【ドイツ】そんなこと言うのずるいじゃん。卑怯者

【200日目】
ドイツ・ミュンヘン(Munich/Munchen)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

12月21日(土)

 

不思議な生き方をする韓国人とお話をした夜の次の日。

今日はミュンヘンを散策する予定でした。

 

でもその前に、今後の予定を立てなければなりませんでした。

ちなみに、12月27日の早朝には、フランクフルトを出発する飛行機に乗る予定です。

なのでドイツ滞在は今日からわずか6日間だけ。

 

いちおう今後のルートは考えていたんですが、
実はある人とここドイツで会う約束をしていたんです。

でもその人の予定があやふやで、結局今日まで本当に会えるのかどうか分からずにきてしまいました。

 

 

その人というのは、私のブログでは既に2度登場しています。
皆様ご存じ、ピーターでございます。

 

 

初耳!という人のために軽く彼を紹介させてもらうと、

ピーターとは7月にミャンマーで会いました。
お互い一人旅をしていて、ルートも重なったことから約2週間を一緒に過ごした人です。
ピーターがリッチ旅をしていた恩恵を頂いて、ミャンマーではかなり贅沢な旅をすることができました。

それから約2ヶ月後の10月。
次は、ピーターの国、ベルギーで再会を果たしました。
約10日間を一緒に過ごし、ピーターのご両親や妹とも仲良くさせてもらいました。

 

そしてそこからさらに2ヶ月の12月。今。

ヨーロッパをぐるーっと回って、ヨーロッパ最後の地に選んだここドイツで
3度目のピーターとの再会があるかないか、という状況にいます。

 

そんな、ピーターです。はい。

 

 

ドイツ旅が近づくにつれて、ピーターとは何度か連絡をやり取りしていたんですが
実は、ピーターがドイツに遊びに行く条件として
ピーターのお父さんが、テストで良い成績を取ることを条件に出していました。

ピーターは勉強が大嫌いなんですが、かなり頑張ってくれてたようでした。

テストが終わって、本人的にはそれなりに自信があるようでしたが、
テストの成績の結果が分かるのが、実は今日。

だから今日まで、ピーター父がドイツ行きを許してくれるのか、
ピーターが本当にドイツに来れるのか、半信半疑だったというわけであります。

 

 

 

私は、午前中のうちにピーターに連絡を取ってみました。

 

ピーターの返事では、成績は大丈夫でお父さんがドイツに行くことは許してくれたんだけど、
ケルンにしか行ってはだめだと言われたんだそうです。

 

私はケルンに行く予定はありません。

事前にピーターには、私が予定していたドイツ旅のルートを教えていました。

ピーターはそれに付き合う形で、私の旅に同行してくれると言っていました。

しかもシーズンがシーズンなので、次の目的地の宿も既に予約をしていました。

 

 

だから私はピーターに言いました。

「そういうことなら、私はケルンには行かないし、残念だけど、ドイツでは会うのは諦めるしかないね」

 

それに対してピーターは猛抗議をしてきました。

「ジーナのために頑張って勉強したのに、会ってくれないなんてどういうこと!!??」

 

そこから、喧嘩が勃発します。

 

ジ「ピーターは私に、ドイツ行きはまだ確定じゃないから、自分の好きなように考えてって言ったじゃん!」

ピ「でも会う約束をしていたのに!」

ジ「こんなギリギリに言われても困るし、私には私の予定があるの!」

ピ「僕は君に会いたいけど、君は会いたくないって言うんだね!」

ジ「そんなこと言ってないじゃん!他の街にいるんだから来てくれたらいいじゃん!」

ピ「だからお父さんが許してくれないんだって!お願いだからケルンに来てよ!」

ジ「ケルンには行く予定がないし、ケルンに言ったらこれからの予定を全部諦めなきゃいけなるの!」

ピ「僕は今までジーナのためにたくさん色んなことをしてあげたのに、君は僕のお願いには応えてくれないんだね」

ジ「なにそれ!私に言うことを聞かせるために今まで優しくしてたわけ!?」

ピ「でも僕は君にたくさん色んなことをしてあげた。もし感謝してくれてるなら、ケルンに来てくれるだけで僕はいいんだよ」

ジ「そんなこと言うのずるいじゃん。卑怯者」

 

 

もうこうなったら、私が折れるしかありませんでした。

 

ジ「分かったよ!行けばいいんでしょ!行けば!チケット買ってくる!」

そう言ってとりあえず白熱したバトルを終わらせました。

 

 

ピーターとのやり取りで、もう既にお昼になっていたのでご飯を食べに
そして、ケルン行きの方法を探しに外に出ました。

 

 

探し歩いて見つけたバスチケット売り場に入ります。

数人お客さんがいて、30分くらい待ちます。

自分の番が来て、ケルン行のバスチケットを買いたい旨を伝えます。

 

パソコンをカチカチして待つことほんのしばし。

「満席ですね」

 

・・・なんとなく分かっていましたが、そうですよね。

ケルン行じゃなくて、どこか途中まで行けるバスでも考えてみましたが、全滅でした。

今日も明日も明後日もダメでした。

 

 

安く行けるバスは諦めて、電車で行く方法を模索しに、次は駅に向かいます。

フランスやイタリアでもそうでしたが、券売機で色んなルートを検索できて、
時間や料金を確認できるので、券売機はとっても便利です。

 

券売機で色々と調べてみました。

ミュンヘンからケルン行の急行列車は140ユーロ(約19,000円)でした。

 

無理。

 

 

 

宿に 戻って、またピーターに連絡を取りました。

ジ「ごめん、やっぱりケルンには行けない。バスは満席だったし、列車は高くてチケットが買えない」

 

そしてもう一回喧嘩が勃発します。

 

ピ「一度約束したのにまた破るの!?」

ジ「またってなに!!でもしょうがないじゃん。行けないものは行けないんだよ!」

ピ「列車では来れるんでしょ。100ユーロは僕が出すからそれに乗ってきてよ!」

ジ「またそうやってお金で私を釣るんだね!」

ピ「君は僕よりもお金が大事なんだね。今まで君のために色んなことをしてあげた僕よりも」

ジ「だからそういう話じゃないでしょ!」

 

というやりとりをずっと繰り返し行う羽目になります。

 

ある意味で弱みを握られてる状態なので、結局は私が折れるしかない展開になります。

 

今までピーターから色んな誘いを受けて応えてきましたが
ピーターがこれほどまでに強引で強気なのは初めてです。

大抵、基本的にいつも強引だけど、最終的には私の意思を尊重してくれるのに。

それだけ私に会いたがってるんだってことで、
色々とちょっとむかつくことはありますが、その点だけを心に留めておこうと思いました。

 

 

 

 

そんなピーターとやり取りしてる間に外は日が暮れ、
結局ミュンヘンでの1日が何もせずに終わろうとしていました。

 

きっとここミュンヘンでもクリスマスマーケットが開かれてるのは間違いないので
木を取り直して、夜の街を散歩しに出かけて行きました。

 

IMG_1468 (1024x682) 

 

宿を出てほんの少し歩いただけで、
クリスマスムードに彩られた華やかな雰囲気の街が広がっていました。

 

IMG_1461 (1024x682) 

デパートでしょうか。
すごいライトアップをしています。

 

IMG_1475 (1024x682) 

 

歩行者天国になっている広い歩道を、多くの人が行き交います。

 

IMG_1467 (1024x744)

 

所々に出店が出ていて、恒例のクリスマス飾りや雑貨などが売られています。

 

IMG_1469 (1024x617)

 

 

まっすぐと伸びる道をただひたすらに進んでいくと、
目の前にライトアップされた、壮大なお城が目に入ってきました。

 

IMG_1478 (1024x682)

でもこれ、ヨーロッパの例に漏れず、市庁舎だったりするんですがね。

この建物の前の広場では、クリスマスマーケットで賑わっていました。

 

IMG_1481 (1024x694) 

 

可愛くてキラキラなものが溢れるマーケットに
いつもながら、買い物欲が湧きあがってくるのを必死にこらえます。

 

IMG_1476 (1024x675)

 

クリスマスマーケットでの私の最大のお楽しみ、
ホットワインを片手に飲みながら、マーケットをふらふら歩き回ります。

 

IMG_1483 (1024x682) IMG_1491 (855x1024) 

 

色んな所で、いわゆうクリスマスマーケットを見てきましたが
基本的に同じものが売られているのは当たり前なんですが、
それぞれの場所で色んな特色があって、それを見るのも楽しかったりします。

 

IMG_1487 (1024x682)

 

クリスマスマーケットの楽しみといえば、屋台の食べ歩きもその一つですね。

ミュンヘンには、色んなソーセージが売られていて、食べ比べるのもいいかもしれません。

 

 

 

市庁舎前のクリスマスマーケットを後にして、再び来た道を戻ります。

 

気のせいか分かりませんが、やたら日本人女性を見ました。

しかもドイツ人男性と日本人女性のカップルです。

時々日本語で会話してる人もいたし、
ドイツ語を話してる人もいて、東洋人というだけで日本人じゃないかもしれませんが
それでも、こうやって気になるほど、そういうツーショットを何度も見たのを覚えています。

 

 

途中で、フルーツを買いました。

IMG_1494 (1024x682)

ラズベリーとブルーベリーが1パックで1ユーロってちょー安くないですか。

ブルーベリー大好きなので2パックも買ってしまいました。

 

 

あと帰る途中で、スケートリンクも見ました。

IMG_1495 (1024x571)

クリスマスマーケットにはこのスケートリンクも欠かせないですね。

 

あぁ、楽しそう。

クリスマスが近い。

 

 

宿に戻って、明日の予定に備えて、早々と眠りに就きました。

 

特に何もしてないけど疲れました。

気疲れがすごい。

ピーターめ。

おやすみ。

 

 

——————————

いきなり現実に戻りますが、もう5月も半ばですね。

早いものだほんとに。

のんべんだらりやってたらいつの間にか半年近くリアルタイムとの差ができてしまいました。

今クリスマスの話題って、時期外れにも程がありますね。すみません。

更新を怠っているというのも最大の理由なんですが、
なぜか遅々として日付が進まない不思議を何度も噛みしめています。

とりあえず目標は、次に日本を出発するまでには
第一陣の旅のブログを終わらせる、という低い志のもとで頑張っていきたい所存です。

まぁ、次の旅の出発が決まってるとか、そういうわけじゃないんですけどね。

気長にお付き合いくださいませ。
(何度この言葉を口にしたでしょう。笑)

いきなりですが、この記事の日付が200日目でちょうどきりがいいと思ったので
リアルタイムの心境までに。

敬具

——————————

 

今日も読んでくれてありがとう。
不遜でしょうか。あなたのクリックを今日もお待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

恐縮です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。