グラナダの魅力その3★ 小さくて多様な街

【187日目】
スペイン・グラナダ(Granada)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

12月8日~

 

 

グラナダの街の魅力をお伝えするコーナー第3弾です。

 

白い街とカラフルな街をお届けしましたが
今回はセントロを中心にグラナダの街をご紹介します。

 

IMG_0638 (1024x669) IMG_0668 (1024x678)

 

スペイン南部一番の観光地グラナダ。

 

IMG_0664 (682x1024)

 

この辺りは、観光地の拠点になるのでホテルやお店、レストランなどたくさん軒を連ねています。

 

 

その中で、アルバイシンの丘に続く細い細い路地があります。

この路地に一歩入ると、「あれ、ここどこ?」と思うくらい、いきなりスペイン色がなくなります。

 

IMG_0658 (655x1024)

 

どちらかというと、私が今まで訪れた国の中では、トルコに似た雰囲気でした。

 

IMG_0654 (1024x682)

 

土曜の夜にここを歩いた時は、先に進めないくらい
人がびっしりと埋まる、大変な混雑具合だったのを覚えています。

 

IMG_0660 (1024x665)

 

お土産物屋さんがずらーっと並んでいて
店番をしている人がほとんど男性の方ばかりでしたが
トルコ人のような中東人のような、濃いスペイン人のような印象でした。

 

IMG_0639 (1024x601)

 

ムスリム地域にみられるこの独特の色使いの雑貨。

やっぱり可愛い。ああ、欲しい。

 

IMG_0661 (1024x682)

他では類をみないデザインの上着。

可愛いけど、私には着る勇気がありません。

IMG_0662 (1024x626)

 

 

そしてスペイン、アンダルシアといえば、あれよね、あれ。

 

IMG_0671 (723x1024)

 

フラメンコ。

路上でもフラメンコのパフォーマンスする人たちがいました。

 

IMG_0667 (1024x681)

 

家族ご一行様。
父がギターを弾き、母がカスタネットを叩き、姉が舞い、弟が歌う。

この周りにはすごい人が見物していました。

女の子の力強い舞いと表情に拍手です。

 

 

本格的なフラメンコも観に行ってきました。

 

IMG_0689 (1024x682)

 

グラナダにはあちこちに、こういったフラメンコのショーを観れる、レストランやバーがたくさんあります。

それぞれ入場料が異なってきます。

私は、小さなバーでやってたフラメンコショーを観たんですが、入場料が6ユーロ(850約)で
ドリンク代やご飯代は別料金になります。

 

こちらのショーは、最初の30分間はギターと女性の歌があって、その後ダンサーが登場する流れです。

短い休憩をはさんで50分くらいのショーだったと思います。

フラメンコはすごい力強くて迫力がありました。
歌は、女性のハスキーな声にすごくソウルを感じたんですが、高音がつらそうでした。笑
ギター弾きの人は指使いがすごくて、無知の私でも凄いことがひしひし伝わりました。

個人的に、一番見応え(聴き応え)があったのはギター演奏でした。

 

IMG_0695 (1024x682)

宿で一緒になったおばちゃんと観に行きました。

一人でスペインを周ってるんだって。元気だねー。
しかもフィリピン人なんです。

それで意気投合してしまったのですよね。

 

 

 

最後に街のあちこちに描かれてた絵。

 

IMG_0785 (748x1024) IMG_0793 (868x1024) IMG_0797 (1024x690)

 

センスを感じますね。

ただの落書きなのか、はたまたわざと書いたデザインなのか。

にしてもクオリティ高すぎ。

 

 

と思ったら、こんな街角も。

IMG_0804 (1024x663)

 

こうしてみると、やっぱり落書きって嫌ですね。

書くなら見栄えするものを書いて欲しいと近隣住民も思ってる、
かどうか分からないけど、私はそう思う。

 

 

そんなわけで長いグラナダ紹介は以上となります。

小さくて見どころがたくさんあるグラナダ、
スペイン南部にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

素敵な街ですよー!

 

 

 

グラナダ編長くなりました。

次回、更に南下し、海を越えて次の国へと向かいます。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してます。
良かったらうさぎちゃんバナーをクリックしてください。
応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。