「ドナウの真珠」ブダペストの素敵な夜景。

【175日目~】
チェコ・プラハ→ハンガリー・ブダペスト(Budapest)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月26日~28日

 

■プラハからブダペストへのバス

 

ブダペスト行きのバスチケットは、プラハのバスステーションにて購入。
「Student Agency」社利用で、450コルナ(約2,250円)

こちらも通常価格よりも、ユース価格(25才以下)にて10%くらい割引してもらってます。
窓口で買ったけど、この時も年齢は自己申告で証明を求められませんでした。

 

ユーロライン社もあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プラハのバスターミナル(Pragua UAN Florenc

 

 

どのくらい走ったかもう覚えてないんですが(すみません)
朝出発して午後にブダペストに到着しました。

バスは、どこかの通りの途中で停まって全員降ろされます。

 

周りを見渡すとちょっと離れた所に大きな建物があって
上に「FERENCVAROS」という大きな看板が見えると思います。

それがブダペストの主要駅です。
そこから電車・地下鉄に乗って宿に向かいます。

 

 

 

■ブダペストの最初の印象は

 

その駅にバスターミナルも併設されてるので、まずそこに向かいました。

ブダペストの後、トルコに一直線に向かいたかったので、
バスが出ているのか確認しに行きました。

インフォメーションにはおばさまがいらっしゃったんですが
なんだかご機嫌ななめ。

 

英語をドヤ顔で言ってくるあたしにイライラしてるみたいです。

すみませんね、ハンガリー語できなくて。
やたら突っかかって来る言い方だったけど、とにかくイスタンブール直行バスがなくて、
とりあえず、ブルガリアで乗り換えるんだということを確認して
バスターミナルは後にします。

 

 

地下鉄に乗る前にハンガリーの通貨、フォリントを手に入れるため、
ATMを探し回ったんですが、なかなか見つけられなかったので

駅構内のミニストアのおじさんに英語で「ATMはどこですか?」と聞いたのですが
こちらの開口一番に「No English」と一蹴されてしまいました。

 

まさかこんなに英語を拒絶されるとは思わなかったので
私は内心、参ってしまいました。

英語は万能だと思っていた私だけど、それって大きな間違いだったのかな・・・?

 

結局、ATMは近くで見つけることができたのですが、
インフォのおばちゃんに始まり、ミニストアのおじさんと続いて

「あれ・・・ブダペストの人たち、冷たい・・・?」
というイメージを持ってしまった一連の流れです。

 

 

何はともあれ、地下鉄に乗ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下鉄の切符はこの写真の奥に映ってる小さな窓口みたいな所で買います。

ホームに降りる前にこの改札らきし所で切符を通します。

ここを通った先にスタッフらしきおじさんたちが通せんぼしてまして、
ここで切符を通してないと止められます。

 

地下鉄は、その路線の最終目的を確認して、乗り込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下鉄の中。

ちょっと上手く伝えられないのですが、この電車の中、
めっちゃ「東欧」って感じがしました。

「あぁ、西欧から離れたなぁー」っていうか。

そういう空気感が漂っています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブダペストの一部の路線図。

結構複雑です。
何度か乗り換えて宿に向かいました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どの辺りか忘れちゃったけど、どっかのエスカレーターで
びっくりするくらい早いエスカレーターがあって、
久しぶりにタイミングを見計らってエスカレーターに乗りました。

降りる時も気を付けてないと危険です。

注意。笑

 

 

 

■ブダペストをちょこっと街歩き

軽くブダペストの街並みの写真。

ブダペストもヨーロッパらしい街並みでした。

もうね、ヨーロッパ調のこういう景色は散々見てきちゃったから
正直ね、もうなんの感慨もわかないですね。

「ヨーロッパ、もうお腹いっぱい」ってやつです(;´∀`)

 

IMG_0087 (800x533) IMG_0089 (800x533) IMG_0304 (800x533) IMG_0233 (800x533)

 

ブダペストは天気に恵まれたけど、相変わらずとっても寒かったです。

バスターミナルのおばちゃんの印象が残ってたから、
どことなく、ブダペストの人たちは天候共々冷たいなぁーというイメージを持ってしまいました。

残念です。

 

 

 

■ブダペストといえば夜景

 

ブダペストと言えば夜景ですかね。やっぱり。

 

宿でもブダペスト観光の見所を聞いたけど、
スタッフから教えてもらったのは「夜景」と「温泉」でした。

 

温泉というのは、日本のアレとは多分違って、
水着で入るような大きな温泉施設があって、そこも観光地となっています。

 

ブダペストは寒かったし温泉に入りに行こうかなーと思ったんですが
入場料が少し高ったのと、見ず知らずの人と水着で温泉はちょっと・・・
かと言って一人で行くのもちょっと・・・
ということで、今回は断念しました。

 

そして夜景ですね。

 

寒い中、女一人、カメラ片手に、観てきましたよ。

寒空の下での、素敵なブダペストの夜景。

 

 

ブダペストの真ん中を流れるドナウ川に向かいます。

目指したのは、「Chain Bridge」という橋です。

IMG_0128 (800x532)

これは別に目玉ではないらしい。でも綺麗。

 

その橋から見たドナウ川両岸の景色。

IMG_0124 (800x518)

左手にあるのが国会議事堂( Országház)
右手にあるのがブダ城マーチャーシュ教会、等々ですね。

色んなものが光り輝いてるのでどれがどれだか・・・(;´∀`)

 

この橋から、両岸のライトアップと橋のライトアップが全て見れると、
宿の人に教えてもらったポイントです。おススメ。

 

 

橋を渡ると川沿いはずーっとこんな遊歩道が続いています。

IMG_0167 (800x533)

 

もう暗くなってたのでちょっと怖いなぁーとは思ったんですが、
左手にずっと国会議事堂のライトアップを観ながら20分くらいとぼとぼ歩いてました。

 

IMG_0166 (800x524)

綺麗ですねー。国会議事堂、輝きすぎ。

でもさっきの全体写真で見ると、ライトアップされてるの川側の片面だけなんですよね。節約。

 

そして、国会議事堂を通り過ぎたくらいに、こちらの橋が見えてきます。

IMG_0185 (800x533)

そしてこちら、ドナウ川にかかるセーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd )
綺麗ですね。

橋の上に凱旋門らしきものがありますわ。凱旋門ではありませが。

 

この橋の上から撮ったブダ城。

IMG_0211 (800x533)

 

 

とっても寒かったけど、素敵な景色でした。
むしろ素敵すぎて、一人で観るのは少し寂しかったです・・・次は誰かと・・・。

 

 

ハンガリー・ブダペスト編、もう少しだけ続きます。

 

次回、ブダペストで食べたご飯とブダペストのクリスマスマーケットのお話です。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

―――――――――――――――――――――――
リアルタイムは、メキシコ・コスメル島(Cozmel)
昨日、ネット環境のないキューバから戻ってきました。
なのでずっとブログ更新が止まってしまってすみませんでした(T_T)
これからしばらくはずっとビーチでのんびり生活します。
マイシュノーケルセットを購入予定。
―――――――――――――――――――――――

コメントを残す