結局私が選んだのは金でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ    

オーストラリアはイースター期間中です。

たまごとうさぎはもう見飽きましたジーナリンです、どうも。

 

せっかくの4連休ですが天気もかんばしくなく
空には雲が広がり、肌寒い日が続いています。

そろそろ地元にも桜前線は届いている頃でしょうか。
ピンク色に染まる景色が恋しいです。

楽しそうでいいですね!日本はっ!←やきもち(。-`ω-)

(春が一番好きな季節なのよ)

 

メルボルンのユニクロ。世界のユニクロ。

 

 

■やっと仕事、決まりました。

さて、仕事の話。

この間を持ちまして、仕事探しはひと段落いたしました。

かれこれ半月も費やしてしまいましたね、結局。

 

レジュメを配った枚数は約20枚。
インターネット経由で応募した件数は約16件。
(合計36件)

ジョブインタビュー(面接)した回数6件。
トライアルした回数2件。

採用通知をいただいた数3件。

 

レジュメを直接持って行ったお店は20件ありますが
結局成果があったのは、トライアルして不採用された1件だけで
他19件はあれから結局何の音沙汰もございません。

その代りインターネット経由は、
今募集中という事がはっきりしているだけあって
返信率が高く、効率的でした。

他の方のブログを読んでいると
ネット応募はほとんど返信もこないし手応えがない
直接レジュメ配りが一番だという方もいらっしゃいます。
もしかしたら時期とかタイミングによるのかも。

 

私が働くことに決めたのは、
ジャパレスのホールスタッフです。

こちらは、Theジャパレスですが、ローカルジョブに所属しています。

伝言ネットというサイトで求人しているのを見つけ
先週の火曜日にレジュメを渡しに行った際その場で面接になり、
そしてそこで2日後の木曜日にトライアルを受けることになりました。

 

一応、求人の詳細を書いておきます。

【6件目】

・レストラン(Lunch・Dinner)
・ホールスタッフの求人
・研修時給18ドル
・正式採用後時給21ドル

※時給、注目です!(笑)やっぱりローカルジョブになると時給、全然ちゃいますね!このお店はオーナーもスタッフも(たぶん全員)日本人のTheジャパレスですが、給与体系がきちんとしているローカルジョブになります。インタビュー(面接)では、「英語で自己紹介」「志望動機」「あなたの強みは?」「接客において大切なことは?」等々、なんだか日本で受ける面接そのまんまでした(笑)

 

 

■2度目のトライアル

先週の木曜、ディナータイムにトライアルをしました。

指定された服に身を包み、いざ出陣。

 

この日は木曜ですが、次の日はイースターで祝日になるため
週末の夜のような忙しさです。

フロアーは1階と地下に分かれていて、
下の階は予約で席が全て埋まっていました。

上の階は、カウンター席のみで席数は12席。

私は上の階を担当しました。

 

お客さんが来たら、予約してるかどうか聞き、
予約してれば下の階に案内、してなければカウンター席に案内、という流れです。

 

・着席したらお水を注ぐ
・その際メニュー表を見ながら提供できないもの(not available)を説明
・タイミングを見て注文を聞く
・料理を提供する
・片づける
・テーブルのセッティング

途中空いた皿を下げたり、水の補充をしたり
まぁ、やってることは日本の飲食店と同じです。

 

正直私、レストランでの接客経験ってほとんどないんですが
料理サーブ(配膳っていうの?)の経験ならくさるほどしてますから。

ホスピタリティの点でいえば、
私の経験値なめるなよ、というくらいの自信はあります(言い過ぎ?笑)

 

でも、前回のトライアルでは、その自信を無残にも打ち砕かれているので
内心実は、めちゃめちゃヒヤヒヤしておりましたけどね。笑

 

私を見てくれているスタッフの動きを観察して
1度言われた事は、次自分で自発的に動くようにしたり
常に見られてることを意識して、
必要以上にお客さんに話しかけたりしました。
(私英語大丈夫っすよのアピール)

 

前回の失敗を踏まえ、今回は事前に接客英語仕込んできております( ̄▽ ̄)ヘヘ

「Here’s your table.」

「Are you ready to order?」

「Is there anything else I can get you?」

「May I take your plate?」

 

ふふん( ̄▽ ̄)←得意顔♪

 

このお店は、スタッフが全員日本人だったので
指示ももちろん日本語で、めちゃめちゃやり易かったです(当たり前だけど)。

日本人相手なので(トライアルだから自分をアピールする相手はスタッフ)
接客において何を求められているかを知ってるつもりだし
今までの経験を総動員して、わたし、すげぇがんばりました。

(もしこのトライアルでまた不採用通知受けたら、私しばらく浮上できないと思う。笑)

 

これでもかというくらいたぶん「自分できまっせ」感アピールしましたが
ここだけの話、実際働くことになったらこんなには頑張らないと思う(・∀・)←おい。

 

 

当初は2,3時間くらいトライアルをする予定でしたが
結局、1時間も経たないうちに「もう上がっていいよ」と言われました。

店長(マネージャー)と感想なども交え簡単にお話をして
トライアル分の給料15ドルをもらって家路につきました。

(トライアル時給15ドルですよ!!!)

 

 

道中、「い、1時間で帰らされてしまった・・・・(´・ω・`)グスン」
と一人内心ぐずついていたのはここだけの話。

 

 

採用の場合のみ月曜日までに連絡します、とのことでした。

 

その夜は、みんなが仕事やら友達との約束やらで
家に帰ったら誰もいなくて、少しだけ寂しい気持ちになりながら眠りにつきました。

 

 

■問題発生です。

次の日(金曜)の夕方に採用の連絡が来ました。

ほっと胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

 

イースター明けの火曜日から働いてもらうこと
シフトは毎週日曜日にSMSで知らせること
火曜に必要な書類を用意すること、等々。

 

ワーホリビザで生活していくことの大変さを
訥々と私に語り聞かせながら(なぜ?笑)
これからどうぞよろしくお願いいたしますとご挨拶をして電話を切りました。

 

そして、日曜日の今日。

来週のシフトを頂きました。

ディナーもランチも入ってます。週4日です。

 

 

さて。

 

困りました。

 

問題発生です。

 

 

先ほども書きましたが、私は合計で3件の採用を頂いています。

1件は、時給と環境面で辞退しています。

1件は、先週火曜日に「働きます」と連絡をしていて
次の火曜日から研修の日程を組んでもらっています。

約2週間ラインタイムで研修を受け、
その後ディナータイムで週4日勤務することに決まっているのです。

 

さて、どうしよう・・・。

 

いや、どうしようもこうしようもなく、
「掛けもちできるかなぁ~」とか甘く考えていた私は
ハニーキャラメル並に甘かったとしか言いようがありません。

(いや、正直、そんなにシフトもらえると思わなくて・・・)

 

もちろん、どうやったってかけもちはできないので、
どちらか一方は辞退するしかありません。

そして辞退するのは、「働きます」と連絡しておいたお店です。

返事を数日保留にして、自分から「働きます」と連絡しておきながら
今度は「やっぱり辞退します」と連絡するのです。

しかも日曜と月曜が休みなので火曜に言うしかありません。
(お店の連絡先しか知らないから)

そう、研修初日の火曜日です。

 

・・・・・。

 

わたし、最低ですね・・・

(´・ω・`)このツラ下げて、火曜朝一で謝りに行ってきます・・・。

 

 

■結局私が選んだのは金でした。笑

この2つのお店、どちらともジャパレスです。

辞退する方はキャッシュジョブです。時給14ドル。

選んだ方はローカルジョブです。時給21ドル。

 

・・・・ふ、ふふ、ふふふ(∩´∀`)∩はい、金を選びました。

 

たった数日前に、「世の中金が全てじゃないよね」とか
書いた記憶があるようなないような、ないようであるような、そんな気がしますが
ま、気になさらず。

「私は稼ぐためではなく働く為に来ました」とか
歯が浮くようなアホみたなことも、書いたような気がしないでもないですが
ま、忘れてください。

 

忘れてください。

 

い、生きてくためには金が必要なんですよ!バカみたいに多いカフェを思う存分巡るためにはそれ相応の金が要りますし、動物園とか海とかも遊びに行きたいし、なによりまだ仕事に就いてなかったここ数日はずっと節約していて安い果物ばっかり食べてたし(フルーツ大好物だからいいんだけど別に)肉は高くて手が出ないし外食なんてもってのほかだし、しかもしかも日に日に気温が下がるなかコートが欲しくてたまらないのに寒いのをこらえて買い物に行かずに我慢したし暖かい冬物の服とか靴とか上着とかブランケットとか欲しくて欲しくてほしくてホシクテ・・・

 

 

お 金 が 欲 し い 。

 

 

 

そんな訳で、火曜日から働きます。

やっと。

 

 

5ドルのサンドイッチでも買うのをためらいます。

 

 

PS. なんか多方面から心配されそうなのでここでフォロー。
お金、別にそこまで行き詰ってないですよ(笑)
今から自分に厳しくしていかないとダラダラと浪費しそうなのが怖いだけ。
(オーストラリアは本当に物価が高いから気づいたらめっちゃ減ってるパターン)
入ってくるお金があることをちゃんと確認してからお金を使いたいだけ。
いざとなれば無職でも3ヶ月くらい暮らして日本に帰るだけのお金はあるから安心してください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキング参加してます。
お金はくれなくていいからぽちっと押してくださいな。

ジーナリン
About ジーナリン 436 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

2 Comments

  1. お金は大事ですよ。特にオーストラリアは物価が高いからそれに見合った給料もらえないと厳しいと思います。お昼に普通に近所のカフェでサンドイッチ(単品で)食べたら最低8ドルくらいは軽くしますからね^^;

    • そうですよね~(^^;)
      外でご飯を食べるとなると本当に高くついてびっくりします。
      外食や外出を我慢してたらオーストラリア生活楽しめないので、1年間大いに楽しむためにもお金が大事
      !頑張って稼ぎます(/・ω・)/笑

コメントを残す