さよならの夜と、ついでに私の住む街の夜を。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

天気が回復し昨日はド晴天でした。

今まで枯れ気味だった芝生が新しく生え始め
久しぶりの晴天もあってなんだか世界がとっても爽やかでしたよ。

そんな春のゴールドコーストからこんにちは、いつものジーナリンです。

 

 

一度ちらっと書きましたが、
今まで同じ家に住んでいたシェアメイトのまなかちゃんが
セカンドビザ取得のためにファームへと旅立ってしまいました。

(もう1年AUSに滞在できるビザ。ファーム等で88日間労働すれば取得可能)

 

そんなまなかちゃんが家を出た日の前の夜のお話。

 

 

■高いだけのお店へ

 

その日は、珍しく天気が崩れていて、
ニュースでは、これからブリスベンに台風が直撃するらしいと大騒ぎをしていました。

 

オーナーに借りたパラソルほども大きい傘を借りて、
まなかちゃんと二人夜の街へと出かけます。

 

私たちはブロードビーチに住んでいて
徒歩圏内にちょっとした繁華街があり、たくさんのお店が並んでいます。

 

その中の一つ、「Sage Cafe Restaurant & Pizzaria(セージ)」というお店を選びました。

緑の看板が目印のお店です。

 

ボロネーゼと「大阪牛たたき」というメニューを注文しました。

 

ボロネーゼは、パスタが茹ですぎていてふにゃふにゃで美味しくなく、
ソースも市販の味がしました。

食べながら、「これ自分たちで作れそうだよね・・・」と苦笑い。笑

 

大阪牛たたきは、そのネーミングの欠片もなくただのシシケバブでした。
(シシケバブ、ではないですが。)

値段は詳しく覚えていませんが、
ボロネーゼが約26ドルで、牛たたき(か?)は24ドルくらいしたと思います。

たしかに、量は多めだけどさ。高いわ。

 

私は別に、クラフトビールもたのんで、
この日は祝日ということもあったので、10%のチャージ代がかかりました。
(後から知った。笑)

2人で合計80ドルぐらいかかりました。

 

ここは通るたびにいつも賑わっていて、どうやら有名店らしいのですが、
はたして何がいいんだろうか?と思いました。

立地?

ただ高いだけ。おススメできません。もう2度と来ない。笑

 

 

 

■夜のブロードビーチ

ゴールドコーストといえば、
メジャーな観光地は「サーファーズパラダイス」ですよね。

通称「サーファーズ」にはいろーんなお店があって
カフェやレストラン、ナイトクラブ、買い物や食事の選択肢がたくさんあります。

 

家からは徒歩20~30分くらいで行けるのですが、
私は実はサーファーズで一度も外食をしたことがありません。

 

夜、ご飯を食べる、お酒を飲む、となると
ブロードビーチで事足りてしまうからです。近いし。

 

そういえば治安についてですが、
ここはとても治安がいいように思います。

陽が沈んでからからも(なぜか)ランニングをしてる人を見かけるからでしょうか。

 

家の周りは街灯が明々と照らしているし
今までに、変な人に出会うようなことはありませんでした。

(街灯のない通りもある)

 

家からブロードビーチの繫華街までは歩いて10分くらい。

 

「OASIS(オアシス)」というショッピングセンターを中心に
そこまで広くはないけど、繁華街。

 

上の地図のちょっと斜めに伸びてる通り。

 

ちょっとしたイルミネーションがされてて、明るくて素敵な雰囲気なんです。

 

奥にそびえる高級ホテルたちと、手前にはオアシス・ショッピングセンター。

 

オアシスの奥にあるレストラン街。

 

こっちは、オアシスの反対側とはまた違った素敵な雰囲気です。

こっち側はSofitelというホテルの影に隠れるように位置しているからなのか
場所が分かりずらく、向こう側ほどあまり賑わっているような感じがしません。

ちなみに以前紹介したチョコレート屋の「Max Branner」もこっち側にあります。
(こちらの記事:チョコすぎるチョコ屋さん

 

そして、オアシス。

 

ひとつ上の写真の左側。
レストランがずらっと並んでます。

 

そしてオアシスの右側の端に、
私のお気に入りのレストランバー「The Loose Moose」。
もうかれこれ3回くらいここに来てますね。

 

ブロードビーチもサーファーズ程ではないにしろ
ホテルがまわりに立ち並んでいて、観光客がたくさんいます。

なので立地的に、お店はやっぱり料金高め設定がほとんどです。
オーストラリアは概して外食が高いですが、それでも。

 

 

今度はサーファーズの方も開拓していきたいなーと思います。

素敵なお店を見つけたらご報告しますね。

 

 

 

おまけ。

 

夜のビーチに降り立ってみました。

入口から海を見ると真っ暗ですが、
ビーチに行ってみると意外と明るい。

ブロードビーチの夜景。

サーファーズの夜景。

かろうじて、星がうつってるのが見えるかしら。

 

この日はそういえば満月でしたね。

 

そういえば、まなかちゃんは次の日、
雨が降りしきるなからスタンソープという場所へ出発しました。

またゴールドコーストに戻ってくるそうなので
また会える気がしているし、あまりさよならの感じがしない。
(なんなら、まなかちゃんの荷物預かってるしな)

 

そして入れ替わりで同じ日、
仕事から帰ったら既に新しいシェアメイトが出迎えてくれていました。

それはまた今度、別の記事にでもお話しますね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。

ジーナリン
About ジーナリン 418 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

6 Comments

  1. ジーナリン様

    こんにちは。ロクと申します。
    ワーホリブログ読ませていただきました。

    今メルボルンから移動しようかなと考えていて、ゴールドコーストかケアンズを考えています。
    メルボルンとゴールドコーストを比較して、よほど低いところを除けば平均すると時給は同じようなものでしょうか? タイムリーで現地にいる方の意見が聞きたいです。

    お手数ですが宜しくお願いします。

    ロク

    • ロク 様

      こんにちは、ブログ読んでいただいてありがとうございます。

      時給についてですが、ゴールドコーストもやはり違法賃金のお店は多いです。でも全体的にみると最低賃金を守っているお店も多いように思います。メルボルンとゴールドコーストではお店(求人)の数が圧倒的に違うので比較は難しいですが、メルボルンは14~16ドルの間で比較的仕事が見つけやすい、ゴールドコーストは10~13ドルの仕事はすぐ見つかるけど18ドル以上はなかなか見つからない、という感じです。これは18ドル以上の求人がなかなか出ていない(人手が足りている、人が辞めない)からだと思います。
      個人的な感想ですけど、ゴールドコーストはメルボルンに比べるとお仕事を見つけるのは大変だと思います(良い条件であるほど)。永住者や学生が多く、長く働ける人が有利で、ワーホリは立場というか優先順位が低いように思います。でももちろん仕事は見つかりますよ。運とタイミングなところはありますけど。あと車を持っているとすごく有利です。

      長くなってしまってすみません。
      お役に立ったら光栄です。

  2. ジーナリン様

    返信ありがとうございます。
    詳しく比較してくださり感謝いたします。
    長く働ける人が有利とのこと、大変参考になりました。

    とりあえずこれから先便利かなと思って車は買ったので、
    北上していく感じでもゴールドコーストに寄ってみます。気に入れば長くいるようにしたいと思います。

    ありがとうございました。

    ロク

  3. こんにちは。sageで働いてる者ですが、ボロネーゼは市販ではなくトマトソースから手作りです。
    (そもそも市販のボロネーゼってなんですか?)

    • こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。
      手作り、そうなんですね!
      働いている方には失礼なことを書いているかと思いますが
      好みは人それぞれですし、あくまでも私個人の率直な意見です。
      Sageは人気店みたいですし、値段設定も高額なので期待がきっと高かったのでしょう。
      失礼しました。お仕事がんばってください。

コメントを残す