この盗難が旅で一番ショックだったかも・・・

【179日目】
ブダペスト→ブルガリア・ソフィア→トルコ・イスタンブール

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月29日

 

■ブダペストからソフィアへ

 

さて、2泊3日のブダペスト観光を終えて、次に向かう先はトルコ・イスタンブール。

2014-01-26_235451

地図で見ると、ブダペストとイスタンブールめちゃめちゃ離れてるのね。

 

本当はその途中にあるセルビアのベイグラードやブルガリアのソフィアに寄ろうと思ってたんですが
イスタンブール発の飛行機チケットを購入済みで、もうその出発まで日がなかったので、
その間は抜かして一気にイスタンブールに行くことにしました。

 

ブダペストからイスタンブールまでは、早めにチケットを押さえておけば
実は3,000円くらいのフライトがあったんですが、私が見た時は1万円からしなかったので
長時間かけて、陸路移動することにしました。

 

ブダペストからイスタンブールまでの直行バスはなく、
ブルガリアのソフィア行きしかありませんでした。

ベオグラード行きのバスがなかったんですよね。なぜか。

 

そんなわけで夜行バスでソフィアへと向かいます。

ソフィア行きのバスチケットは当日、バスターミナルの窓口で購入しました。
片道11,250フォリント(約5,160円)

 

18時にブダペストを出発。

21時半頃にセルビアに入国するためイミグレーションを通ります。
一度全員バスから降ります。

夜中4時頃、セルビアを出てブルガリアに入国します。
ここでも全員バスを降りてイミグレーションを通ります。

 

眠いし寒いし、つら・・・

 

その後しばらく走り、ソフィアには朝5時半頃に到着しました。

ここで時差が生じるので、時計が1時間進んで、
つまりソフィアには朝6時半に到着です。

 

 

■極寒!!ソフィア!!

 

バスが到着した時、まだ真っ暗でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「ソフィアに着いたら朝一のバスでイスタンブールに向かおう」
としか決めてなくて、何の情報収集もしてなかったのでちょっと困ってしまいました。

 

なぜなら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(;゚Д゚)

 

えっと、キリル文字って言うんですかね?こういうの。
ブルガリアやロシア語などのスラブ系民族はキリル文字を使うんですね。

 

なんか・・・顔文字とかでしか見たことない文字が・・・(;゚Д゚)笑

 

まぁ、そんなわけで
「あれ、どうしよ。イスタンブール行きのバス、どれ??」
ってなったわけであります。

 

まだほとんどの窓口が閉まってる中で、1つ2つ開いてる窓口に聞いてみる。
結果、イスタンブール行きのバスを扱ってる窓口がいくつかあるらしいけど、
まだ開店までは時間がある。

 

7時を過ぎてぽつぽつと窓口が開きはじめます。
英語で「ISTANBUL」と書かれている窓口を見つけたので入ってみました。

 

でも、そこでは午後に出て夜着くバスしかありませんでした。

 

せっかくだからソフィア観光もしようかなーとも一瞬思ったけど
こんな寒いソフィアから一刻も早く出たい!気持ちが勝ります。

 

バスターミナルのすぐ隣が列車の駅だったので、そっちも確認してみることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
駅構内。激寒。

 

窓口が今いちよく分からなくて、途方に暮れてたんですが
なんと無料Wifiが飛んでることに気づいて、それで情報収集しました。

 

よく分かんないけど、なんか電車は1日に1本?とかしか走ってないみたい。
しかも高そう。

列車で国境越え。
めっちゃ面白そうだけど、ぼつ。

 

ネットで調べてみると、どうやら「Metro」というバス会社が
頻繁に出ていて、しかも一番安いみたい。

とりあえず、Metroの窓口を探してまた極寒の中を歩きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスターミナルと駅の間にあるツアー会社の集まりみたいな所をトボトボ歩いていたら
お姉さんに英語で話しかけられました。

英語が通じるー良かった!

 

「イスタンブール行きのバスを探してる」って言ったら
その人はツアー会社のスタッフだったみたいで、
ぱちぱち、っとあっという間にバスのチケットを手配してくれました。

 

 

■今になって気付く。大切なものが盗まれてました。

 

バスの料金の支払いが、ユーロか、ブルガリアの通貨、レフ(複数形はレヴァ)か、カード。

カードだと手数料がかかっちゃうので、現金にしよう。

この中継としてしかブルガリアにはいないので、ユーロで払うことにしました。

 

そしてこの時になって気付いたんです。

 

「あれ・・・・ない。」

 

 

私は、これまでの旅で訪れた国の紙幣をコレクションしていました。
全ての紙幣とはいわないけど、たまたま手に入れたピン札やキレイな紙幣を集めていたんです。

 

ちょっと、クロアチアのクーナだけおばかやっちゃって逃しちゃったんですが
それまで訪れた18ヶ国を制覇してたんです。

 

手持ちのユーロがなかったので、まだこれからユーロ圏に行くし
取っておいたユーロで払おうと、その紙幣コレクションの入った財布を出したんですね。

 

そしたら、その札束が異様に薄いなぁーと。

 

あれ。

 

あれあれ??

 

 

IMG_6583 (800x531)

 

とりあえず取っておいたはずのピン札ユーロがなかったのでカードで払いました。

 

後でゆっくりと紙幣コレクションを確認します。

 

そしたら、消えてるじゃありませんか。

いくつかの国の紙幣が。

 

あったはずの紙幣が消えてたのは、
ユーロ
チェコ・コルナ
ベトナム・ドン
ラオス・キープ
カンボジア・リエル
ミャンマー・チャット
インド・ルピー
ネパール・ルピーでした。

 

幾つかの単位のものを何枚か持ってたので壊滅ではなかったんですが
たった1枚しか取っておいてなかったものは全滅。

 

なんでー!?なんでよー!!???

 

 

実は、あたし、ブダペストの宿で現金を盗まれてるんですね。

気付いた時には、その時財布に入れてたユーロとハンガリー・フォリントの紙幣を全て盗まれてました。
その時の被害総額は約1万円くらい。

 

やられたー(゚д゚)!と思ったけど、
実は盗まれたことに気づいたのもじわじわっていう感じで。

「あれ、あたしもうお札使い切ったんだっけ・・・?・・・あれ?」
というような半信半疑の状態だったので、そこまでダメージは大きくありませんでした。

 

盗まれた時を考えてみても、一瞬(いや、2,3時間くらい?)貴重品から目を離したスキだから
「むー、犯人のやつ、やりよるな(;´Д`)」ぐらいの気持ちで。

 

まぁ、一瞬でも油断してたことは猛反省しましたが。

 

1万円は大金だけど、旅が続けられない程の大金じゃない。

このぐらいで済んで良かったなーと逆にほっとしたものです。

 

そしてこの紙幣コレクションが盗まれたのも絶対この時なんです。

 

まじで。

まじで、犯人。

カバンの奥に入れてた薄っぺらい財布を引っ張りだして、さらに選別して盗むって。

なんなんですか。

冷静すぎ。

 

ユーロとフォリントはまぁ、しょうがない。諦めるよ。

でもさ、なんで?

なんでアジアの貴重のピン札盗むかな?

 

上で挙げた紙幣は盗まれてたけど、
タイ・バーツやマレーシア・リンギットは無事だったんですよ。

ただ、ベトナム・ドンとミャンマー・チャットとラオス・キープが
根こそぎ取られちゃってね。

なんでこれ?って思って、よくよく考えてみて、もしかして?と思い至りました。

 

3ヶ国ともね、0の数が多いんですよ。

例えば、100円=20,000ドン。

 

きっと犯人は桁数が大きいから、高額紙幣だと思ったわけんですよ。

おばかー(´゚д゚`)そんなん数百円の価値じゃー!!!

 

あぁ・・・価値が分からないなら、盗るなよ・・・(T_T)うぅー。

 

この紙幣コレクションを盗まれたって気付いてから、
ガチで3日くらい引きずって、気分が上がりませんでした・・・orz

 

 

■ソフィアからイスタンブールへ

 

そんなわけで私は、私が向かったのはトルコ・イスタンブール。

ソフィア発イスタンブール行きのバス。
46.50レバ(約23ユーロ/約3,300円)

バスの詳細はこちらで→「METRO」ホームページ

 

メトロのバス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
座席にテレビ付。
快適でした。

 

ソフィアは雪でした。
本当に寒かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪景色見てたら、地元の会津を思い出して少しだけホームシック。

 

バスは9時に出発し、
13時半頃にブルガリアとトルコの国境に到着します。

 

全員バスを降りてイミグレーションを通ります。
一度荷物出して、荷物検査を受けました。

イミグレーションと言っても、室内に行くわけじゃなくて
イメージは高速道路の料金所。

あんな感じで、窓口に一人ずつ身分証明書を提示していきます。

だから待ってる間は、死ぬくらい寒かったです。

 

この国境での荷物検査は時間がかかると聞いていましたが、
みんなが凍えているのを察したのかなんのか、荷物検査もあっさり終わった感じでした。

 

そうして国境を越えたバスは、17時半頃イスタンブールに到着しました。

 

 

そんな感じで、
次回、トルコ・イスタンブールに到着した話と、ひたすら落ち込んだ話をお届けいたします。笑
 

今日も読んでいただいてありがとうございます。

ブログランキング参加してます。
よろしければ応援ポチしていただけると嬉しいです。
うさぎちゃんをクリックするとブログ村に飛びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

――――――――――――――――――
リアルタイムはメキシコ・コスメル島(Cozmel)
毎日シュノーケリング三昧。
最高です。幸せです。
ありがとうございます。
―――――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。