【イスタンブール】街は変わる、人も変わる。

【179日目~】
トルコ・イスタンブール(Istabule)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月30日~12月1日

 

 

ソフィアから向かったバスは、18時にバスターミナルに到着しました。

バスターミナル付近に近づくと、バスは2回停まります。

 

1度目はちょっと場所が不明なんですが、バスターミナルの近くです。

ちらっと聞いた噂によると、その辺りから街の中心地に向かう無料のミニバンがあるらしいとのこと。
詳細不明。誰かがちらっと言ってたような。言ってないような。
うん。

 

そんなわけで、一度目の停車はスルーして、再びバスは停まりました。
バスターミナル到着です。

トルコでは、バスターミナルのことを「オトガル(Otogar)」と言います。

 

ここは、楕円の形をした巨大バスターミナル。
ぐるっと囲んでるのは全部バスの窓口です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このバスターミナルの真ん中に「OTOGAR」というメトロの駅があります。

この楕円の中央を横切るように、レストランやお土産物屋が所狭しに入った建物が横長く続いてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

昨日の夕方にブダペストを出てから、
丸1日水と小さいお菓子しか食べてななかったのでもう腹ペコすぎて死にそうです。

でもトルコの通貨、リラをまだ持ってないので、
恒例のATM探しに奔走します。

 

このレストラン・お土産物屋群をずーっと奥まで歩いて端っこで見つけました。ATM。
両替所もありました。

方角的に、北の端っこにATMがあって、南の端っこにメトロ乗り場があります。

 

お金も手に入れたし、早速頂きましょう。

 

ケバブ♡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

建物を縦断してくるまでに何度この誘惑を振り切ってきたか。

 

久しぶりに食べる本場のケバブ。

お腹が盛大に減ってたこともあって、もう最高に美味しかったです(*´▽`*)

しかもこのケバブ、チキンなんですけど、
西欧から来た私からしたらびっくりするくらい安くて、
この旅何度目かの「物価の安い国って最高(´ー`)」という思いにかられました。

 

ケバブとドリンクとチャイで、6.5リラ(約280円)。

 

しかも、ちょっとドライなイメージを持ってしまった東欧に比べると
このイスタンブールの雰囲気はどこかアジアを感じさせるもので、
なぜだか妙にほっとしたのを覚えています。

 

最後にチャイを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あぁ、トルコチャイ。美味い。好き。

あぁ、色んなこと思い出すわー(´ー`)

 

 

お腹も満たされたことろで、そろそろ宿に向かいます。

 

もう暗くなってたし、本当は一刻も早く宿に向かいたかったんだけどね。
お腹減り過ぎて倒れそうだったからね。

 

まずは、トラムの切符を買うんですが、切符がプラスチックのコインでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メトロ1回券3リラ(約135円)。

宿までメトロを乗り継いで行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乗り換えるとまたメトロコイン買わなきゃいけないのね。めんどくさいのね。

 

18時過ぎのメトロは混み混みでした。

メトロから眺めるイスタンブールの街は、懐かしさと違和感が残るものでした。

 

 

 

■イスタンブール街歩き

IMG_0310 (1024x682)

 

3泊4日滞在したトルコ・イスタンブール。

 

実は、私トルコは2回目の訪問です。

 

大学3年の夏に、初めての本格的な一人旅をしたのがここトルコ。
たった10日間のトルコ周遊でした。

 

テレビで見てからずっと憧れつづけた「カッパドキア」に行くのが一番の目的でした。

イスタンブール、カッパドキア、サフランボル、アンカラを訪れました。

 

イスタンブールは、アジアとヨーロッパの文化が融合した魅惑的な街。
カッパドキアは、憧れたままの壮大で神秘的な自然の造形物。
サフランボルは、時がゆっくり流れる癒しの街。
アンカラは、とある外国人に求愛され、サバサンドを食べた街。笑

 

 

だから今回は、まだ訪れてない地中海方面のパムッカレやイズミルの方に行こうと思ってたんですが
例のごとく、行く時間がありませんでして、今回はイスタンブールのみのトルコ旅行記です。

 

 

そんなイスタンブールの2度目の街歩き。

 

 

新市街と旧市街を結ぶ橋。

IMG_0318 (1024x682)

ここはなにやら、釣り人のメッカのようです。

両端にずらーっと釣竿を垂らした人が陣取っっております。

 

 

ちなみにこの橋の下は、レストランが軒を連ねております。

IMG_0501 (1024x682)

ここで美味しいサバサンドが食べられるらしいですよ。

 

メトロが駆け抜ける街。

IMG_0370 (1024x682)

 

 

メイン通りの喧騒から外れる静かな街並みも。

IMG_0430 (1024x682)

 

 

新市街から旧市街を眺める。

IMG_0517 (1024x666)

 

 

横に並んで建てられているブルーモスクとアヤソフィア近くの路。

IMG_0353 (1024x682)

 

その近くのレストラン街。

IMG_0367 (1024x682)

観光客が沢山。

 

そして近くにいた猫♡

IMG_0425 (1024x682)

世界各地に猫っているけど、アジアの猫ってみんな細くてガリガリなのに対して
この辺の猫はふっくらしてるのね。

 

 

新市街地区にある広い通り。

IMG_0516 (1024x656)

新市街の写真、そういえばほとんど取ってないけど、
雰囲気とかはこっちの方が好きだったかも。

ガラタ塔に続く道は石畳で、細い路の両脇をお洒落なお店が連なったり感じね。

 

 

 

■あれ、イスタンブールってこんなんだったっけ?

 

さっきも書いたけど、私、イスタンブールは2回目なんです。

 

約3年前に訪れたイスタンブールの雰囲気は、「文化が溶け合ってる」という感じがして
すごく心惹かれたのを覚えています。

 

程よく喧騒に包まれてる感じとか
イスラム文化な感じとか
大勢の旅行者が道を行き交う感じとか
見るもの全てが新鮮で興味深くてずっとワクワクしてました。

 

でも、3年ぶりの2度目のイスタンブールは、なんか様子が違うように感じました。

 

IMG_0487 (1024x678) IMG_0484 (1024x657)

 

「あれ、イスタンブールってこんな感じだったんだっけ・・・?」

と何度も首を傾げたような気がします。

 

IMG_0324 (1024x664)

 

以前と比べて受ける印象が違うのは、街の雰囲気が変わったからなのか
私があの時とは違う気持ちで、違う目線で、街を見ているからなのか。

 

その両方だったような気がします。

 

IMG_0446 (1024x682) IMG_0444 (1024x682)

 

たった3年だけど、街の様子も移り変わっていきますよね。

実際、「あ、この道広くなってる・・・」とか思ったような気がします。

 

 

内面の方も、あの時とは、経験値や物の考え方が変わってきたようにと思います。

 

同じ物を見て抱く印象もきっと変わってるだろうし、
一つ一つの出来事に対しての感じ方も変わってきました。

 

例えば、3年前は止まない客引きの声にイライラしてしょうがなかったのを覚えています。
声をかけられるのが嫌でしょうがなかったから、イヤホンを耳にさして散歩したものです。

今はその客引きを軽くあしらう術を覚えたし、
なんなら客引きと楽しく会話しちゃうような心の余裕も出てきました。

 

 

そういう内面の変化は、良い面もあれば残念な面もあると思います。

 

前は何を見ても感動して、興味津々に見ることができました。

今でももちろん、ワクワクする心は持ち続けているつもりでも
どこかその度合いは低くなったような気がします。

 

「あれ、どっかで見たことあるなー」とか「何々と似てるなー」とか「どこどこと比べてどうだなー」とか

そういう冷静な視点を得られたのは一つの宝物ではあるけど
“無邪気な気持ち”というのが、なんだかどこか遠くに行ってしまったような心地がしました。

 

いわゆる”旅慣れ”であるとか、”マンネリ”とは違う、上手く言葉にできない気持ちです。

 

でも以前よりも多くの”気付き”があるのも事実なわけで。

 

IMG_0451 (1024x682)

 

 

街の変化と心の変化。

なるほど、旅を繰り返す魅力はここにもあるんだね。

 

 

そんなことを思った、3年ぶりの2度目のイスタンブール。

 

 

おっと、まとめに入っちゃってますが、トルコ編まだ続きます。

 

次回、イスタンブールを観光した話、ブルーモスクとバザールの写真を主にお届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。

ブログランキング参加してます。
バーナーをクリックするとブログ村に飛びます。
色んな方の世界一周ブログが読めます。
クリックするとポイントが入る仕組みです。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

――――――――――
リアルタイムはコスメル島からトゥルム(Turum)に移動しました。
楽園コスメル島、最高に楽しかったです。
再訪を誓った場所の一つですね。
皆さん、楽しい時をありがとうございました。
そしてトゥルムでは晴れ待ちをしています。
早くセノーテが見たーい(^O^)/
――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。