弁解させてほしい話と雨のザグレブ。

【168日目~】
クロアチア・ザグレブ(Zagreb)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月19日~21日

 

■私に必死に弁解させてください。

 

前回の記事、
めったにコメントが寄せられない私のブログにしては
すごい数のコメントをもらって、ちょっと戸惑ってます。

 

これが炎上ってやつですか?笑

 

 

*2014.1.11 追記
前回の記事「日本男児の魅力ってなに?」ですが、今非公開にさせていただいてます。
この記事内容についてたくさんのコメントを頂きました。
私の発言を叱咤し注意してくださってる有り難いコメントも多数寄せられていますが
その中には悪口雑言をただ並べるだけのものもありまして
私としてもそんな状況で、多少なりとも心を痛めないわけではありません。
(私が言えた義理ではないかもしれませんが・・・)
色んな部分で読んでいても気持ちのいいものではないと思うので
しばらくの間、非公開にさせていただきます。
頂いたコメントは一つ一つ読んで受け止めさせていただきました。
しばらく経ちましたら、コメントにもきちんと返事してまた公開させていただきます。

今回の記事を投稿し、色んな方に読まれた事で様々なことを考えさせられ、学ばせていただきました。
こんな私ではありますが、これからも私のブログを読んで頂けたら嬉しく思います。
ありがとうございます。

 

 

 

こんなにコメントが寄せられたのは憲法9条について書いた時以来ですね。

ちょうどいいので、少し話反れますが、書かせてください。

 

憲法9条に対する私の意見、あの記事にコメントしてくれた読者の方に論破されましてね、
もう一度、そのことについて考え直そうと思ったんですよ。

 

それでネットニュースの記事を読んだり、Youtubeを観てたわけなんですけど、
恥ずかしながら、その時になって気付いたんです。

 

私が旅立ってる間に、日中韓の関係がかつてない程緊張してることに。

 

あの時に書いた意見は、心の底からのものだったし
昔から変わることなく持ち続けてきた持論でした。

 

でも、現在の日中韓の緊張関係をもっと把握してたら
今、憲法改正のこととか、戦争のこととか、みんなが敏感になってたあの時に
あのタイミングであの発言をするべきじゃなかったな、と反省したんです。

 

あの時は、憲法9条とかいうくそ真面目な内容なのに
なんでこんなに反応が大きいんだろうと不思議に思ったもので

平和ボケと言われる日本人も関心を持ち始めたんだなーとか
能天気に考えていた自分がアホすぎて言葉もありません。

 

あの時は、ブログ村のランキングも過去最高位にいたし、
多くの人に読んでもらえるチャンスがある時でした。

 

私は今まで、このブログは私のものだし、
素直な気持ちで、ありのまま本音をぶつけて書き上げていきたいと思っていました。

今ももちろんその気持ちに変わりはありませんが、
でもあの時から、自分の発言とか、その影響とかに
もっと注意を払う必要があるなと思い始めたんです。

 

いくら個人的なブログだからと言って、
こうやって公共の場に晒してるわけですから、ある程度の常識は意識するべきだと。

 

でもまぁ、だからと言って当たりさわりのないことばかり書くつもりもありません。

そんなのつまらないし、自分色がなくなってしまう。

 

私をプライベートで知ってる人たち、友達や知り合いならご存知かと思いますが
私は、常日頃からかなり毒を吐きます。

自分なりの意見を持とうとしたとき、批判しがちになります。

 

まぁ、だからっていうか、私の毒舌を自由に解釈していただいても結構ですが
ジーナリンって毒舌キャラなのねーくらいの印象をアピールしたいってことです。

 

 

 

それで、前回の記事で、
日本人男性を魅力のない人種だとかっていう暴言を吐いていることに関して。

 

自分的にはちょっぴり毒を吐いた程度の感覚だったんですが
なんだか日本人男性全体を侮辱した形になってしまったようで、
それは、私の真意からはズレる所なので、ちゃんと弁解したいなと思いました。

 

そういえば9条について書いた記事でも同じ毒を吐いてましたね。

 

えー、男性の皆様、プライドを傷つけてしまったようなら、申し訳ありませんでした。

 

私はもう長い事、日本男児と接してきましたので
もちろん、その良し悪し両方をある程度わかってるつもりです。

 

私は今、世界各国の男性と会って話す機会がたくさんあります。

日本ではなかなかできない経験です。

別に日本男児の粗探しをしてるわけではないですが、
それらの人たちと、自国の男性を比べてしまうのは当然のことだと思うんです。

 

比べて、良い部分、優れてる部分を並べることもできますが、
それって、毒吐きたい私としては、なんだか気恥ずかしく感じるわけです。

 

それに、あんなに多数のコメントが寄せられたということは、
みんな、いや日本男児はちゃんと魅力的だよ、ってことを言いたいんですよね?

私が言うまでもなく、みんなちゃんと日本男児の魅力をご存知だということですよ。

 

でも、侮辱するような意見ばかり書いて、気分を悪くさせた男性陣の皆様。

お詫びというか、フォローとしいたしまして、
私なりに考える日本男性の良い所を上げてみますかね。

 

 

前回の記事に書いた、
礼儀正しさや和を尊ぶ心、真面目で誠実なところ。

 

例えば外国人男性は、女性の扱いに慣れていて、誰にでも優しくナンパ野郎が多い。
比べて日本人は無駄な愛想は振りまかず、一途。

周りの迷惑をきちんと考えられて、礼儀正しく、小さなことにも感謝の心を忘れない。

ちょっとルーズな人もいるけど、基本的に約束を大事にする。

旅中でよく騙されちゃうけど、それは真面目で人が良く、素直な証拠。

 

といった感じですかね。
分かってるんですよ。日本男児の魅力は。

 

 

ちょっと前置きが長すぎてしまったので、フォローはこの辺にしておきます。

 

本題はこれからなんですー

私のブログ、先に進まないので、前置き長いけど、旅日記の続きいきますよー

 

 

 

■ザグレブでの話。雨ですね。

 

ザグレブには、丸2日半滞在しました。

その間ずっと雨が降り続いていて、ほとんど宿に籠っていました。

世界一周中の旅人けんさんと出会った宿で2泊し、
それから、もっとバスターミナルに近い宿に移りました。

 

こちらの宿もすごくすごく居心地が良くて、ほとんど宿に籠っていました。

外は雨で肌寒くて、宿はぬくぬく温かくてロビーも広々してて最高でした。

 

 

その時の宿泊者は、私と韓国人の家族5人組だけでした。

その家族は、一家で車でユーラシア大陸を横断していて、
この間ポルトガルまでたどり着いて、これから韓国まで戻る途中でした。

 

お母さんの方が、日本人の親戚がいて、少し日本語を話せていたので
軽く色んな話をしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一緒に夜ご飯を食べていた時のこと。

 

宿のスタッフの方が、日本語を交えて話す私たちを面白そうに見ながら、
一言こう尋ねてきました。

 

「日本人と韓国人は何が違うの?同じように見える」

 

それを聞いたその韓国人夫妻はものすごい勢いで首を振り
否定してきたので、少しびっくりしてしまったのを覚えています。

 

お父さんの方が、あまり話せない英語でそのスタッフに一生懸命に説明します。

 

全然違うよ
文化も全然違うし
日本と韓国の間には海があるし
クロアチアとイタリアの間にも海があって
その2つの国は全然違うでしょ?
日本と韓国も同じで、全然違う国だよ

というようなことを力説していました。

 

まぁ、そのスタッフのクロアチア人からしたら
東洋人なんて同じ顔に見えるし、言語の違いも分からないんだろうけどね。

 

今までの旅で、韓国人の若いツーリストとは何人とも出会ってきましたが
これほど年配の方とこうして話したのは初めてだったので
なんだか妙に少し緊張してしまいました。

 

 

 

で。

ザグレブの街ですが、写真で軽くお届けします。

軽く歩き回っただけなので、特に何も説明とかできませんが。

 

IMG_9397 (800x533)
トラム。街中を縦横無尽には走ってます。

 

IMG_9386 (800x533)
駅前の通りの外壁にずらーっと絵が描かれてます。

 

IMG_9437 (800x533)
街並み。

 

IMG_9426 (800x533)
雰囲気出てないけど、イェラチッチ広場。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドブロブニクでも見かけた、クロアチアの名物?じゃがいも。

 

IMG_9405 (800x533)
ザグレブはパンが美味い。

 

という感じです。

 

そんなわけでザグレブ編は以上となります。
そしてクロアチア編も以上です。

 

次回、オーストリアに移動し、クリスマスマーケットを一人寂しく練り歩いた話です。
完全に時期外しちゃってるけどね、お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
よろしければ読んだついでにポチお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはアメリカ・ニューヨーク(New York)
長いなーと思ってたニューヨーク生活もあと1泊。
とりあえず最近寒すぎて、肌をさす冷たい空気が会津を思い出します。
—————————-

コメントを残す