「ナポリを見てから死ね」

【157日目】
イタリア・ローマ(Roma)→ナポリ(Napoli/Napels)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月8日

 

■ローマからナポリへ

当日、駅の券売機で列車の切符を購入。
片道2等席で、11.20ユーロ(約1,600円)

所要時間2時間半で、ナポリ(Napoli Centrale)駅に到着。

IMG_8189 (800x505)

ナポリ駅は、他の都市の駅と比べて新しめでした。
空港ぽかった。

 

宿へは、メトロに乗って向かいます。

IMG_8194 (800x533)

ナポリのメトロは、なんか色んな種類があって、少し分かりにくいです。

しかもそれぞれの接続がないんです。
結構、不便なんですけど・・・

 

途中にあった売店でメトロのチケットを購入。

まだ正午を少し過ぎたばっかりだったので、一応1日券を買いました。
あまり高くなかったし。

1回券、1.30ユーロ(約180円)
1日券、3.40ユーロ(約480円)

 

 

■ナポリの宿

サルバトールローザ(Salvator Rosa)」というメトロの駅から徒歩5分の所にある宿を予約。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちら。

IMG_8184 (533x800) OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_8112 (800x533)

「La Controra Hostel」

10人ドミで、1泊12.60ユーロ(約1,800円)

無料Wifi、朝食付き、キッチン有り。

スタッフがすごくフレンドリーでとても雰囲気の良いホステルでした。
朝食もなかなか良かったし、全体的に清潔。

ただ部屋でWifiが通じなかったのがちょっと辛かったかな。
(一応飛んでるみたいなんだけど、何故か接続できず)

 

 

 

■ナポリの街歩き

IMG_8108 (800x533)
部屋からの眺め。

 

まだ時間が早かったし、せっかくメトロ1日券を買ったので
早速ナポリの街を散策することに。

ナポリは、実は経由地としてしか考えてなかったので、
何も調べてなくて、宿のスタッフに色々見所を教えてもらいました。

 

向かったのは、ダンテ(Dante)という名前のメトロ駅の近く。

IMG_8115 (800x518)

ナポリは、他のイタリア都市とはちょっと違う雰囲気でした。

どこかスペインぽいです。
「オラ」っていうスペイン語が行き交ってたし。

 

最初、ナポリに降り立った時、
本当に違う国に来たかと思いました。

雰囲気が北イタリアとは違ってもっと陽気でラテンな感じ。

 

あと、まぁ街がね、比較的汚いですね。
他の街のどこか洗練されてる雰囲気とは違って
なんだか少し廃れてるような感じがしました。

(ナポリはイタリア第3の都市だから「廃れて」はいなんだけど。)

 

ナポリは、治安があまり良くないと聞いていたので
少し警戒してたんですが、
驚いたことに、どこよりもたくさんの親切を受けました。

イタリアに共通することだけど、あまり英語が通じないんですね。

その中でも、ナポリの人たちは、
めげないというか、押しが強いというか。笑

最初は、なんだか強引な親切に思えて、
これは引っかけるための手始めなのか?と疑ったものだけど、
そんなことはなくて、本当にただの親切でした。

 

 

IMG_8119 (800x533)

ダンテ駅から、東側に歩き進みます。

IMG_8117 (800x526)
古本屋さんゾーン。

IMG_8118 (800x533)

IMG_8121 (800x529)
本屋さん。

 

IMG_8123 (800x533)

大通りは車がうるさいけど、
小路に入るといい感じの雰囲気の散歩コースに。

IMG_8131 (800x505)

地元の生活が垣間見れるようなストリートです。

 

 

■ナポリの伝統人形

ダンテ駅からドゥオーモに向かって進むと、
伝統人形通りに出くわします。

IMG_8150 (800x533)

 

これは、ナポリの伝統人形でプルセピオという名前らしいです。

要は、クリスマスの飾りのこと。

 

こんなドールハウス(?)がずらーっと売られてるんですが、

IMG_8142 (800x533)

ドールハウスと呼ぶには、
あまりにリアリティがありすぎます。

IMG_8140 (800x533)

IMG_8146 (800x522)

このようなドールハウスだけでなく、
もう全てがリアリティ溢れすぎ。

IMG_8144 (800x522)

私たちの、クリスマス飾りのイメージといえば
もうちょっとポップでキュートなものが思い出されますが
本場のクリスマスのイメージは、
私たちは大きく違うようですね。

IMG_8145 (800x533)

 

こういったドールハウス系の他に、
これまたリアリティ溢れる、ハイクオリティな人形たちも。

IMG_8166 (800x533)

IMG_8157 (800x533)

IMG_8158 (800x533)

 

こんな精巧なクリスマス飾り、日本では見たことないですね。

 

IMG_8163 (800x513)

 

 

IMG_8152 (800x531)

これって「中国立ち入り禁止」のことかな?

一体何があったんだろう・・・

この張り紙的なの、唯一この店でしか見てないから
絶対何かあったに違いない・・・

いらん詮索。笑

 

そしてナポリのあちこちでものすごくよく目につく唐辛子。

IMG_8172 (800x533)

とにかく、唐辛子をモチーフにしたお土産物がたくさんありました。
ナポリの特産品なのかな??

お守り的なストラップが多かったし、
ちょっとした幸運グッズという意味合いもあるのかも。

 

 

唐辛子ストラップ山盛り、の図。
IMG_8173 (800x509)

 

 

ナポリは、他にもおススメされた場所があるんですが、
この人形通りに夢中になってしまって陽が暮れてしまったので
行けずに終わってしまいました。

 

宿の人がおススメしてたのは、海岸沿いと
あと街の中心辺りにある砦(?)のような高台です。
この高台からナポリの街を一望できます。

天気がいい日には、奥にあるポンペイ山も見えるんだって。

 

 

来るまではただの中継地点として、
あまり興味のなかったナポリだけど、色々と面白い街でした。

 

 

ちなみにタイトルの「ナポリを見てから死ね」という言葉。

イタリアのことわざで、ナポリの風光明媚な景観を称して、
言われている言葉だそうです。

つまり、
ナポリの美しい景観を見ずに死ぬなんてもったいない、
ってことですよね。

 

でも・・・え、そんなにかな・・・?

ていうのが正直な感想。笑

 

イタリアは他にももっとたくさん素敵な場所あるよー

ってことね(´ー`)

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。

次回、世界で最も美しい海岸と謳われるアマルフィへと日帰りで行ってきた話をします。
お楽しみに。

 

 

ブログランキング参加中です。
うさぎちゃんをクリックしていただけると
ポイントが入ってランキングに反映される仕組みです。

最後に、1クリック、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはトルコ・イスタンブール
特になーんにもせず、まったり中です。
ここぞとばかりに、ブログ書き溜めてます。
宿のあるスタッフに、「外にも出ないでずっとパソコンいじってるなんて・・・」と言われました。
そのスタッフが当直の時にたまたまロビーにずっといただけなのに
あんなバカにするような言い方をされて、正直心外です。
ていうか、色んなスタイルの人が集まるホステルでそれを言うのはナシだと思う。
—————————-

コメントを残す