コーヒーと落書きと私の話。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ    

オーストラリアからこんにちは、どうも毎度のジーナリンです。

パソコンの時刻は日本時間
スマホの時刻はオーストラリア時間
たった1時間の時差が地味にいつも私を惑わせます。

約束の時間がある時にPCで作業をしていると
ふとスマホで時間を確認した時に1時間進んでいる事に
いつもドキッと焦り、いまだに慣れません。

ていうか、最近は約束の時間なんてもん、ないんですけどね。
だから別にいいですけどねー(毎日暇!笑)

 

地面に落ちる木陰が好きです。陰影を美しく思います。

 

 

というわけで、メルボルンの写真をお届けする記事第2弾です。

 

そうだ。
「メルボルン」ってゆっちゃってますが
あくまでメルボルンシティの街並みに限ります。

メルボルンは広く、郊外の方には動物園とか、
あとは湖とか海なんかあったりしますので
そちらは今後の私の楽しみにとっといておりますので
皆さまもしばし楽しみにお待ちくださいませ。

 

馬車で街を巡ることもできるそうよ。久々にお馬さん見た。萌え。

 

 

 

■メルボルンといえばカフェ!!

メルボルンを語るには切っても切り離せないこと。
それがコーヒー(カフェ)です。

オーストラリアが全体的にカフェ文化が発達していて
第1都市のシドニーはパリよりもカフェの数が多いと言われているそうです。

その第1都市シドニーも敵わないカフェの数を誇るのが
第2都市メルボルンでございます。

 

どのお店も立派なコーヒーマシーンを常備

 

メルボルンではコーヒーが美味しいのが当たり前、
むしろ不味いコーヒーを探す方が難しいとさえ言われています。

 

私はコーヒーがとっても好きで
1日に1杯はコーヒーを飲まないと落ち着きません。

でも正直、豆とか挽き方とか淹れ方とか、
そこまでは別にこだわってないです。

(こだわりだしたらお金かかるから。笑)

 

美味しい美味しくないのラインは自分である程度引いてますが
日本で好きでいつも飲んでたのがセブンコーヒー
というくらいの、それくらいの程度です。笑

(でもセブンコーヒー美味しいよね!?税込100円だしっ!←コレ大事)

 

街角を曲がるたびにそこにはカフェがあります。

 

そんな私(?)にとってここメルボルンまさに楽園です。天国です、カフェ天国。

メルボルンでは絶対絶対
カフェ巡りをしようとずっと決めていました。

決定事項です。

 

コーヒーの種類もいろいろあって迷いそう。

 

 

あり得ないくらいの数のカフェがシティだけでもあるみたいなので
もうガイドブックできるんじゃないか、ってくらい巡りたいと思います。
(ガイドブックは作らんけども)

 

美味しいコーヒーはもちろん、お洒落な店内にも注目していきたい。

 

 

■メルボルンで有名なカフェストリート

と、前置きが長くなりましたが(はい、前置きです。笑)
今回お届けする写真は、メルボルンで有名なストリートの様子です。

 

フリンダースストリート駅から、サザンクロス駅方面に向かって歩くと
右手にカフェが所狭しと並ぶ通りがあります。

 

均一に可愛く掲げられている楕円形の看板が目印です。

(ストリート名ってあるのかな?Googlemapにはのってないよね~)

 

カフェだけじゃなくて、雑貨屋さんとかあるんですが
とにかく外観だけでもうお洒落!

 

ランチを食べる人、コーヒーでまったりしてる人
とにかくたくさんの人がおりました。

 

奥の方に少し進むと、テーブルが所狭しと並んでいる光景を目にします。

もうどのお店のテーブルか分かりませんね。

 

テーブルはちょうせまくて、イスがジグゾーパズルのように並んでいました。

 

どのお店もそうですが、やたらメニューが多く、そしてまたそのメニュー板まで可愛いという。

 

 

一旦十字路にぶつかり、その奥にのびるさらに細い路地を進むと
これまた小さなお店がびっしりと隙間なく軒を連ねています。

 

なんだか、新宿にあるゴールデン街のような趣きがあります。

 

お店の間口が狭く、小さなテーブルしか置けない。可愛い。笑

 

 

■メルボルンはストリートアートも有名

碁盤の目のように真っ直ぐな道が多いメルボルンは
裏路地も多く、その壁には落書きがされていることも多いですが
その落書きのレベルが半端じゃないんです。

 

ここは、ザ落書きって感じですが、カラフルすぎてもはやアートに見えますね。

 

ていうかベンチに座る女性の髪形が特徴的すぎて、こことマッチしすぎています。

 

これは先ほど紹介した、カフェストリートの一角ですが
落書きではなく、立派な壁画アートですね。

ていうか、絵がド迫力すぎて、落ち着いてコーヒー飲めなさそう。笑

 

ネコも可愛いけど、周りのイラストが地味にツボです。

 

これは、、、落書きじゃない、よね・・・??笑 デカすぎ。

 

これは、きっと落書き。アートすぎる落書き。

 

 

他にも、落書きアートで埋め尽くされたストリートがあるみたいなんですが
私はまだ見つけられずにいます。

他にも、狭い路地に入るとふと落書きアートが目に飛び込んだりするので
今後少しずつ撮りためて、また今度一挙にご紹介しますね。

 

 

 

メルボルンは街歩きが本当に楽しい街です。

ストリートごとに特徴があって、
角を曲がって違う大通りに出ると、そこはまた違った雰囲気になります。

歩き疲れればどこでも美味しいコーヒーが飲めるし
ベンチや、小さな芝生もあちこちにあります。

 

何度も言ってますが(笑)
メルボルンは都会過ぎて人混みでごった返していて
正直、生活していくには疲れる場所だと個人的に思っていますが
それでもやっぱり魅力溢れる素敵な街だなぁと思わずにはいられません。

 

さすが、世界で最も住みたい街、メルボルンですな。

 

 

とりあえず、今の私の1番の楽しみはカフェ巡り。

そして思う存分カフェ巡りが楽しめるように
お仕事もこれから頑張っていきたい今日この頃にございます。

 

そんなわけで次回、やっと仕事探しに決着がついた話です。

お楽しみに。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキング参加してます。
お近づきのしるしにぽちっとどうぞ(?)(笑)

ジーナリン
About ジーナリン 435 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

2 Comments

  1. ジーナリンさんはじめまして!
    カフェ巡りな好きなので、今回の記事とても興味深かったです。そして、写真がステキ。柔らかい質感がでていて、雑誌トランジットにでてきそうな写真。メルボルンに行きたくなりました!
    ワーホリ生活、楽しんでくださいね。また投稿楽しみにしています!

    ※私の住むパプアニューギニアも珈琲美味しいです。カフェはないですが笑

    • こんにちは、はじめまして!
      コメントありがとうございます(^_^)
      雑誌トランジット、僭越ながら存じ上げてませんでした。早速ググってみましたよ!笑
      そしてまさかのパプアニューギニアからの読者の登場!!(/・ω・)/♪♪
      珈琲は自然の中で飲むんでしょうか。想像だけで美味しそうです!笑

コメントを残す