いよいよインドへ。12時間の空港滞在。

【69日目】
タイ・バンコク→インド・コルカタ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

8月12日(月曜日)

 

早朝6時にバンコク・カオサンに到着。

インド行の飛行機は夜中0時発。

1泊するにはもったいないので、丸1日時間を潰せる所を探さないといけません。

 

実は、ちょっと好意に甘えられるかなーと期待できる場所があります。

 

それはカオサンにあるNAT2というゲストハウスです。
ミャンマーに行く前にプチ沈没していた宿で、この時宿の女主人と仲良くなりました。

 

部屋には泊まらないけど、荷物を置かせてほしい、そしてWi-Fiを使わせてほしい、そしてできればシャワーも使わせてほしい。
もちろんいくらか払います。

 

とキーさん(NAT2の女主人)にお願いしたら、「もちろんいいよ!あなたは私の友達だから全部フリーだよ!」と言ってくれました。

 

なんと!マジですか!?やったー!!

そしてお言葉に甘えて、荷物を預けてもらってシャワーも浴びて、思う存分ネットも使わせて頂きました。

 

そして、ドンムンアン空港に行く乗合ミニバンを手配しようとしたんですけど、この日は王様のお母さんかお嫁さんの誕生日で、お祭りがあるとのことでした。

夜になるとメインロードは通れなくなるから、空港行きのミニバンは最終が16時発しかないとのことです。

それでなくても通常の最終が20時で、どうやって空港で時間を潰そうかと思ってたのに、まさかの16時!!

 

でも仕方ないので、16時に空港に向かいます。
この時迎えにきたのはタクシーでした。
それでも料金は通常の130バーツです。

 

ドンムンアン空港に到着したのは、17時前。はや。
出発まであと7時間もあります。何しよう・・・

 

ここは時間を潰す所がありません。寝るしかありません。

 

2時間前にならないと荷物も預けられないので、大きな荷物と一緒にベンチに腰掛けます。

20分くらい座ってたでしょうか。
少し小腹がすいたので売店で食べ物を買おうと席を立ちました。

 

いざ、レジの前に立って、はたと気づきました。

アレ、ミニポーチ、どこ入れたっけ・・・?

 

このミニポーチには、財布(現地のお金だけ入れたもの)とクレジットカード、iPhone、名刺入れ等々を入れてました。

 

あれ、そういえば、タクシー降りた時から見かけてない・・・
たしか、タクシーに乗った時に肩にかけてたんじゃなかったっけ・・・?

や、ヤバい・・・タクシーに置き忘れた・・・・(゚Д゚;)!!!!

 

一瞬頭が真っ白になりました。

 

レジの店員に謝って、とりあえず空港の外に向かう。

 

ま、まだタクシーいるかな・・・?
20分くらい経ってるよね・・・いるわけないよね・・・・(T?T)!?

 

ポーチに何を入れてたかを混乱する頭で必死に思い出す。

 

 

財布・・・400バーツ(約1300円)くらい入ってるけど、いいや。諦められる。

クレジットカード・・・ヤバい。早く止めないと・・・。

iPhone・・・うぅ~ダメぇ~それは失くしたくない・・・もう既に解約済みだけど、色んな人の連絡先入ってるし、バックアップしてないもん・・・それにiPhoneのアプリがないと不便・・・(T_T)

名刺とか、メモ帳とかあるけど・・・あ、メモ帳に今までの出費全部書いてる・・・アレ失くしたら、旅の予算が分からなくなる・・・・

 

ダメだ!!失くしたくない!!!
ていうか、なんで忘れるの!!??私のばかー!!!
ちゃんと確認してから降りなさいよ!!私のばかー!!!

 

泣きそうになりながら、空港の外に出る。

 

あぁ、タクシーのナンバーとか覚えてないよ・・・
運転手の顔、見たら分かるかな・・・・

 

空港の外にタクシーが何台も並んでます。
私が乗ったタクシーはピンク色。

 

きょろきょろしながら進むと、少し先に空港の警備員と話しながら、ピンクのタクシーのそばに立ってるおっちゃんが私を見て、指差してきました。

 

あっ・・・!!あの人だ・・・!!!

 

 

この時の安堵感たるや・・・!!

走って向かうと、運転手のおっちゃんが助手席を開けてくれました。
ありました!!私のミニポーチ!!!

 

あぁ・・・良かった・・・(;´Д`)ホッ

 

おっちゃんに100バーツのチップをあげました。

本当に良かった。
20分近く経ってたのに、去らずに待っててくれたおっちゃんに大感謝です。
本当に気付いて良かった。
あのまま寝ずに売店に行って良かった。

 

おっちゃんがいい人で良かった・・・!!

 

マジでこれから気を付けよう・・・(._.)ハンセイ

 

 

ベンチに戻って、今一度荷物の確認をして、少し整理して、そのままベンチに横になって寝ました。
空腹感はどこかに消えてしまいました。

 

 

21時半頃、チェックインカウンターを見ると、既に列ができています。

私も荷物を持って並びます。
そしてイライラします。

 

列に並んでるのはほとんどインド人。
そしてみんなものすごい量の荷物を持ってます。
そしてチェックインにものすごい時間がかかってます。

しょうがないから、列が短くなるまで、列から外れて座って待つことにしました。

この飛行機に乗るのはほとんどがインド人だったんですが、その中に欧米人カップル1組と東洋人の男性1人(判別できない)、そして日本人らしき女性が1人いました。

 

内心すごくホッとしました。

 

日本人がいる!!
後で声をかけて、空港から市内に一緒に行ってもらおう!!!

 

そう、後で、でいいです。
今声をかけると、それからずっと一緒にいることになるでしょ?
それって、めんどくさい。

 

得なことに、私、パッと見では日本人に見えないから、日本人にあまり声をかけられることがないんです。
気楽です。

 

ようやくチェックインして、中に入ります。
もう22時過ぎていましたが、まだやってるお店があったので、残りのバーツを奮発して使ってしまいました。

 

きっと食べるのはこれが最後になるであろう、大好物のグァバを丸々1個購入。

美味い!!
屋台で買うよりも上等のグァバでした!!

幸せ(*´▽`*)

 

いよいよ機内に乗り込みます。
ミャンマー行きと同様、バスにしばらく乗って、タラップを登って機内へ。

 

約2時間半のフライトを経て、インド・コルカタのチャンドラ・ボース国際空港に着陸。
インド時間で夜中の1時過ぎでした。

 

イミグレーションに進むと、額に赤い印を付けたスタッフが出迎えてくれます。

あぁ、インドに来たんだなぁーわたし。

特に何も問題なく、すんなり入国。

 

 

【7ヶ国目 インド】

 

 

なかなかやってこない荷物を待っている間、さっき見かけた日本人女性を探す。
彼女は、荷物を預けていないみたいで、さっさと到着ロビーの方に向かっていきました。

きっとこんな夜中に市内に行くことはないだろうから、私と同じようにロビーで夜を明かすはず。

 

荷物を持って、到着ロビーに向かうと、ベンチにはそれなりにたくさんの人がいました。
みんな荷物を抱えて寝ています。

 

さっきの彼女も既に横になって寝ていました。

 

彼女から少し離れた所に陣取って私も横になります。

 

 

さて、いよいよインドにやってきました。

賛否両論に分かれる国、インド。
魅力的だけど、とっても不安なインド。

空港内はまだ本当のインドじゃない。
ここから出る時、それが本当のインドの旅の始まりです。

 

あぁ、どうしよう・・・めっちゃ不安。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
うさぎちゃんを押してもらえたらランキングが上がります。
1日1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムは、インドのジャイプールで瞑想中。
9月5日~16日まで外との連絡を絶ちますので音信不通になりますが、私は大丈夫です。
予約投稿です。
—————————-

コメントを残す