけど、スラングについても勉強しました。

勉強したというか、アクティビティみたいな感じだけど。

 

「Hay m8. Wat u doin 2nite b4 ur prty? c u l8r」

 

意味分かります?一応英語ですよ。笑

 

「Hello mate. What are you doing tonight before your party? See you later.」

の略らしい。

若者の中で流行ってる、テキストメッセージです。

私はあまり使いませんが、使ってる人は多いです。

 

私が使うことがあるとしたら、「ASAP」とか「BTW」ぐらいかな・・・

ASAP=As soon as possible(できるだけ早く)
BTW=By the way(ところで)

ASAPはメッセージ上だけでなく実際の会話でも使ったりします。
「アサップ」って言いますよ。

 

 

 

 

◆オージー英語(豪製英語、的な)

 

あと、最初の方でやって面白かったのが、独特なオージー英語についてやった時。

 

オーストラリア英語は、訛りが強いことで有名ですが、
訛り以前に、ここでしか通じない英語がたくさんあるんですよ。

 

たとえば。

Brekkie(ブレッキー)=Breakfast(朝食)
Sanga(サンガ)=Sandwitch(サンドイッチ)
Arvo(アーヴォ)=Afternoon(午後)
Grog(グロッグ)=Beer, Alcohol(ビール、アルコール類)
Exy(エクシー)=Expensive(高い)
Bludger(ブラッジャー)=A lazy person(だらしない人?)

 

などなどなど。

アメリカやイギリスでは通じない「英語」です。オージー英語。

 

 

そういえば、今の先生はメルボルン出身なんですが、
よく冗談でクイーンズランドのオージーをバカにします。笑

 

クイーンズランダー(クイーンズランド州のオージーのこと)は
オーストラリアの中でもかなりレイジーな方らしく、よく
「OK OK、だってクイーンズランドだもん!」っていうのが口癖です。笑

 

 

よく「オージータイム」って私なんかはよく言いますが、
とにかく時間を守らないというか、約束の時間?なにそれおいしいの?くらいの感覚のことですけど、
オーストラリア人はみんなそんな感覚の持ち主なのかなーと思ってたんですが
もしかしたらクイーンズランド(特にゴールドコースト)がそうなのかも。

 

ちょっと10分くらい席はずねーと言い30分戻ってこなかったり
(ちゃっかりコーヒー飲んで普通にくつろいでるパターン)
「Just 5 minutes」と言われ30分待たされ「あれ、なんだっけ?」と言われたり
そんなホラー話があったりなかったり、するらしいでございます。

 

まー気候がそうさせるんだろうなー
というのは大いに同意できますけど。(/・ω・)/Yes agree.

 

 

 

ちょっと話反れましたが、

というような感じで、学校での勉強も大いに楽しんでいます。

 

ゴールドコースト生活も大いにね(*´▽`*)

 

 

寒さがひと段落して暖かい毎日が続いています。

 

はやく、はやく夏が来てほしいな。

 

ちなみに、今まだ一応、冬。笑

 

 

 

今回は、そんな感じで英語のお話でした。

また日常のこととか、あとはいろんな情報のこと書けたら書いていきますねー。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ

↑ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪



ジーナリン
About ジーナリン 430 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す