マドリードへ。なかなか出会えないホスト。

拝啓 読者の皆様

お待たせしております。
旅ブログ再会します。

いつもご愛読ありがとうございます。

皆様を楽しませるような、そして微力でもお力になれるようなブログを目指して。

ジーナリン

 

 

 

【184日目】
スペイン・マドリード

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

12月5日

 

■スペインからマドリードへ

 

さて、ちょっとのんびりしすぎたかなー?と思ったバルセロナを後にして、
次に向かうのは、スペインの首都マドリードでございます。

 

バルセロナからマドリードに向かう方法として
一度ネットでスペインの列車について調べて見たんですが、
スペインの鉄道HPで値段を確認してみたら何と1万円以上もしました。

 

ちゃんと特急じゃないローカル線を調べられたのかよくわかりませんが、
ずっと前に予約しておかない限り、最安値は1万円近くだったので
スペイン列車移動は断念します。

 

そんなわけで、残る方法はバスになりますね。

 

まず、バルセロナの北バスターミナル(Estacio de autobusos Barcelona Nord)に向かいます。

 

切符売場は2階にあります。

IMG_0560 (800x533)

 

スペインには何社もバス会社がありますが、このALSA社が一番の大手なようです。

このバスターミナルにはこのALSA社の窓口しかありませんでした。

 

IMG_0561 (800x533)
バスターミナル。

 

バスチケットの料金は、前日購入で、32ユーロ(約4,500円)

た、高い・・・(T_T)

 

ちなみに本数が結構ありました。
1時間に1本は出てたんじゃないかな。

 

あと、出発時間によって値段が少し違っていたので、要確認です。

 

バルセロナからマドリードまでは約7時間半。

結構かかるんですね。

 

本当は昼間のバスで行こうと思ってたんですが、
満席の時間帯があって、都合のいい時間のバスがなかったので結局、深夜バスを選びました。

 

 

23時発のバスだったので、あまり遅くない時間まで宿に居させてもらって
19時頃、バスターミナルに向かいました。

出発時間までのんびりします。

 

あと数分で出発時間になろうとしてるので、掲示板を確認します。
マドリード行きのバスが4つくらいあってどのバスが自分のか分からない。

 

聞こうとしても、スペイン度で返される。

英語で聞く(スペイン語力0の私)→相手にされない。

 

こんな感じ。

 

ま、なんでか知らないけど、なんだかバスターミナルすごい混んでたんですよね。

よく見たらマドリード行きのバスが2つしかないはずなのに4つあるのは
30分前に出発するはずのバスがまだ出てなかったからなんですね。

そして4つあるバスにお客さん混乱で、さらに場が混乱っていうね。

 

 

思い返してみると、
これから先に待ち構えているとある悲劇はこの時から始まっていたのだな・・・(イミシン)。

 

 

そしてスペインの夜道を走ること約7時間と少し、マドリードバスターミナルに到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マドリードには大型のバスターミナルが複数あります。

行先によってチケット購入や出発地が異なってくるので注意です。

 

 

 

■マドリードでカウチサーフィン

 

マドリードに到着したのは早朝6時。

マドリードでの宿はカウチサーフィンを予定しています。

 

数日前にマドリードの宿を調べてみたのですが、安宿がちっともなくて驚いてしまいました。

軒並み20ユーロ以上しかなかったので、
意を決してこの旅2度目のカウチサーフィンに挑むことにしました。

 

前回、初めてのカウチサーフィンは正直、
どちらかといえばほろ苦いものであったので、今回はリベンジのつもりです。

 

*前回のカウチサーフィンの様子→「バーリで初めてのカウチサーフィン。

 

今回のホスト先が決まったのは、実は前日と、ギリギリになってしまって、
待ち合わせ場所等何も決めておらずここまで来てしまいました。

午前中にマドリードに到着する旨だけ伝えてあったので、
もう少し時間が経ってからホストに連絡を取ってみることにしました。

 

このバスターミナルではWifiがなかったので、
とりあえずメトロに乗って街の中心地らしき場所に向かいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メトロ1回券1.5ユーロ(範囲限定)。

キレイなメトロでした。

 

 

街をぶらぶらしていると、スタバを発見したので入店。

 

ちなみに、無料Wifiが使えるお店といえばスタバかマクドナルドですよね。

マックの方が安い単価で利用できて、そっちを利用する人の方が多いんですが、
私はたいていスタバを利用してしまいます。

 

マックがあまり好きじゃないというのが一番の理由です。

2番目の理由は、マックは時間制だから、というのもあります。

あまり利用しないのでよく分かりませんが、30分間だけ使える、とかそういうイメージです。

 

 

2時間以上まったりして、さっそくホストに連絡しました。

 

なかなか返事が来ず、やっと来た返事は

「仕事が忙しくて抜けられない。お昼すぎに、そのままマンションに向かって欲しい」

とのこと。

 

マンションの場所を尋ねるメールを送り、お昼までは時間があったので、
先にそちらの用事を済ませようと、メールの返事を待つことなく、一旦スタバを後にしました。

 

 

この時の用事というのは、
明日向かう場所行きのバスチケットを買うことです。

先ほどいたバスターミナルではチケットが買えなかったので
別のバスターミナルに向かう必要がありました。

詳しくは今後の記事にて。

 

 

 

■なかなか出会えないホスト。

 

そんなこんなで無事バスチケットを買い、
ホストからのメールを確認するためにまたWifiを探します。

 

でもバスターミナル近くにはWifiの使えるお店がない。

Wifiを求めてあちこちぶらぶら歩くこと約40分(ちなみに全荷物持ち運び中)。

 

やっとWifiの使えるカフェ発見。

 

しかしメールを確認してみても新着なし。

あら。

 

 

しばらく待って、お昼近くになってようやくメールが来ました。

マンションの住所と、電話番号が書かれていて、
マンションの下に着いたら電話してほしいと書かれていました。

 

住所をGoogleマップで検索して目星をつけて、そちらに向かいます。

 

 

そして地図が示す場所にたどり着いてみるも、目の前に広がるのは公園。

あれ。

 

周りを見渡して、マンションらしき建物を探すも、周り、マンションだらけ。

あら。

 

参った。

 

しかも通行人もあまりいない。

 

とりあえずホストを呼び出そうと公衆電話を探して歩き回りました。

歩き回りました。

 

公衆電話、ありません。

代わりにスタバを発見しました。

 

この日3杯目のコーヒーを飲みながら、ホストにメールを送ります。

 

時刻は既に14時半。

 

すぐさま連絡がつき、待つこと30分。

 

スタバにて、やっと、やっと、やっとカウチサーフィンのホストと対面することができました。

 

 

あぁ、やっと会えた。

 

あぁ、もう1日終わっちゃった・・・。

 

 

 

■2度目のカウチサーフィン

 

「なかなか来ないから心配したよ。いらっしゃい」

と出迎えてくれたのは、体格のいい妙齢の紳士的なおじさま、デイビッド。

 

プロフィールでは40代とあったんだけど、
髪の毛の色がシルバーだからかもっと年上に見えました。

 

さっそく彼の自宅にお邪魔しました。

 

IMG_0595 (800x533)

 

デイビッドの部屋は高層マンションの、何階、かは忘れちゃったんだけど、
かなり高い所にあって、ご覧のとおり、見晴らしは最高。

 

お互いに自己紹介しあった後、
デイビッドはまだ仕事が残ってるらしく、自分の仕事場に戻っていきました。

ちなみにデイビッドは自宅で働いてます。

 

「夜行バスで来たんなら疲れてるでしょ。出かけないなら部屋で休んだら?」
というデイビッドの親切に甘えて横になることにしました。

 

 

今日は本当に疲れた。

 

 

夜行バスではほとんど寝れないし、マドリードに着いてからも
ずっと重い荷物と一緒にたくさん歩き回ったから、心身ともにくたくたです。

 

カウチサーフィンは1泊しかお願いしてないし、宿もないので
明日にはもうマドリードを出なければいけません。

せっかくマドリードに来たけど、特に何もせずマドリード滞在終わることになりそう・・・

 

 

前回のカウチサーフィンの経験でも痛感したんですが、
こうして誰かと待ち合わせしたりする場合、連絡手段を確保できないとかなりしんどいです。

カウチサーフィンを利用するなら、
やっぱりSIMフリーのケータイ電話があった方が絶対にいいなぁーと思いました。

 

 

 

数時間軽く寝て起きると綺麗な夕日でした。

IMG_0600 (800x524)

 

仕事を一段落させたデイビッドも出てきました。

 

デイビッド曰く、雲がないから今日の夕焼けは全然きれいじゃないね、って。

確かに、夕焼けはある程度雲があった方がキレイだよね。

 

毎日こんな景色が見れるなんて、うらやましいぞ、デイビッド。

 

 

その時、テレビを付けてみると、ちょうどブラジルW杯の抽選会が生中継されていました。

デイビッドと一緒に見守ります。

 

スペインは、前回敗れたオランダと同じグループになりましたね。
「リベンジできるぞ!」とデイビッドが燃えていました。

 

日本は、コロンビア、ギリシャ、コートジボワールがいるグループに入りました。

正直、強豪国でよく聞くような国名じゃなかったので、
「あれ、これってラッキーな組み合わせ?・・・なのかな?」と思っていると

「日本はイージーなグループに入ったね。良かったね」
ってデイビッドが言ってたけど、そうなのかしら?

 

あとでネットニュースとか見てたらそうでもなさそうね。

パラグアイは厳しいらしい。

なにより試合をする場所があまり良くないとか。

 

この時はまだ明確じゃなかったけど、
あぁ私ブラジルW杯、観戦する予定だったけど、このままだとできないだろうなーと思ってたので、
あまりスタジアムとかについてはどうでも良かったんですが
この時に南米を回ってる旅人たちは、きっとここを目指すんでしょうね。

 

あぁ、羨ましい・・・

みなさん、治安に気を付けて。

 

 

サッカーの話で一通り盛り上がったところで、デイビッドと一緒に夜の街に繰り出します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デイビッド。

 

 

 

ちょっと長くなってしまったので、続きは次回。

デイビッドの仲間と夜遊びした話、お届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加中。
うさぎちゃんバーナーをクリックするとブログ村に飛びます。
ページが開いたら投票完了です。
押すだけ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

コメントを残す