私がこの街に残ったのは。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   

毎度どうもジーナリンです。

こちらはイースターとかいう期間らしく、
金~月の4日間が祝日4連休のメルボルンです。

日本でいうゴールデンウィークみたいなものに当たるんでしょうか?

イースターって言葉は聞いたことあるけど
いまいちピンときてないのは私だけ?

うさぎと卵のイメージしか湧きません。

 

イースターとは?

イースターは、歴史上最も古いキリスト教徒のお祭りです。

イースターの金曜、Good Fridayは、Jesus(イエス・キリスト)が十字架にはりつけにされて亡くなった日とされています。土曜日、Holly Saturdayは亡くなったJesusが墓に安置された日、そして、日曜日のEaster Sundayは、安置されたはずのJesusの死体が墓から消えた日、すなわち、人類の罪を背負って死んだJesusが、生き返った日だと言われています。

キリスト教の信者は宗派に関わらず、イースターの期間、特に金曜日と日曜日の朝は教会に行きます。イースターの日曜は教会が一年で最も込み合う日です。

イースターは、毎年3月~4月の週末の4日間に行われます。毎年、月の満ち欠けのサイクルにより変わります。

 

イースターの伝統に、Easter Egg(イースターエッグ)とEaster Bunny(イースターバニー)があります。

イースターエッグは、卵のチョコレート、色を塗られた卵、または、木彫りの卵などを象徴として飾ったり食べたりする習慣です。
卵はJesus(イエス・キリスト)の蘇り、すなわち、、新しい命の象徴であると言われています。
(中略)
Easter Bunny(イースターバニー)は、Easter Rabbit(イースターラビット)とも呼ばれます。
イースターバニーは卵を運んでくるウサギです。

※「Australian Here and Now」より抜粋

 

だそうでございます。

数日前からスーパーの店員さんがうさぎの耳を恥ずかしげもなく被っておりましたよ。

 

余談ですが、日本って祝日多くないですか?

天皇誕生日とか建国記念日とかいいとして、
緑の日、海の日、体育の日って、何を祝ってるのって感じ(笑)

ちょっと調べたら
日本は世界で3番目に祝日が多い国らしいです(1年で15日)
(ちなみに最も多いのがインドとコロンビアで18日)

しかも、2016年に新しく作られた祝日「山の日」は
働くサラリーマンの為に、休日を増やす目的で作られたとか作られないとか。

日本は、お盆とか年末年始とか含めると
1年を通して(祝日的な)休み多いよなぁという感じはします。

そこを休めるか休めないかは置いといて。

 

 

 

と、話、反れましたが。

 

毎度の話題、仕事探しの件ですが、
このイースター期間ということもあり
多くのお店(特に飲食店)がお休みしてるので
しばらくお仕事探しはお休みします。

お休み、ていうか、一応昨日を持ちまして
お仕事探しはひと段落した、という感じです。

詳しくはまた別の記事にて。

 

 

 

 

さて今回は、大変お待たせいたしました!

写真ブログの復活第1弾どぇす!!!笑

 

写真を楽しみにしていただいてる方々がちらほらいらっしゃると
北風の噂で小耳にはさみまして
「しょうがねぇなぁ~」とニマニマ緩む顔をひた隠し
建前と本音がぶつかるどころか、
「みなさん!ありがとう!誠心誠意真心込めて写真をお届けいたします候!」
という暑苦しい本音が建前を圧倒してやまない今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

私は今日も、暑苦しいハートを秘めて元気に頑張っておりますよご安心を。

 

 

 

■世界で最も住みたい街メルボルン

メルボルンはとにかく、都会でした。

 

高層ビルが立ち並ぶ、大都会。

 

人通りも多く賑やかで、とても活気があります。

 

ショッピングセンターがいくつもあり、
何でも揃うんじゃないかというくらいの店構え。

 

そしてメルボルンの街を歩けば絶対目にするトラム(路面電車)。

 

網の目状に整備された街を縦横無尽(というわけではないですが)
かなりの本数を走っているトラム。

 

メルボルンの中でも中心部のCDBと呼ばれる地域は
徒歩でも歩けちゃうくらいの範囲ですが
このトラムが無料で乗り放題になるので、とっても便利です。

 

 

メルボルンは都会だけど、緑が多いのもポイント。

 

並木道が多く、メルボルンを都会させ過ぎないようにしています。

 

街角のあちらこちに小洒落たお店が多く
歩道に並べられたテラス席がこれまた素敵です。

 

メルボルンの中心部はどうしても人混みで忙しない印象がありますが
所々にある公園や並木道がほんの少し安らぎを与えてくれます。

 

「カフェの街」と呼ばれるメルボルンには、
あちこちに素敵カフェが数多く軒を連ねているので
カフェ巡りをするのも、今後の私の楽しみです♪

 

 

 

■私の癒しの空間

実は、メルベルンに到着して数日は、
というか、最初の3日間くらいは、
もしすぐにお仕事が決まらなかったら
本気でこの街を出て、他へ移動しようかと考えていました。

 

想像以上にこの街が都会すぎていたし
なにより予想をはるかに上回るほど寒かったからです(そこかいって話ですが。笑)

 

週明けから晴れの天気が続き、気温もぐいぐい上がるにつれて
太陽に照らされた街並みが素敵だなぁ~と思うようになり、
そしてなにより自分の癒しの場所を見つけた事が、
私をこの街に留める理由になりました。

 

 

私の癒しの場所、フラッグスタッフガーデン(Flagstaff Gardens)です。

 

この公園はシティの北側にあります。

サザンクロス駅からは徒歩10分くらいの距離です。

 

歩き回ってたどり着いたこの公園。

 

多くの人が思い思いに寝転がったり遊んだりしています。

 

木陰の下で寝転がって目をつぶると、
車が通り過ぎる音などの街の喧騒が聞こえてくる一方で
鳥のさえずりも耳に届きます。癒されます。

 

最初の1週間くらいは、毎日のようにここに通っていました。
(1日に2度来ることも)

レジュメ配りに疲れた時。

お昼ごはんを食べる時。

ただただ外に出たい時。

頭の中が一杯になって自分を落ち着かせたい時。

 

この公園に座って、時間を忘れてただぼーっとする時間が
今の私にとっての一番贅沢な時間です。

 

メルボルンは都会で、できれば都会になんて住みたくないけど
でもこの街の魅力に気付いてからはもう少しだけ、思ってたよりももしかしたら長い時間
ここで暮らしていくようになるかもしれないなぁと、なんだかそんな予感がしています。

 

 

(もっと寒くなってきたら分からないけど。笑)

 

 

次回も、写真を中心にお届けいたします。

お楽しみに♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキング参加してます。
よろしければ清き1票をワンクリックで。

ジーナリン
About ジーナリン 435 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す