【ドブロブニク】「見て!海に浮かぶ街よ!」

【164日目~】
クロアチア・ドブロブニク(Dubrovbic)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月15・16日

 

■1日目のドブロブニク、曇り。

 

ドブロブニクで目覚めた最初の朝。
期待を込めて窓の外を見る。

東欧弾丸周遊のため、ドブロブニクには2泊だけすることにしていました。
今日は1日かけて、旧市街を散策する予定です。

 

「晴れますように晴れますように晴れますように」
と天にお願いをかけて眠りに着いた昨日の夜。

 

目が覚めて、明るく白む部屋を見ただけで何となく予想はついていました。

・・・陽射しが、ない。

そして窓から空を見ると、・・・曇り??晴れ??というお天気。

IMG_8785 (800x533)
これを晴れと呼ぶか曇りと呼ぶか意見が分かれる所じゃないすかね。
がぁーん、がぁーん、と頭に鳴り響く何かはさておき
重い腰を上げて、おでかけの準備をします。

晴れ、とは言い難いけど、くもり、とも言い難いこの天気。

曇天よかはいいじゃん!あたし!!と自分に言い聞かせて
バスに乗り込んで、いざドブロブニク旧市街へ。

 

*いきなり割愛。

 

 

 

■2日目のドブロブニク、ド・快晴♡

 

今日はドブロブニクを出て、次の街に向かう予定でした。
バスの出発は午後過ぎだったので、半日だけまだドブロブニク観光の時間が許されています。

そして2日目の朝。
目を開けると、明るい室内に期待感が膨らみます。

 

窓を開けると、じゃん!!ド・快晴(≧▽≦)♪♪ヤッター

バス時間のタイムリミットがあるので、急いでパッキングをして
チェックアウトを済ませて荷物を部屋に置かせてもらい、再び旧市街へ。

 

昨日1日かけて旧市街は見て回ったので、実は2日目の今日はほぼそれをなぞるだけでした。

 

でもでもでも。

やっぱり天気ってめっちゃ重要ですみなさん!

青い空と陽射しが写真に与える影響ってすごく大きくて
同じものを同じカメラで撮ってるのに出来映えが全然違うんですよ、全然。

IMG_8786 (800x533) IMG_8885 (800x532)

 

まぁ、ごたくはこの辺にして
行きますか、憧れの街ドブロブニク旧市街、散策♪

IMG_8857 (800x533)

 

天気がいいと、それだけで全てが美しく見えます。

IMG_8908 (800x533) IMG_8923 (800x533)

 

 

 

■ジブリ「魔女の宅急便」の舞台?

 

私が世界一周に出発する前に考えていた「絶対行きたい場所」の中でも上位に位置する
私の旅のハイライトである街、ドブロブニク。

 

ここに強い憧れを頂いているのはきっと私だけじゃないはず。

 

私、ジブリの中でも一番好きな作品は「魔女の宅急便」なんですよ。

「魔女の宅急便」の雰囲気がもう全部好き。

キキの実家がある田舎町も素敵だし(冒頭で登場する原っぱで私も寝転がって空を見たい)
「海に浮かぶ街」とキキが呼ぶあの街も好きだし
っていうかキキが魔女で空を飛べるという設定も羨ましいし
黒猫のジジも猫好きとしてはたまらんし(エンディングで流れるジジたちの子猫に胸キュン)
挿入歌、BGM、もう全部好き♡

 

そんな私の「魔女たの宅急便」に対する情熱をお伝えしたところでご覧ください。

海に浮かぶ街。

IMG_8912 (800x528)
(旧市街を出て東に10分程歩いた所で撮影)

 

IMG_8937 (533x800)

確かに海に浮かんでいますね。

 

ただ私個人の感想を言わせてください。

ドブロブニクは「魔女の宅急便」のあの街ではないと思う。

うん。

だってこんな城壁に囲まれてないし。

うん。

 

ドブロブニクは「魔女の宅急便」の舞台として囁かれてる他に
「紅の豚」の舞台ではないかという噂も声高に囁かれています。

また脱線しますが、「紅の豚」も大好きな作品です。
ポルコ(豚さん。マルコっても呼ばれてるね)の基地であるあの入江のビーチ、羨ましすぎる。

「飛べない豚はただの豚」って私のバレーボール時代のキーワードでした。

うん。

 

 

 

■旧市街の中を歩いてみる

IMG_9116 (800x533)

 

旧市街を東西に走るメインストリート。

IMG_8860 (800x533)

白い。

このメインストリートから南東に細い小路が伸びています。

IMG_8862 (800x513)

IMG_9128 (800x533)

IMG_9108 (533x800)

辛口でいかせてもらうと、
街中の散策自体の面白味はまぁまぁでした。

ここ最近で見た旧市街、バール、コトル、ドブロブニクの中で言うと
一番”観光地”という感じがしました。

つまり、”観光用”。

 

街中はすごく綺麗で、レストラン等がたくさんありました。

売られてる雑貨も可愛かったっす。

IMG_9139 (800x533) IMG_8871 (800x533)

IMG_9099 (533x800)

これ↑やたら売られてた。なに?

 

 

 

■旧市街を上から眺めてみる

ドブロブニクの街を上から見下ろせるポイントは2つあります。
城壁の上からと、山の上から。

山の上はスロープで行くんですが、私は時間がなく断念。

もう1つの城壁の上から。

旧市街をぐるっと囲む城壁は人が歩いて通れます。
登るのは有料で、入口は全部で3つ(たしか)あります。

IMG_8945 (800x533)

旧市街の出入り口付近に、東西それぞれに1ヶ所ずつと南の方に1つです。

入場料:90クーナ(約1,700円)
開門時間:9:00~15:00

1日目、せっかくだから夕陽の時間に合わせてこの城壁に登ろうと思ってたんですが
時間制限を過ぎてて結局登れませんでした。

結果的には2日目の方が晴れていい感じの写真が撮れたので
結果オーライです。

 

私は東側の入口から入場。

まずはボート乗り場。

IMG_8948 (800x533)

海の色が綺麗ですねー。晴れてるから。
水の透明度が高いです。

 

そして旧市街のオレンジ色の屋根。

IMG_8963 (800x533)

 

でも城壁の外の街、いわゆる新市街も実はキレイなオレンジ色の屋根と白い壁。

IMG_8967 (800x532)

 

 

城壁上を歩き続けます。

こんな景色がずーっと。

IMG_8973 (800x533)

 

「アドリア海の真珠」と表現されるドブロブニク。

その美しさがとどまるところを知らない。

 

IMG_8993 (800x533)

 

 

南側からの眺め。

旧市街と新市街のコラボ。

IMG_9032 (800x533)

 

 

城壁の入場料は少し高いけど、ドブロブニクに来たら絶対登った方がですね。

スロープで上がる山の上からの景色もキレイそうだったから今回は残念でした。
スロープもお金かかるけど、節約したい人は、
階段で自力で上がる道もあるみたいね。

 

 

憧れだったドブロブニク。
天気にも恵まれたし、最高の観光コンディションでした。

 

お昼近くに宿に戻り、バスの出発時間ギリギリまで部屋でのんびりします。

 

Twitterを見てたら、この日のこの時間、
なんと日本とオランダがベルギーで親善試合をしているという情報を聞きつけて
慌ててネット観戦しました。
(ユーストリーム。ネットで生放送で流れてます。便利な世の中になったもんだ)

オランダ相手に2-2のドロー。見事です。
むしろ勝ってもおかしくなかった試合。素晴らしかったです。

現地で見たかったなぁー(´・ω・`)ベルギー・・・

 

 

そんなわけで日本代表の素晴らしい活躍ぷりというオプションも加えて
かなりの満足度でドブロブニクを後にしたわけでありました。

 

次回、東欧弾丸周遊の真骨頂、20時間だけ滞在した国の話をお届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中。
うさぎちゃんをクリックしていただけるとポイントが入り
ランキングに反映される仕組みです。
よろしければ応援クリックお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。感謝。

—————————-
リアルタイムはモロッコ・シャウエン(Chefchaouen)
青い街シャウエンは思ったよりも青くなかったけどやっぱり青かった。
(地球は青かった的な。)
これから次の街、メルズーガという所に移動します。
いよいよ砂漠の地に行くぞー(/・ω・)/♪
—————————-

コメントを残す