【イタリアからモンテネグロへ】アドリア海を渡る。

【162日目~】
イタリア・バーリ→モンテネグロ・バール→コトル

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月12日・13日

 

■バーリ港情報

バーリの港は、3つのターミナルようなものがあります。
東側から(地図的に右側から)

「Terminal Crociere」
IMG_8319 (800x533)
ギリシア方面へ向かうフェリーの発着ターミナル。
チケットカウンターもありました。

 

「Stazione di Ricarica」
IMG_8324 (800x529)
クロアチア・モンテネグロ・アルメニア方面に向かうフェリーの発着所。

 

「Ansa di Marisabella」
IMG_8329 (800x532)
各フェリー会社のチケットカウンターがずらーっと並んでいます。

 

この3つのターミナルを無料シャトルバスが20分間隔で結んでいます。

 

チケットにチェックイン時間がチケットに書かれています。
その時間からフェリーに乗り込むことができます。

ギリシア方面のフェリーは分かりませんが、
バーリへ向かう私の場合
チェックインはマリサベッラ(Marisabella)でやりました。

夜遅くなると無料シャトルバスはもう走っていませんが、
白いミニバンが無料で運んでくれますので、それに乗りましょう。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は、モンテネグロ・バールの片道チケットを「morfimare」という窓口で前日に購入。
Montenegro Lines、Seat席で62ユーロ(約8,700円)。思ったよりも高かった。

 

*フェリーは毎日運行してるわけではありません。
出航日が決まっているので、要確認。

*フェリーのチケットにはいくつかクラスがあります。
一番安いのはデッキ席、続いてシート席、あとは個室になると思います。

 

ユース割引があるかなーと思ったけど、
なんかモンテネグロ人にしか適用しないみたいでした。

 

 

■アドリア海を渡る。

フェリーの出発時間は、23:00。
チェクインが20:00からできたので、ホストの家を19時半に出て港に向かいました。

ホスト達ともあっさりしたお別れだったわ・・・(;´∀`)
(そんなもん・・・?)

 

「Ricarica」のターミナルに着いて、よく分からずキョロキョロしてると
スタッフの人に「チェックインは済んだか?」と聞かれたので
「まだ」と答えると、「ついてきなさい」と言って白いミニバンに乗せられました。

 

向かったのは「Marisabella」。

昼間は閉まっていた、モンテネグロラインの窓口が開いていました。
その窓口でチェックインです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

再び白いミニバンに戻って、「Ricarica」へ。
表示に従って進むと、いきなりイミグレーションでした。

 

チケットとパスポートを提出して、イタリア出国。

久々に、パスポートにスタンプが押されました。
これでシェンゲン圏を一度出たんですね、私。

 

そして、フェリーに乗り込みます。

フェリー、それなりに期待してたんですが、まぁまぁでした。
ちょっと年季入ってる感じ。

 

シーズンオフだからか、人がほとんどいなくて、ちょっと寂しい感じです。

シート席はこんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

椅子にはせめて座りたいなーと思ってシート席にしたけど、
ぶっちゃけ一番安いデッキ席で良かったな。

シーズンオフだからか、ここの席、最後まで96%空席でした。
こんなに席あるのにお客さんたった10人ぐらいしかいなかったからね。
(シート席の人はね)

デッキ席だったら5・6ユーロくらい安くなったのになぁー。

なめてた。シーズンオフの閑散具合。

 

逆にこのスカスカ具合でよく運行するなって思ったぐらい。
採算取れてんのかな?って変に心配になりました。

 

IMG_8467 (800x533)

 

出発予定時刻の23時を30分程すぎて、ようやくフェリー出航。

 

いざ寝ようと思ったんですが、
イスはリクライニングができないし、ひじ掛けの部分も動かせないから、
こんなにイスがあるのに、横になることができませんでした。

 

熟睡なんて到底できず、うつらうつらしながら夜を明かします。
結構しんどかった。

 

そして翌朝6時頃、モンテネグロ・バール(Bar)港に到着です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

フェリーを降りて、イミグレーションを通って、難なくモンテネグロ入国。

 

【13ヶ国目 モンテネグロ入国】

 

 

そうえいば、イミグレーションを通る直前になって、
「あれ、そうえいばビザとか、い、いらないよね・・・!?」
とか間抜けなことを今さらに不安になりました。

まぁ、大丈夫だったんですけどね。

 

イミグレーションを抜けると、
タクシーの客引きのおっちゃんたちが待ち構えていました。

客引きとかめっちゃ久しぶりだったので、思わずびくっとしてしまった。
私としたことが。

 

この後の私の予定としては、
バールに到着したらすぐ次の街にむかうつもりでした。

バールは特に見たいものがなかったので、バスに乗ってコトルという街に向かいます。

 

タクシーのおっちゃんたちが声をかけてくるので
「コトルに行きたいんだけどバス停はどっち?」と言うと
「5ユーロで連れてくよ」と言ってきます。

 

5ユーロか、安いな。近いのかな?

 

「バス停まで歩くとどれくらいかかる?」と聞いてみると
「20分~40分くらいだよ」と言います。

 

やっぱり近いんだ。
全然歩いて行ける距離じゃん。

 

ていうかそんなこと言ったら、みんな歩いて行っちゃうのに
他のうざい国みたいに嘘つかないで素直にそう言うモンテネグロ人に好感が持てました。

 

「私歩いてくからタクシーは大丈夫です。ごめんなさい」と言うと
「そっか、分かった。OK、OK」と言ってあっさり引き下がります。

 

うん、好き。モンテネグロ。

 

 

建物から出て外に向かうと、他のタクシーのおっちゃんもいて、
(ていうか朝7時前なのに、朝早くから働くなー)
また「タクシー?」と声をかけられました。

「歩いてくから大丈夫。あ、バス停どっち?」と聞くと、
身振り手振り、拙い英語で一生懸命伝えてくれます。

 

うん、やっぱり好きだ。モンテネグロ。

 

「ありがとう。じゃぁね」と歩きはじめると、
一人のおっちゃんがちょっと声を控えめにして
「あのさ、2ユーロでいいから(2ユーロコインを取り出しながら)タクシー乗らない?」
と言い出しました。

 

思わず吹き出しちゃったので、しかも2ユーロ(約280円)ならいっかと思って
結局タクシーに乗りました。

 

うん、やっぱりこうでなくちゃタクシー客引き。笑

 

少し雑談しながら、タクシーに揺られることわずか、2,3分。

いきなりおっちゃんが、
「Oh-!」と叫んでクラクションを鳴らして急停車しました。

「コトル!コトル!」と言ってます。

見ると、反対車線からフロントガラスに「Kotor」と書かれた
中型寄りの大型バスが向かってくるではありませんか。

おっちゃんに急いで2ユーロを渡して、
道の途中で停まってくれたバスに急いで乗り込みます。

 

おぉ・・・なんだこれ。
アジアみたいだ。笑

 

*こんな経緯でコトルに向かったので「行き方」集は書けません。

 

バスの中でバス賃を払いました。
コトルまで片道6ユーロ(約850円)です。思ったよりもずっと安い。

 

コトルまでの道のり約4時間。

今までのヨーロッパとは違った景色に胸が躍ります。
あぁー違う世界に来たんだな、私。

 

バールからコトルまでは、ずっと海岸線を沿うように進みます。

こんな、ミニドブロブニクみたい浮街がありました。
IMG_8490 (800x501)
可愛い(*´▽`*)

 

 

そしてコトルのバスターミナルに到着。

IMG_8491 (800x532)

ここからコトルの旧市街へは徒歩で行けます。
バスターミナルの敷地を出て右に進んで、
突き当ったら更に右に曲がって進めば、右側に旧市街が見えてきます。

 

 

■コトルの宿

事前に予約した宿はコトル旧市街の中にあります。
こちら。

IMG_8494 (800x520) IMG_8497 (800x533)

「Old town Hostel」

7ベッド男女共用ドミトリーで1泊8.50ユーロ(約1,200円)

無料Wifi(速い)、キッチンあり、朝食なし。

すごく雰囲気のいい宿でした。
スタッフもすごくフレンドリーだし、清潔。
私が泊まった日の夜は週に1回の、夕食が無料で振る舞われる日でした。

ランドリーを5ユーロでお願いしたんだけど、
たたまれずに袋に突っ込まれたてしわくちゃになったことだけ悪い印象に残ってます。

 

 

 

さて、ここからはいよいよ怒涛の東欧弾丸周遊。

 

本当はそりゃーもっとゆっくり回りたいし、色んな所に行きたかったんだけど、
3週間前に既に飛行機のチケットを買ってしまったので、東欧の旅にはリミットがあるのです。

 

あの時は、心の中のジーナリン満場一致で、良かれと思ってしたことだけど
ずっと、ずーっと後悔してました。

 

ま、その話はいいです、置いときます。

 

そんなわけでモンテネグロ・コトルに到着するまでの話でした。

 

次回、コトルの街を散策した話をお届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中。
読んだついでにクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。感謝。

—————————-
リアルタイムはスペイン・マドリード(Madrid)
2度目のカウチサーフィンに挑戦中。
会うまですごい大変だったけど、今の所いい感じです( ̄▽ ̄)
そういえばワールドカップの組み合わせ抽選会が終わりましたね。
ホストのスペイン人と一緒に見ました。
それにしても1次リーグって6月なんだ・・・意外に早すぎて予想外・・・
—————————-

コメントを残す