色鮮やかで可愛い世界遺産の街グアナファト

【264日目】
メキシコ・メキシコシティ→グアナファト(Guanajuato)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

2月13日(金)

 

今日はメコシキシティを離れ、
北西方向にあるグアナファト(Guanajuato)という街に向かいます。

グアナファトへはメキシコシティからバスで約4~5時間。

メキシコシティの北方面のバスターミナルから出発します。

バスターミナルの中には数多くのバス会社の窓口が並んでいます。
それぞれ路線や金額が異なりますので
グアナファトへ向かうバスを聞きまわります。

グアナファト行のバス、片道485メキシコペソ(約2530円)。

 

そして、市街地から少し離れた中央バスターミナルに到着。

 

バスターミナルから市内バスに乗ります。
中心地までは大体10分くらいで到着します。

 

 

そして、ここではたっと気付きます。

そういえばわたし、グアナファトの街についてほとんど下調べをしていませんでした。

グアナファトは規模的にとても小さな街で、
中心地まで行けばなんとかなるかなーと思っていたのです。

市内バスが狭い路地を進み始め、
車通りや歩行者がだんだん増えてきたのを見計らい
どうやらここが中心地っぽいかも・・・
というただの勘(野生の勘、これまでの経験値、とも呼ぶ)に従い
留まった所で、適当にバスを降りてました。

まずは、今日の宿の確保から。

宿の予約もしていませんでしたので、安宿探しです。
(たしかネットで調べた時にもあまり安宿がヒットせず、えーい現地で探そう!と思ったような気がします)

適当にぶらぶら歩きながらそれらしき建物を探すのですが、なかなか見つかりません。

道行く人に話も聞きながら探すのですが、
やっぱり安宿自体が少ないのか知らない人が多い。

 

ようやっと1軒目を見つけて、
部屋の中を確認して値段を聞きますが、
全体的に雰囲気が暗いのと、思ってよりも高かったのと、
何より案内してくれた男性スタッフが信用できなかったので
とりあえずここは保留にして、他の宿を探すことにしました。

 

 

しばらくぶらぶら歩いてたら、ちゃんとした所っぽい宿を発見。

受付もしっかりしていたので、ここに決定。

LA CASA DEL TIO(ホステル ラ カーサ デル ティオ)

 

この宿には2泊することにしました。

6ベッドの女性ドミで1泊あたり95ペソ(約560円)
(私のメモ帳に2泊で190ペソと書かれているので信頼して書きますが、560円って安すぎマセンカ・・・笑)

1泊目は宿泊者が私だけだったので、この部屋を独り占め♪
2泊目は欧米人女性2人組が入ってきました。

 

キッチン。
色使いがカラフルでとっても可愛らしいですね。

 

屋上。
周りの建物が少し邪魔していますが、
街を少しだけ一望することができます。

 

 

 

さて、荷物を置いて、少し休憩したら早速、街散策へ♪♪

市内バスに乗っている時から、
そして宿探しでぶらぶら歩いていた時から、
あぁ、わたしこの街だ好きだ・・・♡と思い始めていました。

 

走る市内バス。

 

街がとーってもカラフルで色鮮やかで、とーっても可愛らしいのです(*^_^*)

 

乙女心くすぐりまくりの色使い、カラフル、可愛らしさ。

 

例えばキューバのトリニダーとか、
今までもカラフルで可愛い街を訪れたことはありましたが
ここはカラフル+αの魅力があり、ダントツで可愛さNo.1お気に入りの街です!

 

 

色鮮やかで可愛いだけでなく、生活感もちゃんと漂わせながら
なおかつ細部にまでお洒落さが垣間見えるのです。

 

 

ところでそういえば。

グアナファトは、世界遺産に登録されている街です。

スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築が有名で
その歴史的な街並みと近辺の銀山が世界遺産に登録されています。

 

街の中心に位置し、シンボルともなっている黄金色の教会、バシリカ(Basilica de Nuestra Senora de Guanajuato)。

 

街中に緑が溢れていて、木陰が爽やかです。

緩やかな谷間のような地形になっているのか、
斜面に建つ色とりどりの家々も眺めることができます。

     

 

可愛いでしょう???

ええ、可愛いんです\(^o^)/笑

街歩きをしていて本当に楽しかったし、
どこを撮っても本当に画になるんです。

 

メキシコに行ったらぜひぜひ訪れて欲しい街、グアナファト。

可愛さが少しでも伝わったところで、今回はこの辺まで。

次回もグアナファト第2弾をお届けいたします。

お楽しみに♪

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。