まだまだある!お洒落で可愛くてロマンチックなグアナファトの魅力!

【264日目】
メキシコ・グアナファト(Guanajato)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

2月14日(土)

 

お気に入りの可愛い街グアナファトの街第2弾です。

グアナファトはカラフルな街並みが続き
ぶらぶら街歩きをするだけでも楽しいですが、
グアナファトの魅力、見どころは他にもたくさんあります。

 

グアナファトは音楽の街としても知られています。

 

街の中心にあるフアレス劇場の目の前に
整えられた木の壁で囲まれた広場があります。

不定期なのか、いつもなのか分かりませんが
私がたまたまここを通った時
ミニオーケストラのような音楽隊が演奏をしていました。

誰でも出入りできる広場なので、もちろん無料。聞き放題。

周りに設置されてるベンチに腰かけて聞き入る人が大勢います。

ノリノリの曲になると、この演奏台の周りを踊りだす人もいます。

なんと陽気な街なのでしょうか。楽しいです。

 

この木で囲まれた広場の外側。

どんなに暑くてもここはいつも木陰になっていて
市民や観光客には絶好の憩いの場です。

ベンチもたくさんあるので、歩き疲れたらここで休憩するといいですね。

 

この広場のさらに外側は、こんな感じ。

ホテルや飲食店がたくさん並んでいて、観光客向けの中心地になっています。

 

 

私がこの街を気に入った所の一つは、木陰の使い方。

木をきれいに剪定して、丸く整えるのです。

その下にベンチを設置。

可愛いし、お洒落ですよねー。

こちらは巨大な木の下にレストランのテーブルが。お洒落。

 

 

続いて続いて向かったのは、イダルゴ市場(Mercado Hidalgo)

街の中心地から少し歩くとたどり着きます。

観光客向けの雰囲気から、現地の人たちが多くなってきて
日用品やローカルレストランなどが増えてきたら、この巨大な門が見えてきます。

 

中に入ると、中は巨大な空間になっています。

下のフロアはほとんどが飲食のお店。

屋台ちっくなレストランや食材を売るお店、とにかくお店がたくさん!

ちなみに壁沿いには階段で上がれる2階があります。
上は飲食店ではなく、雑貨屋さんが軒を連ねています。

広い空間を上から眺めるのは楽しいです。

 

壁沿いは野菜屋さんたちがたくさん。

絵になります。映えます。

山盛りの乾物屋さん。

 

生活感をしばし観察しながら、こちらのマーケットを後にします。

 

またしばらく街を散策。

今日は夕方から行きたい場所があるので、それまで時間をつぶします。

 

私がこの街を好きになった所のもう一つの理由。

この、壁にぶら下げられてる植木たち。

全部ではないけど、多くの家々が窓の柵やベランダに植木を飾っています。

花の街ですね。

カラフルな街並みに拍車をかけて、可愛さ倍増です♡♡♡

 

 

植木たちと同じように目を引くのが、ぶら下がってる外灯の可愛さ。

壁のあちこちにランタン的な外灯がたくさんぶら下がっています。

この外灯たちがグアナファトの街をとっても美しく彩ります。

 

というわけで、この街に来た一番の目的を果たしに行きます。

 

街全体を一望できるピピラの丘へ。

丘へは階段を登っても行けますが、山道を通りますし
夕方にさしかかると周りも暗くなってきて治安に不安がありますので
街の中心地から出てる有料のケーブルカーを使うことをお勧めします。

ケーブルカーはたしか往復で36ペソ(約215円)。

 

ケーブルカーを降りて、展望台へ向かうと広がる景色がこちら。

街の中心でどんと構えているのがあの黄金の教会、バシリカ。

 

街を眺める広場はこんな感じ。

陽が暮れるまで、まだまだ時間がかかりそうです。

そして、あまり気付かないようにしていましたが、
この広場に来て抗えない事実を突き付けられつつあります。

 

そう、今日はバレンタインデー。愛を伝える日。

日本では女性が男性にチョコレートを贈るのが習慣ですが
こちらでは、男性が女性に花束を贈るのが習慣のようです。

今日は街歩きをしていて、
女性男性問わず一輪の花や花束を持っている人が多くて
学校の卒業式でもあるのかなぁと思っていたのですが
あちこちでラブラブしてるカップルを見るにつけ
日付を確認して、少しの落胆とともに気づきます。バレンタインデー。

 

そして、ピピラの丘でも、当然のようにカップルがわんさか。

あぁ、よりによってこんな日にこの街に来てしまうなんて・・・(T_T)

 

上から見ると、この街がどれだけカラフルか分かりますね。

おもちゃみたい。

 

街を一望するだけでも、十分綺麗な景色ですが、
一番の見どころはまだまだ。

陽が暮れるのをただひたすら待ちます。

 

 

陽が沈み、街の外灯がつきはじめると、
グアナファトの街は一気にロマンチックな雰囲気になります。

この夜景こそが、グアナファトの最大の魅力、最大の見所。

夢中になってシャッターを切ります。

この景色が見たくて、私はこの街にやってきました。

 

バレンタインデーで周りがカップルだらけなのは悲しい誤算ですが
恋人と一緒にこの景色を見たら、愛が一層深まりそうですね。

 

バレンタインデーだからなのか、
陽が暮れたころから、広場では生演奏が始まり
ムード満点のダンスをし始める人がちらほら。

 

写真も撮り終わり、満足したところで
周りの甘い雰囲気に居心地が悪くなりつつありましたので
再びケーブルカーで丘を降ります。

 

 

 

グアナファトで一番見たかった夜景に満足して
しかも来てみたら思いのほか街が可愛くておしゃれで素敵すぎて
大満足のグアナファト滞在になりました。

 

そんなわけで、大満足のグアナファト編はこの辺で。

次回は、次の街も何とも素敵だった話をお届けいたします。

お楽しみに♪

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
そういえばぽちっとどーぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。