ヌーサ へ、リュック1つとカメラ片手にひとり旅。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

昼間は相変わらず青空がまぶしく
夕方には夕立がよく降るゴールドコーストからこんにちは、ジーナリンです。

 

早くも4月も3分の1。

確実に風が冷たくなって
秋かな、と思わせるにおいがしています。

 

近況報告も書きたいのですが
その前に、新鮮味がだんだんなくなっちゃうので
ワーホリ時代の蔵入りネタから先にお届けいたします。

 

ゴールドコーストの北に位置する
サンシャインコーストはヌーサへ行ってきた時のお話です。

(もうあれこれ3ヶ月近く前の話、てへ)

 

 

 

■サンシャインコースト・ヌーサへの行き方

ゴールドコーストからサンシャインコーストへ行く方法は3つ。
・車
・高速バス
・電車+バス

 

上の地図で分かる通り、ヌーサはサンシャインコーストの北のはずれにあるので
サンシャインコーストの中心へ行くよりも更に時間がかかります。

車で行く場合は3時間くらい。

高速バスはブリスベンから出ていますが
ヌーサ行きは本数が少ないので要注意です。
ブリスベンへはバスか電車で行けますが、電車が安いのでおすすめ。

 

そして3つ目の方法、電車とバスの乗り継ぎです。
今回、私はこの方法で行きました。

最も所要時間が少ない行き方は

Broadbeach
トラム(約40分)
Helensvale
電車(約1時間15分)
Brisbane(Bowen Hills)
電車(約1時間50分)
Nambour
↓路線バス(約1時間10分)
Noosa Heads

トータル約5時間の長旅です。
スムーズに行ければの5時間。

goカード(suicaとかpasmoみたいなやつ)を利用すると
片道約20ドルで行けます。

 

 

■久しぶりのひとり旅

1泊2日のこの小旅行を「ひとり旅」なんて形容するのは
なんだか少しおこがましいような気もいたしますが
とにかく、私にとっては久方ぶりの遠出でした。

リュックサック1つとカメラだけを携えて。

 

そういえば、どれだけ荷物少なく旅できるか、
世界一周してた時はそんな挑戦の連続でもあったなぁ。

なにせ身体が小さいので、大きなバックパックは背負えなかったんですよ。

リュック1つだけで旅に出る、
それが私の1つの理想で、1つの目標でしたね。

 

久しぶりに味わう、新しい場所へ行くことの、このわくわく感。

ゴールドコーストに来てから
「車があればなぁー(色んな所へ行けるのに)」
とぼやいてばかりいたような気がします。

何時間もバスに揺られて移動したこととか
ネットの繋がらない場所で、言葉の通じない人たちに身振り手振りで道を尋ねたこととか
宿探しに失敗してあやうく野宿になりそうだったこととか

なんか、そういう”冒険心”みたいなのを忘れていた気がします。

 

最短距離で、スマートに、移動する。

もう若くないし、もう面倒なのは嫌だし、もう楽に行きたいよ、って

 

なにをいってんだわたしゃー

 

冒険、というには大げさだけど
いつも「車がない」とか「時間がない」とか言い訳して
「行きたい」と「でも」がセットになって
本当は「面倒だから」という理由を都合よく隠していただけな気がします。

 

そんな自分に少しがっかりして
でも少しはその気持ちも手に取るように分かるから
(物事はモチベーションじゃなくて優先順位の問題でもある)
「気持ちの老い」ってなるほどこういうことか、ってなんだか変に納得、しちゃったり。

 

あの時とはスタイルも違うし
別にあの頃のように放浪したいわけではないけど
あの時に持ち続けていた気持ちだったり、モチベーションは失くしたくないのです。

それはもしかしたら、私の宝物じゃないのかな、と思うのです。

 

 

というようなことをまぁ
電車とバスに揺られながら考えていた訳なんですよ。

そういうばこんな風に考えたりするのも久しぶりだなーとか、
時間がなんだかゆっくり流れていて、
忘れていた気持ちがふつふつと蘇ってくるのを感じていたりしたんですよ。

 

んで、そんな感じでぼーっとしてたら
いつの間にか降りなきゃいけない駅を通り過ぎてしまいまして
ここはどこなんだ、とか
ヌーサまでどうやって行けばいいんだ、とか
あーあやっちゃった、とか
そんなことを思いながら、なんだこれ楽しいじゃん、とか
とりあえず戻る電車を待ちながら、
ホームを吹き抜ける風があまりにも涼しくて
思わずふふっと笑みがこぼれた、真っ青な空が広がったそんな日。

 

 

■茶色い海

結局、予定よりも1時間半か2時間くらい遅れてヌーサに到着しました。

ゴールドコーストから来る電車は空港行きになるので、
途中で乗り換えなきゃいけなかったんですよー。

ちなみに
最短距離は内陸の道(高速道路M1)を進む方法でしたが、
私は海岸沿いのサンシャインコーストの街を通り抜ける道を進みました。

プラス2つの乗り換えをして、時間も余計にかかりますが
他の街にも降り立ちたいならこっちのルートもおススメです。

 

予約してた宿の近くのバス停で降り、チェックイン。
※下でバッパー紹介します。

 

時間はまだ16時前だったので、さっそく海へ。
宿は海から少し離れた所にあって、歩いて20分くらい。

 

想像していたよりも、賑わってました。

ゴールドコーストの長い海岸線に慣れていたので
正直、ん?って思ったのが本音。

しかも。

海をよくよく見てみると、なんだか、ちゃ、茶色い。

あれー、ヌーサは海が綺麗という前評判、じゃなかったっけ??

 

この日は30℃越えの猛暑日で
しかもさっきまで雨が降っていたらしく、海はきれいとは言いがたく。

砂はゴールドコーストに比べて白くもなく
なにより、海が茶色ってなに。なによ。なんなの。

 

ふーん、って思いながら、足元だけばしゃばしゃ海水を楽しんで
いつものごとく海をぼーっと眺めます。

 

しばらくしてから軽く街の散策もして
宿に戻って、この日はゆっくりと休みました。

 

ちなみに、茶色い海の正体は、大量の藻でしたよ。

 

 

 

■ヌーサで泊まった宿

泊まったバッパーは
「NOMADS Noosa(ノマッズ・ヌーサ)」という宿。

(安宿のことを私はずっとホステルと言ってますが
オーストラリアではバックパッカー、略してバッパーって呼ぶのが普通らしい)

NOMADSはあちこちに店舗があるチェーン店的なバッパーです。

 

受付
部屋までの道。
プール

この写真は朝に撮り、まだ使用時間ではなかったので誰もいませんが
到着した時は、たくさんの人で混み合ってました。

テーブルスペース

木陰がとにかく爽やかで、ここ好きだったなー。

キッチン
ダイニングスペース
2階部分にあるテーブルスペース
リビング的な①
リビング的な②
お部屋がある棟
女性用10人ドミトリー

10人ドミに泊まりました。
料金は1泊39ドル。朝食なし。高いです。

ギリギリに取ったからこの料金なのかもしれないですが
ドミトリーで39ドルなんて、ちょっとありえないです(;´∀`)高すぎます。

ヌーサという土地柄もあるかもしれませんが
やっぱりオーストラリアは物価高いですね。

私がバックパッカーの貧乏旅だったらさっさとオーストラリア脱出してるかも。笑

 

写真ではほとんど人が写ってませんが、それは早朝に撮影したから。

泊まった日の夜は、ホットドッグ3ドルとかなんだかのキャンペーンをやっていて
すごい行列ができてました。こんなに泊ってる!?ってくらいの人数。

 

久しぶりのホステル(バッパー)に泊まりましたが、ちょっとなんか新鮮で。

アジア人をほとんど見かけなくて欧米人ばかりで気圧されましたけど。

しかも同じ部屋に泊まってた5人組女子の恋バナがなまじリアルで。笑
外国人女性が強気って、なるほどこういうことか、って。
そりゃー草食男子なんて生き残れないわな、ていう感じです。うん。性的なやつね。うん。

 

 

1日目はそんな感じ。

海がアレだったんで、
ちょっとテンションは上がらなかったんですが
2日目はコンディション良かったんでパシャパシャ写真撮りまくりました。

 

てなわけでヌーサ編、つづきます。

お楽しみに。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
↑ブログランキングに参加しています。
良かったら応援クリックおねがいします。



ジーナリン
About ジーナリン 418 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す