初心者(私)のためのサーフィン講座。やるなら今でしょ。

 

冷え込んだり、暑くなったり、なかなか服選びに苦労する気候が続いてます。

1週間くらい前からまた暖かくなりだしたので
重い腰を上げて、とうとうやる気になってみました、サーフィン。

 

サーフィンするには恵まれた環境にいるので、やらない理由がありません。

 

ゴールドコーストに来てずっとやってみたいなーと思ってたサーフィン。

あれから約10ヶ月。

やっと、「サーフィンやってます」と言えるような状況になりました。

ので、満を持してレポートさせていただき候。

 

 

今までには、日本の静岡でスクールに参加して1回、
その後、ゴールドコーストに来て今年の2月にスクールレッスンに通って1回、
そしてこの1週間で4回サーフィンしたので、
合計で6回サーフィンをしたことになります。

 

たかだか6回ですが、この1週間の怒涛の攻め。笑

 

あのね、分かると思うんですがね、最初の一歩ね。

何事も最初の一歩が、なかなかにやっかいなのですよね。

 

 

◆やりたくてもなかなか始められないサフィン

 

まず、サーフィンには環境が必要ですね。

海があって波がないとできません。

次に、道具が必要ですね。

サーフボード。これがなければ始まりません。

 

1に海、2にボード、3・4がなくて、5に勇気。

あとは6に知識ですかね。

 

要は何が言いたいかとを言いますと、
どうやってサーフィン始めたらいいのかと悩むそこの紳士淑女の為に
私の経験談を語ってしんぜよう、の回ってことです今回。

 

 

◆私がなかなかサーフィンを始められなかった理由(言い訳)

 

1つは、時間を言い訳にしました。

「やる時間がない」

はい、そんなことありませんね。

やる時間は絶対にあります。時間は作るものです。

 

2つめは、サーフボードを持っていなかったこと。

前に住んでいたオージーオーナーはサーファーだったので
家には何本かボードがありました。

使ってもいいよーとも言われました。

ただその人の体格に合ったボードばかりだったので
素人目から見てもいや、これ乗れんの?という代物でした。
(先がめちゃ尖ってるやつよ。ハードル高い)

 

中古ボードを購入しようかとも思いましたが
ネットで見ててもいまいちよく分からないし
サーフショップに行こうにも、英語会話で店員さんといま一つ通じ合えない。

し、何より車なくて持ち運びに悩みました。

あれよこれよと時間ばかりが経ち
「引っ越し」がちらほら見え始めていたので
今はボード買うべきじゃないなと思い始め、今に至ります。

 

家から海は徒歩2,3分の距離だったので
第1条件の海はクリアしていたのですが
第2条件のボードがクリアできず、始められずにいました。

 

※今思うと、サーフボードをレンタルするという手があったことに気付きました。
その選択肢、ずっと頭になかったんだけどなぜ。笑

 

気付けば年が明け、2月になり、私のワーホリが終わろうとしていました。

「サーフィンやりたい」ってずっと言ってきたのに
やらずに終わるのは私のポリシーに反します。口だけ女。うわやだ。そんな心境。

 

というわけで、サーフスクールのレッスンに参加することにしました。

もう何年も前に基礎中の基礎を教えられたことがあったので
感覚を思い出しながら、という感じ。

ボードの上に立つことが難しいサーフィンですが
そこはなんなくクリア。

(自分で言うのもなんですけど感がいいんですよ私)

 

初めてのゴールドコーストの波。

波の上をすべるこの快感。

やっぱり、サーフィン、めちゃ楽しいではないか。

 

 

◆まずは、レッスンを受けよう!

 

サーフィンを始めたいけど、どうしたらいいか分からないそこのあなた。

まずはサーフスクールなどのレッスンを受けることをおススメします。

スクールレッスンのメリットの1つは、道具一式を借りられることです。

サーフィンのやり方を教えてもらうだけなら
たとえばサーファーの知人に教えてもらうという手もありますが
ボードやらを自分の手で揃える必要があるし、
その知人の予定と合わせなきゃいけないとかで
なんだかんだ始める時期がどんどん先延ばしになります(経験談)。

やりたい時に始められるのもスクールのメリットですね。

 

あと、きちんとした指導を受けられるので
その後、自力で練習した時に、ちゃんと要領を得て練習できます。

やっぱりコツとか、やり方があるので
それすら分からずにがむしゃらに練習してても上達度が違います。

時間がもったいないですよ。

 

それからもうひとつ。

未経験者が最初に乗るボードは、ソフトボードがいいとされています。

※ボードの話はこの後書いてます。

ソフトボードは初心者のためのボードなので
まず、これを買おうと思ってる人はいません。つまり、誰も持ってません。

でもスクールにはもちろんあるので、
レッスンに参加すれば、このボードで練習できます。

 

というわけで以上の理由から、
まずは、まずは!スクールレッスンに参加してみましょう!

ゴールドコーストにはレッスンを受けられる所がたくさんあります。

日本人がやってるスクールもあります(日本語対応)。

ネットで調べたらすぐ出てくるのでググりましょう!

 

 

スクールレッスンへの参加回数は、人それぞれです。

1回だけ参加して基礎を教えてもらった後、あとは自分でひたすら練習する人もいるし
自力で波に乗れるようになるまで何度か通う人もいます。

 

初心者用のソフトボードはレンタルすることができるので
レッスンに通わず、自力で練習することもできますが、
ゴールドコーストの海はなかなか波が高く、ひきが強いので
海に慣れてない人が一人で海に入るのは危険です。

比較的遠浅に海が広がっていて
足がつく所でも十分サーフィンを楽しめますが
ポイントによって波が荒れてたりと、全然練習にならないこともあるので
海を見て、波が良い悪いをなんとなーくでも分かるようになってから
一人で練習した方がいいと思いますよ。

 

 

◆サーフボードを選ぶ

 

次にサーフボードの話。

以前、自分のボードを購入しようと考えていた時
長さとか浮力とか、ショート?ロング?ファン?もうなんのこっちゃってなったので
そのお気持ち、お察しします(*´ω`*)

 

基本的なことを言えば、
サーフボードは、縦に長く、横幅がある方がバランスがとりやすいので
初心者には大きめのボードが良いと言われています。

 

長さを基準に、サーフボードは3種類に分けられています。

ショートボード、ファンボード、ロングボードの3つです。

 

ちなみに、ソフトボードは別格なのでこれには含まれません。

ソフトボードはロングボード並みに長く、
スポンジでできていて厚みがあるので、浮く力が強く
バランスが取りやすく、立ちやすいので初心者の練習用のボードとなります。
(短めのソフトボードもあります)

大体感覚を掴んできたら、ソフトボードを卒業して
ハードボード(普通のサーフボード)に移っていきます。

(そういえば、ずっとソフトボード使い続けてる人っているのかな。別にダメじゃないよね?たぶん物足りなくなる、とかそんなことだと思うけど)

 

普通のハードボード以外のボードは、
ソフトボードの他に、ボディーボード、最近はやりのSUP(サップ/Stand Up Paddle)などがあります。

ボディーボードは、基本立たずにうつ伏せのまま波乗りを楽しむもの。

SUPは、ボードに立った状態でパドルを漕いで波の上を楽しむもの。最近流行ってるらしいね。

 

 

◆サーフボードの長さはフィートとインチ

サーフボードの長さを表す単位はフィート(ft)とインチ(inch)が使われています。

私たちは普段使っていないのでかなり取っつきにくいですよね。

cmに換算すると
1ft=12inch=30.48㎝
1inch=2.54cm

 

一般的に、ショートボードは5ft~6ft4inch(6’4ftと記載されます)
ファンボードは6’6ft~8ftくらい、ロングボードは9ft以上のことをさします。

ショートボード:5ft~6’4ft(約152㎝~193㎝)
ファンボード:6’6ft~8ft(約195㎝~250㎝)
ロングボード:9ft~(約270㎝~)

ちなみにソフトボードは8ft(約250㎝)くらいのものが一般的です。

 

2m近くてもショートボードなんだぁーって感じですね。
意外と大きいんですよ、サーフボードって。

 

 

◆自分に合ったサーフボードは?

サーフボードを選ぶ時、どの長さがいいのか迷うと思います。

私は最初、「自分の身長に合ったもの」と思っていたので、
それで選ぶとしたら、ショートボードしか選択肢にないやんと思ったものです。

個人的に思うんですけど(始めたてほやほや意見)
ボード選びに身長は関係ないと思います。

それよりも基準になるのは、スキルです。

ボードは短ければ短いほど乗るのが難しいです。
(ボードの幅もあるけどこの際置いといて)

でも、じゃあ一番短いのに乗ってるからめちゃうまいかというとまたそれは別問題なんですけどね。

人によってボードを何本も持ってる人もいます。

長さが違うボードを持ってる人もいれば、長さは一緒で幅が違うとか、
まぁ色々です。

波によって使い分けてもいるみたいです。

波が大きいときは小回りが利くやつ、
波が穏やかめな時は少し大きめのやつ、といった風に。

 

 

◆私の場合。

 

私は、スクールレッスンの時はソフトボードを使いました。

3回目は、初めてのハードボードで7’2を使いました。
(7’2ftはセブンツーって言い方をしますよ)

長めのファンボードタイプですね(7’2ft=約218㎝)。

私は感がいい方なので(おい笑)わりかしすんなりと立てました。
ソフトボードと大体同じ要領でしたね。
でもやっぱりバランスは取りにくいです。

 

4回目は、短めにして6’6(シックスシックスって言いますよ)を使ってみました。
(6’6ft=約198㎝)

この日は、海のコンディションがあまり良くなくて
かなり強風だったため早々に切り上げてしまったので
ボードの乗り心地はいまいちよく分かりません。

風や波のせいなのか、あるいは短いボードだったからか
とにかく全然乗れませんでした(かろうじて1度は立てた)。

 

5回目は、再びソフトボードに乗りました。

安定感抜群。ソフトボードめちゃ楽しい(笑)

しかしデカい。重い。かさばる

 

6回目は、ハードボードに戻り、今度はまた短くして6’4(約193㎝)。

ソフトボードとの対比がえぐい。全然難しかったです。

ボードの上に乗る(立つ)ことはできるんですが(感がいいんで←)
波に乗り遅れるんですよね。

ソフトボードの時は、すーっとボードを押せば
波の流れと一緒になれて、すーっと乗ることができたんですが
このボードでは全然いきおいがでませんでした。

(まだ足がつく所で乗ってます)

いよいよもって、パドリングがんばらなきゃいけない感じみたいですどうやら。

 

やっぱりサーフィンは難しいですけど、めちゃめちゃ楽しいです。

 

ちなみにボードをどんどん短くしている理由は、
別に急いで上級者を目指しているとかってわけではなく、
重たいボードを運びたくないから、の一理につきます。

ボードね、けっこう重いんですよ。

海に入るまでの距離の持ち運びがつらいんです。

2m以上の板、嫌でしょ持ち運ぶの。こんな150㎝のちびがですよしかも。つらいわ。

 

本当は長めの、安定したボードで
すいすいと波に乗る快感を味わいたいんですよ私とて。

でも長ければ長いほど、ボードは扱いにくいです。陸上で。

 

なので、今後の目標としては
5’11から6’4くらいのボードに落ち着いて練習したいなーと思ってます。
(5’11~6’4=約180㎝~193㎝)

 

短い方が持ち運び楽ですが、その分難しいので
たくさん練習しないとって感じです。

持ち運びでボード選んじゃダメだよ!と言われそうですが(笑)
でもたとえば6’6も6’4も大体一緒だし(私的には)
だったら持ち運びしやすいの選びますがなそりゃ。ね?

 

 

あとちなみに、自分のボードを買おうかと健闘してる方々、
サーフボードに乗るためにはセットが必要でありまして

ボード本体+デッキパッド+リーシュ+フィン+ワックス

この一式が必要であります。

 

まぁ、この辺は私が念願かなって
やっとマイボードを手に入れた時にでも詳しく話してしんぜましょう。

 

金、かかりますね。
今金欠なので、それがマイボードを買えない一番の理由です。

 

 

 

◆ハマってます、サーフィン。あと将棋(笑)

 

そんな感じで、毎日充実してます。

一度寒くなってまた暖かくなったのでここぞとばかりにやり始めたサーフィン。

最近また冷え込んで、さすがに水着だけで海に入るのはきつくなりました。

フル(全身)ウェットスーツを買って地道に練習に励みたいと思います。

サーファーいわく、冬の方が波がいいらしいです。
波が落ち着いているので特に初心者は、冬の間にたくさん海に入った方がいいって。

 

朝起きたら、窓から遠くに見える海の様子を見るのが日課になっています。

波の状態は全然分からないけど、
なんとなく最近分かってきたのは、風がないとコンディションがいいということ。

早朝に波乗りする人が多いのですが、
それというのも日の出の時間帯は風が吹かないからなんだそうです。

風が吹かないと、波が綺麗にウェーブするって。

 

朝、海を眺めて、コーヒーを飲みながら、詰め将棋をするのが朝の日課です。

ダウンロードしてるアプリは、詰め将棋の問題が毎日新しく更新されるから
それをとくことから私の朝が始まります。

詰め将棋はパズルみたいなもので、
調子がいい時はするするーっととけるんだけど
調子が悪い時は難易度が低い問題でも全然手が思いつかず苦戦してます。

とけた時は、アハ体験に似てるかも。

 

話反れましたけど、そんな感じで私の毎日が過ぎていきます。

5月も半ば。

ゴールドコースト第2章も始まって既に1ヶ月半。

早いですな。ほんとに。

 

とにかく、後悔なく、やりたいことを満喫していきたいですね。

今日も明日も、そんなふうに。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
↑ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。



ジーナリン
About ジーナリン 418 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す