ちょっとがっかり、雨のハロン湾クルーズ1日目。

【28日目】
ベトナム・ハノイ

7月2日(火曜) どしゃ降り。雷ピカピカ。

 

 

部屋が明るすぎて目が覚めました。

やっぱり、窓、いい。目覚めがいがあります。

 

最初、あまりにも陽が明るいから、寝過ごしたのかと
ビビッて、飛び起きました。

 

今日は2日間のハロン湾のクルーズに参加します。

 

朝8時に、ホテルに迎えが来るので待機します。
もちろんチェックアウトを済ませてね。

 

ハロン湾クルーズツアーは、1日、2日、3日の日程があります。

私はボート上で1泊する2日間のツアーを申し込みました。

 

昨日説明を受けたとき、
最初の値段は65ドルと言われましが、最終的に55ドルまで交渉しました。

 

相場を調べるために、一度保留にして、他のツアー会社を見てまわります。

 

どこも最初の言い値は85ドル、下げられても65ドルまででした。

見せられるパンフレットの値段表には125ドルと書かれてます。

実際に100ドル以上で申し込んでる人の契約書を見せられて、

 

85ドル、ベリーチープ!!と念を押されます。笑

 

ちなみに、このツアーに含まれているのは、

ホテルから港までの往復のバス
ボート代、部屋代、ご飯代(ドリンクは別料金)
洞窟の入場料、カヌー代、ビーチ入場料、です。

 

ホテルの55ドル、めっちゃ激安だわ。

たぶんね、女一人だから、かなりサービスしてもらったと思います。

 

ホテルのスタッフたちね、めっちゃフレンドリーなんですよ!

最初、ベタベタ触ってきたり、ハグしてきたりするから
なんてナンパ野郎なにかしら!?って思ったけど
この人たち、欧米人に慣れすぎて、すっかり欧米化してるんですよ。

 

お客さんのこと、「マイフレンド」って呼びかけますからね。

ノリがすっかり欧米人なんですよね。

 

 

そういえば、ベトナム入りする前に、あらゆる人に、
ベトナム本当気をつけて!!って言われたし、
あまりいい評判を聞かなかったんですが、
今の所、そこまで嫌な印象はないです。

 

他の国に比べて、ものすごい観光地化されてるなーという印象を受けたくらい。

 

みんな、ベトナムのどこが嫌なんだろう?って不思議に思うくらいですね。

 

 

あと、そういえば、
観客向けに対して、大抵ドルで値段を提示してきます。

ドンは0の数が多いし、ドルの方が分かりやすいんだけど
ドンに変換するとき、結構、場合によってレートが違うんだよね。

 

例えば、
1ドル=20,000で計算するか
1ドル=21,000で計算するか
ほんとにリアルタイムのレートで計算するか。

 

だから、例えば、同じ20ドルって提示されても
ドンでいくらって聞いた時に安い、高いがあるから
絶対、ドンでいくらか聞いた方がいいと思う!!

 

さて。

 

8時半頃にピックアップの人が来ました。

 

バスは既に、ほぼ満席。
その後も何人か乗せて、補助いすも使ってパンパンでバスは走ります。

 

3時間くらいかけて、ハロン湾の港に到着。

意外に遠くてびっくり。

 

朝早くは晴れてたのに、
だんだん雲行きが怪しくなってきました。

案の定、港に到着した頃は、ぽつぽつ雨が降ってます。

 

 

ミニボートに乗って、大きなボートに行きます。

 

ダイニングルーム。

 

サンデッキ。

 

寝室。

 

シングルルームで申し込むと10ドルくらい高かったので
ツインのシェアにしました。それで55ドル。

 

バスに乗った時から、ちょっと嫌な予感はしたんですよね。

 

私以外、全員グループ参加なんですよ。

カップル4組と女性2人組、男性2人組と3人組と私、計16名。

しかもみんな欧米人。アジア人私一人。単独も私一人。

 

部屋割りにする時に、その組み合わせを見てガイドがオーマイガーってもらしてました。笑

 

部屋の関係で、何と私、その男性ガイドと相部屋です。

オーマイガー。

 

夜、寝る時だけ部屋に行くから、
それまでは一人で自由に使っていいからね。

って彼は言いますが、
いや、その夜寝る時が一番危険じゃないか。

 

ま、しょうがない。

 

一人旅、めんどくさい・・・

 

 

さて、ボートに乗り込んで早速昼食。

食事は、1日目の昼食、夕食、2日目の朝食、昼食、
全部で4回出るんですが、結構豪華でした。
毎回、みんなで食べきれない程の量と種類が出てきます。

 

上の写真撮った後に、あと2種類くらい出てきたからね。

 

昼食食べ終わったら少し休憩時間です。

 

何とか雨は止んで曇り空。

 

曇り空・・・

 

ほら、海の桂林とも謳われておりますし、
きっと青空なんかよりも、曇りの方が味が出るってもんですよ。ええ。

 

ああーいい雰囲気出てるなーうんうん。

 

まぁそんな感じでボートは進み、
この後、洞窟とビーチに行くから泳ぐ人は水着に着替えてと言われます。

 

そして、ミニボートで移動。

向かうのは洞窟。

 

とにかく人いすぎ!!笑

 

全員、ツアー参加者の団体だから、
自分のガイド見つけるのに必死です。

まぁ、同じツアー参加者見つけて後付けばいいんだけどね。

 

 

まぁ、全然広大さが伝わってませんが、中は結構広いです。

ライトアップが少し残念な演出を醸し出してますが、結構見応えはあります。

 

ポイントポイントで、ガイド(ベトナム人)が説明してくれるんですけど、
この人の英語、訛りが酷いのと、
英語が達者だからか、変に比喩表現使ったり、婉曲に説明するから分かりにくい!

 

ハロン湾に関する伝説と、
この洞窟の歴史みたいなのと、
動物そっくりの岩、というか鍾乳洞?があるよ、
ということでした。

サルとか、像とか、亀とか、だから何って感じですが。

 

出口に出た所。

誰かが腰かけてるように見えます。二本足。

 

この後、再びボートに乗って、カヌー乗り場へ。

洞窟を出た時点で雨が結構激しく降ってたので、カヌーは断念しました。
カヌー、2人乗りだし。

 

私と、フランス人カップル、カナダ人男性が一人、
カヌーに乗らず、ボートで待機しました。

 

カヌーは自分たちで漕いで、好きな所に行けるから
正直、面白そう!!

 

30分後くらいにみんな戻ってきました。
びしょ濡れです。寒そうです。

 

再びボートに乗って、ビーチへ。

一応水着に着替えてたけど私は泳がず。

 

この時ね、豪雨です。

雷鳴もさっきから鳴り響いてます。

 

この岩の一番上に上ると、ハロン湾が見渡せます。

 

悪天候も残念といえば残念なんですが、
それ以上にボートの多さに萎え萎えです。

 

せっかくの景観が台無しです。

 

結構楽しみにしてた、世界遺産ハロン湾ですが
思ったよりもぐっと来るものがなかったです。

 

船に戻り、少しのんびりしてから夕食。

 

本当は夜、釣りできるというオプションもあったんですが
あいにくの天候なのでできませんでした。残念。

 

外は、雷ピカピカです。

 

早めに就寝。

 

あのガイドが部屋に来る前に寝てしまおうと思ったんですが、
ノックで起こされました。

 

鍵開けてたんですけどね。まぁ、紳士ですね。

 

少しだけ話をして、もう寝たアピール。笑

 

単独の寂しさを味わい尽くした旅28日目、終了。

 

 

【 旅のキロク 】

■今日の出費
食費
フルーツ/20,000
宿泊費
ダブル個室1泊/230,000

計 250,000ドン(約1,192円)

 

 

リアルタイムはベトナム・ホーチミン。
雨が降って少し肌寒いくらいです。

7月もいつの間にか9日間過ぎてるしね。
あ、そういえば七夕も終わっちゃったしね。

何やら日本は暑そうですね。
ずっと暑い日を過ごしてるから、
ああ、日本はこれから夏なのか
と少し不思議な感じですよ。

そういえばアシアナ航空で事故が起きましたね。
恐ろしいですね。
大丈夫です。私は乗ってません。笑

私は幸運にも、無事で旅を続けられてます。感謝。

 

ブログランキング参加中です。
うさぎちゃんを押すと、私にポイントが入ってランキングに反映されます。

よろしければ応援・励ましのワンクリックお願いしますね。
押すとブログ村に飛び、ランキング上位者のブログが見れます。

 

コメントを残す