オレンジ色の世界遺産の街サンミゲル・デ・アジェンデ

【265日目】
メキシコ・グアナファト→サン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

2月15日(日)

 

大満足のグアナファトを後にして
メキシコシティへ戻る前に、ちょっと寄り道。

バスで1時間半~2時間の所にあるサン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)へ

当日その場でチケットを購入。
片道94メキシコペソ(約560円)

 

しばらく揺られること、約1時間半。

サン・ミゲル・デ・アジェンデのバスターミナルに到着。

バスターミナルから市内バスに乗り換え、中心地へ。

前回同様、それらしき所で適当に下車。

ここには、ふらっと立ち寄っただけなので、
今日はメキシコシティまで戻らなければいけません。

帰りのバスの時間を確認すると
サン・ミゲル・デ・アジェンデに滞在できるのは約3時間弱。

 

ぶらぶら散策、開始です。

一番最初に辿り着いた場所は、ソカロ(中央広場)。

やはり木の剪定の仕方、特徴あります。

この広場から少し歩くと、おそらく街のシンボル、一番の観光スポットである
なにかを発見。

サンミゲル教区教会というらしい。

しかもこの教会、無名の建築家が
ヨーロッパから持ち込まれた絵葉書を元に設計し、作られた
とかいう驚愕のエピソードがあるらしいですよ(´゚д゚`)

 

この教会のまわりぶらぶら散歩。

花冠屋さんがたくさん並んでおりました。可愛い。

 

あてもなくただぶらぶらと歩き回ります。

 

歩き回って感じこの街の印象は「オレンジ色の街」。

見た目100%の印象ですが(笑)。

グアナファト同様、スペイン植民地時代の名残でコロニアル調の街並みが特徴です。

レンガ造りの建物の外壁の色が、
黄色とかオレンジとか赤に近い橙とか、
とにかく暖色に溢れています。

道もまっすぐに伸びていて、綺麗に区画整備されています。

このサンミゲルデアジェンデも、
グアナファト同様、世界遺産に登録されています。

緩やかな斜面が多いからか、
傾斜の向こうに伸びる道まで遠く見渡せて景色がいいです。

ざっくばらんな印象ですが、
グアナファトに比べて何となくツーリストが多いような気がしました。

 

一軒家みたいなのが無いから
お店なのか個人宅なのか、近づくまでなかなか気付きにくい。

 

 

ぶらぶら適当に歩いていたら、急にマーケットのようなところにぶつかりました。

お土産物を売る露店が集まっています。

 

奥の方までずっと続いています。

 

そういえば、サン・ミゲル・デ・アジェンデは銀細工のお土産人気らしいです。

 

メキシコシティやカンクン方面とは、
やはりお土産物の品揃いが違います。

 

屋根のある所まで進むと、中はこんな感じ。

 

フルーツスペース。

野菜スペース。

雑貨スペース。

 

 

たった3時間弱くらいしか滞在しなかった街だけど
これまたぶらり散歩が楽しい可愛い街でした。

 

 

そして、観光した街はここが最後になります。

この後メキシコシティに戻り、再び1泊し、
マーケットでお土産を買い求めつつ、次の場所へと向かう準備を進めております。

 

とうとう旅に終わりが見えてきた頃合いです。

帰国まで、既にカウントダインが始まっていました。

つまり、やっとやっとこの旅ブログの目途がついたということ・・・!

な、ながった・・・!ような・・・みじか・・・いや、やっぱり長ったな。笑

 

とりえず、ブログは続きます。

今後の展開に乞うご期待(≧▽≦)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
よろしければ気晴らしにぽっちとどーぞ。

コメントを残す