学生ビザ申請までの流れと、学生ビザについて。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

なかなか家が決まらず、
そしてやることもなく完全脱力系ジーナリンです、どーも。

 

そういえば4月に入りましたね。

思ったんですが、
エイプリルフールって、
嘘ついていい日って、なんかちょっと意味わかんない文化ですよね。笑

 

 

それはさておき今回は、

学生ビザについてのお話、前回の続きです。

ワーホリビザから学生ビザに切り替えたんですけど、詳しく説明します。

 

 

■学生ビザでできること

簡単に言うと、以下の感じ。

 

・学校に通う期間だけ滞在できる

学校に1年間通うなら、
1年間+認められてるホリデー期間を含めての間だし、
4年学校に通うなら、その期間です。

当たり前のことですね。

 

ちなみに、途中で別のコースを追加で取りたくなった場合は
改めてビザの申請をする必要があります。
当然ですが、ビザ代も都度払わなければなりません。

しかも2度目からは、ビザ代560ドル+700ドル。高い。

 

 

・労働は2週間で40時間まで

「週20時間まで」って広く知れ渡っているみたいですが、
正確に言うと「2週間で40時間まで」です。

ちなみに、ホリデー期間中はこの制限がなくなります。

私の場合、コース最後の授業がある週から次のコースが始まる週まで
約2ヶ月間のホリデー期間がありますが、
その間は働き放題、というわけです。

 

 

大まかに言うと、
学生ビザの特徴はこのくらいだと思います。

 

簡単にいうと、
「学費がかかる割にはたくさん働けない」ので
滞在中はお金の面で苦労しそうだなー
というのが今のぼんやりとした印象。

(ホリデー中にめちゃ働くしかない)

また、学校に毎週通わなければならないので
都市移動ができないということも、ワーホリとは大きく違うところです。

(ホリデー中に旅行に行くくらい)

 

また、労働についてですが、
一応法律では「2週間で40時間まで」となっていますが
これは法律に則っている会社での制限になります。

オーストラリアで横行しているキャッシュジョブでは関係がないので、
そのこともあってキャッシュジョブに就く学生が多いというのも現状です。

(ぶっちゃけ週20時間だけの稼ぎではやっていけんのよ)

 

 

■無料エージェントでビザ申請を、ぜひ!

学生ビザの申請をしようとした時、
実は最初は自分でやろうと思っていました。

学校もネットで色々みてたりしたのですが
コースについて決めかねていたので
その相談がしたくてエージェントを探していたんですね。

 

結論からいうと、
是非ぜひ無料エージェントを利用しましょう!!

声を大にして言います。

是非!無料エージェントで!!

 

私がお世話になっているエージェントがかなりおススメなので、
途中で力強く推薦しますね!笑

 

 

当初、自力で申請しようと思ったのは
ワーホリビザも自力で申請して簡単にできたし
無料エージェントを介すことで学費が高くなると思っていたからです。
(紹介料もらってんだろどうせ、的な。まーもらってるでしょうけど)

学費については、結局高くついたのかどうか分かりませんが
私がみた感じでは、そんな変わらないように思います。

ていうか、無料エージェントを使ってメリットはたくさんあるけど
デメリットになったことは何ひとつありません。

むしろ、こんなに至れり尽くせりで、
はたして、なぜに、無料なんだ!?
と疑いたくなるくらい、すごく役に立ってくれます。

 

※私は別にアンバサダーではありません。
※紹介手数料頂いたりとかも、ありません。笑

 

下で、ビザ申請に必要なことをまとめていますが、
支払った費用は以上です。
エージェントに対して支払っているものはありません。
(表面上は)←疑り深い。笑

 

 

■学生ビザ申請までの流れ

ビザ申請については、
もっと詳しく丁寧に説明されてるサイトがあるので
ぜひそちらを参考にしていただいて
ここでは、私が実際にどうやってビザ発行までに至ったかの流れを説明します。

 

◆無料エージェントに相談

ゴールドコースト内にはいくつかの無料エージェントがあります。

ネットで見つけたエージェントをいくつか回る予定でしたが
最初に訪問した所の対応がすごく良かったので
そのままここでお世話になろうと決めました。

他の人も「そこが一番いいよねー」と言ってましたよ。

 

♥おすすめ無料エージェント♥

www.seaeducation.com.au
Sea education(シー・エデュケーション)
Shop 20a RSL Centre, 9 Beach Road, Surfers Paradise, QLD 4217
TEL: 07-5504-6012 FAX: 07-5504-6013
E-mail: goldcoast@seaeducation.com.au
Website: www.seaeducation.com.au
Facebook: www.facebook.com/seaeducationjp
Twitter: @seaeducationjp
Blog: ameblo.jp/sea-goldcoast

 

ゴールドコーストでの無料エージェントはこちらで♥
(G-ClefやMelbusのすぐ近くです)

 

 

◆学校選びとコース選び

何を学びたいかとか、条件などを相談すると
数ある学校からいくつかピックアップしてくれます。

私は「滞在目的」「格安」が最初の条件でした。

最初は漠然とビジネスコースを取るつもりでしたが
紹介された学校にメディアコースがあるのを見つけて
大いに興味を惹かれ、結果メディアコースのあるその学校に決定しました。

 

◆自分の英語力を知る

学校が絞れたので、
実際にどのようにコースを組むかが問題だったのですが、
その前に自分がどれくらいの英語力があるのか知る必要がありました。

私は最初、英語コースを取るかどうか迷っていたので
じゃー、専門コースに入る英語力があるのか?という流れです。

決めてた学校には、事前に英語力を見る判断テストがあったので
自宅でオンラインでそれを受けました。

テストの結果は、「英語Certificate4に入れます」というものでした。

 

◆コースと期間の決定

改めてどのコースを取るか、どのように組むか話し合いました。

私は本当は1年間だけのつもりでいたのですが、
「学生ビザの再申請にはお金がかなりかかるから、最初に長めに取っておく人が多いですよ」と言われ
たしかに、と思ったので、気付けばコースを4つ、計2年の滞在を決定していました。笑

私の選んだコースは
英語Certificate3と4、メディアCertificate2と3の4つです。

(前回の記事に詳しく書いてます)

 

◆学校への入学手続き

コースが決定したら、学校の入学手続きです。

学費がキャンペーン中で安くなっていたのですが、
その申し込み期限が1月末までだったので、
それに間に合うように手続きを完了させる必要がありました。

申し込みは、パソコンを見ながら担当者と一緒に入力していきます。

翌日くらいに入学書類がメールで届き、
入学金と学費のデポジット合わせて1,000ドルを頭金として支払いました。

ちなみに、支払い方法は学校によって変わります。

私の学校は、頭金1000ドルを支払い、
残りの学費は毎月の分割払いが可能でしたが
学校によっては一括払いのみしか受け付けてない所や
分割回数に応じて料金が変わるなど、学校によって違います。

そして数日後に、学校から入学許可書(CEO)が発行されます。

 

◆学生ビザ申請書の作成

申請はオンラインでするのですが、
記入項目がたくさんあるので事前に紙で記入を済ませておきます。

項目は学歴とか職歴、海外渡航歴、
家族の情報や所持金、健康状態などの質問です。

(何気に一番大変だったのが「渡航歴」。過去10年分の出国日と帰国日を書き出さなきゃいけないのが大変でした。このブログめちゃ役に立ちましたわ笑。そして私意外とここ数年コンスタントに年1で海外出てることに気付いた)

 

そして最後に「GTEステートメント」とよばれる、いわゆる「作文」の欄があります。

担当者いわく、この「作文」が最も大事なんだそうです。
この作文で、ビザの許可が下りなかったり
追加の書類を求められたりする場合があるのだそうです。

この作文では、
学生ビザの取得は勉強であり滞在目的ではないこと
コース終了後は帰国の意思があることなどを明確に表明しなければなりません。

私は添削もしてもらいながら日本語で作成し、
あとはエージェントの方で英文翻訳してもらいました。

(私の中ではこれが最大のメリットかも)

 

◆留学生健康保険の加入

学生ビザでは、留学生健康保険(OSHC)に加入することが義務付けられています。

いくつかある保険会社を比較しつつ選んでいきます。
(担当者が調べてくれた)

私は申込日2018年3月27日~2020年8月26日までの期間で
約1,182ドルの保険料を支払いました(一括払いのみ)。

支払いが完了すると、
すぐに領収書と保険番号が書かれた書類がメールで届きます。

 

◆学生ビザの申請

申請に必要なものが全て揃ったので、いよいよ申請に進みます。

(日本から戻った3月27日に申請)

オンライン上でやっていくのですが
記入は担当者がほとんど終わらせてくれていたので
あとは私と一緒に最終確認をしていきました。

最後に学生ビザ代560ドルと、カード払いの手数料を含めて、
合計565.49ドルを一括で支払い、申請作業は以上となります。

 

 

そして、既に報告してる通り
翌日にはビザがおり、学生ビザが無事に発行された次第です。

 

 

■学生ビザを取るにいくらかかったか

約2年半のビザを取得するのに
実際にかかる費用がいくらになったのかまとめておきます。

 

・学生ビザ:$560(手数料込で$565.49)
・留学生健康保険(OSHC):$1181.59
・学費:$9,550
  入学金:$350
  英語Certificate3:$2000
  英語Certificate4:$2400
  メディアCertificate2:$2400
  メディアCertificate3:$2400

合計:$11,297.08
($1=82円計算で約93万円です)

 

実際には、学費は1000ドルしかまだ支払っておらず
残りの約8500ドルは2020年5月までに
毎月500ドルずつくらい支払っていくことになります。

ちなみに、途中でコースを切り上げて途中帰国する場合
受講しないコース分の学費は払う必要がありません。(ルール有り)

 

今日に至るまで、実際に支払った金額は2700ドルちょい。

2020年8月まで滞在したいがために
支払うことになるお金、約93万円。

 

(これに生活費も加わるけど、それはどこにいてもかかるので無視)

 

安いと考えるか高いと考えるかは、人それぞれですね。

 

私は、安いとは思いません。

でも高いとも思いません。

ゴールドコーストにいられるなら、
そのくらいのお金を払ってもいいかなーと、
思っちゃったんですよねー。

 

ねー。

 

その、支払ってもいいと、思ってしまった時の気持ち
何とかして取り戻したい、
と実は思っているここ数日間。笑

 

めちゃホームシック。日本恋しい。笑

てか、戻ってからまだビーチ行ってない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
↑ブログランキングに参加しています。
良かったら応援クリックおねがいします。

ジーナリン
About ジーナリン 418 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す