【スペイン・アルへシラス→モロッコ・タンジェ】 フェリーで国境を越える

【189日目~】
スペイン・グラナダ→アルへシラス(Algeciras)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

12月9日・10日

 

3泊滞在したグラナダを後にして、私はさらに南を目指して下ってゆきます。

 

向かったのは、アルへシラスという街です。

2014-03-20_120554

 

アルへシラスには、海を越えた向こうの国に向かうための拠点で立ち寄ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グラナダからアルへシラスまでは、バスで約4時間。

バス代は、当日購入で25ユーロ(約3,500円)です。

 

 

お昼頃に出発して16時頃、アルへシラス到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アルへシラスは、印象としては、なんだか物寂しいように感じました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

シャッター街じゃないけど、閉じてるお店、建物が多かったし、
人もまばらで、なんだか少し廃れてるような感じを受けました。

でもまぁ、私、アルへシラスのほんの端っこしか見てないんですけどね。

 

しかも、この時、私がスペインに来てから初めて曇ってたっていうこともあるかもね。

 

 

 

アルへシラスにはホステルがなくて、ホテルという選択肢しかありませんでした。
でも個室の最安が18ユーロだったりします。

なので久しぶりに個室に泊まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろんトイレ・シャワー込みのシングルで18ユーロ(約2,540円)です。激安。

 

快適でした。

気兼ねなくすっぽんぽんになれるし、物とか広げ放題だし、
ドミもまぁいいけど、やっぱりたまに個室に泊まりたいですね。

 

 

部屋に着いてチェックインして荷物を置いたら、早速フェリー乗り場へと向かいます。

 

私はこの後、フェリーに乗って、ジブラルタル海峡を渡ってモロッコへと向かう予定です。

 

2014-03-21_112242

 

ちなみに、私が泊まったホテルがある周辺は、ホテル街になっていて、たくさんのホテルが並んでいました。

 

 

宿からフェリー乗り場まで10分くらい歩きます。

 

【注意】
フェリー乗り場に向かう途中で、男数人で客引きをしている人たちがいます。
フェリー乗り場だけじゃなく、この辺りにはたくさんのチケット手配をしている窓口がたくさんあるので
それらの客引きだと思います。
そちらの方は覗いてないので、値段の方は分かりませんが、注意が必要かもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大きな通りを渡ると、このような建物が見えてきます。

この手前にある建物もチケット売り場だし、奥にある建物もチケット売り場です。

とりあえず奥の建物を目指します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらにもたくさんの窓口が並んでいます。

真ん中にあるインフォメーションで、モロッコ行のフェリーについて聞いてみました。

 

 

アルへシラスからは、モロッコのタンジェという所に向かうフェリーが出ています。

でもこのフェリーはタンジェ市内ではなく、東側に30kmくらい離れた「タンジェ・メッド」という所に到着するんです。

詳しくは、次回から始まるモロッコ編にて説明しますが、
つまり、アルへシラスからタンジェ・メッド行きのフェリーチケットしか購入できないというわけです。

 

2014-03-20_120955

 

ちなみに、スペインのもっと南に「タリファ」という街があります。

ここからフェリーに乗ると、タンジェ市内にある港に到着することができます。

他にもスペインの様々な港からモロッコ行のフェリーが出ているので、
スペインからモロッコに渡る方法は何通りかありそうですね。

 

 

 

アルへシラスからタンジェ・メッドに向かうフェリー会社は全部で4社ありました。

それぞれ出発時間が異なりますので、1時間に1本どこかしらのフェリーが出発しているという感じです。

 

 

問題なのは、窓口によって値段が違うということです。

窓口によって5ユーロぐらい違ってたりしますので、自分であちこちの窓口を聞きまわれば最安値を見つけられるかもしれません。

 

あともう一つ、大きな問題があります。

今が時期的にどういうものなのか分からないんですが、
天候によって、フェリーの運航が中止になることが度々あるそうなんです。

実際、掲示板に3つくらい運航中止の知らせが流れていました。

 

 

なので私は、出発時間と料金だけを確認して、
チケットの購入は翌日の朝、出発前に買うことにしました。

 

私は事前にネットでチケットの相場を確認していたので
それと同じくらいか下回っている値段で売ってる窓口を探しました。

見つけたのは、手前にあったチケット売り場の中の窓口の一つです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

たしか、この写真の奥の方、出入口から2番の窓口だったと思います。

こんな笑顔の素敵なおじさまがいらっしゃいます。笑

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私はスペインに戻ってくる予定だったので、往復チケットを買いました。

アルへシラス・タンジェ間のオープンチケットで、34ユーロ(約4,800円)です。

片道だといくらなのか分からないです、すみませぬ。

 

 

 

そんな訳で、翌日の話。

 

窓口で往復のチケットを購入して、奥の方の建物に向かいます。

1階にチケットカウンターやらインフォメーションがある、あの建物です。

そこから2階に上がります。

2階へは、向かって左右にエスカレーターがあって、上れるんですが、
左側のエスカレーターに乗りましょう。
右側のエスカレーターは違う行先のフェリー乗り場です。注意。

 

2階に上がると、奥の方にこのようなカウンターがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここがチェックインカウンターになります。

こちらに窓口でチケットだと言われた紙を提示すると、搭乗券がもらえます。

 

 

そして時間までここで待機します。

 

私は10時発のフェリーに乗るはずだったんですが、
なぜか10時を大幅に過ぎても一向に案内がなくて、
結局10時半過ぎにやっと搭乗することができました。

 

まず搭乗券と荷物チェックがあって、
イミグレーションを通ってスペインを出国します。

 

そしてまたしばらく待たされて、いよいよフェリーに乗り込みます。

 

この時、もう既に11時になっていました。

 

フェリーの中に入ると、入り口辺りに入国カードみたいなものがあるので、
それに書き込んでいきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

右側の方に進むと、窓際にずらっと人が並んでいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらで、モロッコ側の入国審査が行われて、スタンプを押してもらえます。

 

ちなみにこの時、まだフェリーは動いていません。

12時近くになってようやくフェリーは動き、そしてようやくイミグレ(?)が開きます。

 

 

ここで一つ注意です。

モロッコのタンジェ・メッドまでは、約2時間。

入国審査はこの船の中で済ませなければなりません。

時間になるとこの簡易イミグレは閉じてしまいます。

イミグレを通らずにモロッコに着いてしまうと不法入国です。

なので、フェリーに入ったらまず入国審査を終わらせてしまいましょう。

 

10時発のフェリーに乗ろうと思ってたんですが、
11時発のフェリーになってしまったようです。

そのフェリーも遅れていて、結局は12時出発という形になってしまいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そんな訳で、特になんの問題もなく、モロッコの入国スタンプをいただき、
まだ着いてないけど、無事モロッコ入国です。

 

 

その日は天気が悪く、かなり揺れた船の中、
もう既に遅いけど、酔い止めの薬を気分転換として服用して、揺られること2時間半。

(2時間くらいの予定なんですが、海が荒れてたからか遅れてました。)

 

 

いよいよモロッコに到着します。

初めての北アフリカの大地です。

 

次回から、モロッコ編に突入します。

インド、エジプトと並ぶ「世界三大ウザい国」に認定されてるらしいモロッコ。
雑貨が可愛いという評判のモロッコ。
砂漠がある国モロッコ。

あぁ、楽しみですね~。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してます。
良かったらうさぎちゃんバナーをクリックしてください。
応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す