もうひとつのハバナ。

【237日目】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

1月18日

 

さて、前回キューバの首都ハバナの前編を送りしました。

今回、後編お届けいたします。

IMG_8894 (1024x683)

ハバナ観光の中心地、オビスポ通りの写真を送りしました。

カラフルな建物が続く、とっても素敵な場所でしたね。

 

今回、そんな街の途中から始まる、もう一つのハバナを紹介します。

 

IMG_8903 (1024x683)

建物の途中から、あからさまな境界線があります。

写真右側は整備済み、左側は未整備、感が丸出しですね。

 

左側のエリアに広がる街並みはこんな感じ。

 

IMG_8896 (1024x683) IMG_8917 (1024x683) IMG_8922 (1024x683)

 

ビフォーアフター的な。

 

IMG_8906 (1024x666) IMG_8909 (1024x683)

 

アフターの方が、インドっぽいんですよね。

キューバに到着して、初日で感じたことですが。

 

IMG_8912 (1024x681) IMG_8915 (1024x683)

 

でもインドとの違いは、ごみが無いこと。

ゴミを拾ってる人がいたんですよ(仕事としてだと思うけど)
大きなゴミ箱もあるし。

街は綺麗です。
建物が古びてるだけでね。

 

 

IMG_8918 (1024x683) IMG_8919 (1024x683)

雰囲気はインドっぽいけど、清潔感は桁違いでございます。

 

 

IMG_8923 (1024x683)

キューバの英雄、チェ・ゲバラ様。

イケメンですな。

 

 

IMG_8926 (1024x679)

 

キューバは社会主義で、民主主義と違うのは利潤目的の商売ができないことです。

社会主義国家は、基本的に支給制ですよね。

でも最近、それも少し変わってるらしいですが。

 

IMG_8979 (1024x683)

こんな風に道端で野菜や果物を売ることができるのも、
最近になって商売する許可をもらってるからなんだとか。

IMG_8980 (1024x683)

 

それにしても、街の年季の入り具合はすごいですね。

IMG_8988 (1024x683)

 

剥がれている壁の色が何層にも重ねられていることが分かります。

IMG_8937 (1024x683)

 

IMG_8983 (1024x678) IMG_8930 (1024x683)IMG_8939 (1024x683) IMG_8946 (1024x683) IMG_8948 (1024x683)

ほのぼのした感じです。

 

こんな感じの路地をひたすらぶらぶらします。

 

しばらくすると、海沿いの道に出て、
またしばらく歩くと、なにやら列車が展示品として飾られてる場所に出ます。

IMG_8973 (1024x683)

 

そのすぐ横に、中がマーケットになっている大きな建物がありました。

入るとこんな感じ。

IMG_8957 (1024x683)

 

色々なものが売られています。

主に観光客向け用のお土産品。

 

すっごくカラフルな絵も。

IMG_8951 (683x1024)IMG_8955 (1024x683)

絵描きさんって世界のどこにでもいて、
質の高い絵が路上とかで格安で売られてるのを見るとすごく欲しくなるんだけど、
それを持って旅なんてできないなって考えて結局買えないんだけどね。

だから写真で見納めしています。

 

すごくスレンダーな木製人形。

IMG_8959 (1024x666)

 

キューバらしいコースター。

IMG_8965 (1024x683)

これは、値切り交渉に成功したので買ってしまいました。

 

そのマーケットを後にして再びぶらぶら。

 

途中で見つけた教会の中。
街の雰囲気の割に豪華。

IMG_8995 (1024x671)

 

 

夕方に、カンクンから一緒に来たあゆみさんと待ち合わせをしていたのですが
途中で偶然再会。

まだ時間があったので、
髪の毛を切りたいという通訳兼金魚のフン改め洋平の要望で
床屋さんを探してぶらぶら。

 

ココナッツ型のタクシー発見。可愛い。

IMG_8999 (1024x683)

 

そして、床屋も発見。

IMG_9008 (1024x683)

なかなか濃ゆい床屋さんでございます。

突然の外国人訪問に、なぜかみんなハイテンションに。

IMG_9018 (1024x682)

髪切りたいって言ってたのに、
雰囲気にのまれて結局尻込みした、肝っ玉の小さい洋平。

散髪は諦めてすごすご退店。

 

そして夜ご飯を食べに、レストランへ。

 

IMG_9146 (1024x752)

ここは、キューバの通貨人民ペソが使える貴重なお店。

 

 

ここでちょっとキューバのお金(通貨)事情をちょっとだけ説明します。

 

キューバの通貨は2種類あります。
人民ペソ(ペソ・クバーナ、CUP)とクック(CUC)です。

CUCは主に外国人が使うための通貨で、ドルと同じ価値を持ちます。

一方人民ペソは、古くからキューバ人が生活の中で使ってきた通貨で、
CUCに比べるとかなりレートが低い通貨です。

fdc99c8e
(「キューバ情報」http://blog.livedoor.jp/cubatravel/archives/51802506.htmlより画像拝借)

上の紙幣が人民ペソで下がCUC。

最初は紙幣の見分けがつかなくて、苦労しました。

CUCが外国人用というのは、例えばホテルやレストランなど
外国人が利用する場所での支払いはCUCで、
小さな商店などでは、人民ペソで支払うということです。

キューバでの滞在中は、ほとんどがCUC払いで
人民ペソ払いできるところはほとんどありませんでした。

そして旅人はこの人民ペソ払いができるお店を探します。

なぜなら、人民ペソはものすごーーーく安いからです。

先ほどCUCはドルと同じくらいの価値を持つと書きましたが、
1CUCは約1ドル(約100円)と考えます。

対して1人民ペソ(CUP)は約5円。

上にある写真のメニューは人民ペソ表記です。
一番高いメニューでも40CUPなので、日本円にして約200円。

激安でしょ。

CUC払いのお店で200円で食べられるメニューなんてないので、
人民ペソ払いできるお店がいかに貴重か、お分かり頂けると思います。

 

料理の写真、残念ながら取ってなかったんですが
料理はきちんとしているし、量も多くて、本当に最高です。

 

最後にキューバのビールをご紹介。

IMG_9147 (726x1024) IMG_9302 (791x1024)

うまくて安いですよ。
1CUCあるいは20CUPで買えます。

 

そんな感じで、ハバナ編は以上となります。

次回、(私)待望のキューバに溢れるアメ車特集編。

お楽しみに。

 

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。