ネパール情報


旅立つ前に海外の情報を集めて、まとめることにしました。

今回はネパールです。


ネパール連邦民主共和国(Federal Democratic of Nepal)
 
国旗:
赤は国の色、青の縁取りはヒマラヤの空を表し、
永遠の繁栄を願う月と太陽が配されている。

国の標語:祖国は天国より素晴らしい

公用語:ネパール語

首都:カトマンズ
最大の都市:カトマンズ

地図(Googleマップ):
 

大統領:ラム・バラン・ヤダブ
首相:バブラム・バッタライ

宗教:
2006年5月18日までは、世界で唯一ヒンドゥー教を国教にしていた。
今はヒンドゥー教徒と仏教徒、イスラム教、その他が混在。

民族:
パルバテ・ヒンドゥーと呼ばれるインド・ヨーロッパ語系がほぼ半数。
そのほかチベット・ビルマ語系の諸民族など30以上の民族

査証:必要。有効期限は15日間、60日間、90日間がある。

通貨:ネパール・ルピー(NPR)
為替レート:1ネパール・ルピー=1.149円(2013.4.19時点)

日本との時差:‐3時間15分

電気:
電圧は220V50Hz(日本は100V)
プラグはB型とC型
   

郵便(ハガキ):
1枚25ルピー(約28円)
日本に届くまで1~2週間かかる

水事情:
水道水は飲まない。
1リットルペットボトル、15ルピー(約17円)

気候:
6月~9月前半が雨期、9月後半~5月が乾期。
雨期は半そででOK
乾期は昼夜の寒暖差が激しく、夜は厚手のジャケットが必要。
ヒマラヤの見える確率が高いのは乾期。
なかでも3月4月と10月11月はトレッキングに最適のシーズン。

マナー:
・チップの習慣あり
・あいさつは、相手を見ながら両手を合わせて「ナマステ」
・「YES」は、首を横に傾ける
・左手で食べ物を持ったり、握手をしない
・使ってる食器や、指・口が触れた食物などは穢れものされるので、すすめるのは失礼
・体で一番神聖なのは頭、穢れてるのは足。どちらも触らないようにする。

世界遺産:
文化遺産
・カトマンズ盆地
・仏陀の生誕地ルンビニ
自然遺産
・サガルマータ国立公園
・ロイヤル・チワトン国立公園

感染症危険情報:なし
危険情報:

 
*外務省 海外安全ホームページより

(現地公館リスト)
在ネパール日本国大使館
 住所:1253 Narayan Gopal Sadak Panipokhari,Ward No.3, Kathmandu, (North), Nepal (P. O. Box 264)
 電話:(市外局番01)4426680

*今後も記事の加筆・修正をします。


ランキングに参加しています。
よろしければ、応援・励みの1クリックをお願いします。
【 パソコンで見てる人はこっち 】
  
にほんブログ村 

*携帯・スマホはこっち→【 女性世界一周ランキング

【Facebookページ】
$世界は広くて近い。【世界一周旅行準備中】  
「ジーナリンの世界放浪の旅キロク」 


コメントを残す