ピサ日帰りと、絶景まであと10分で諦めた女の話。

【153日目】
イタリア・ピサ(Pisa)/ラ・スペツィア(La Spezia)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月4日

 

最初にお断り。

ブログとリアルタイムが1ヶ月近く差ができそうなので、ちょっとペースを上げたいと思います。

本当はできるなら、リアルタイムとの差は1週間以内に抑えたいのになぁ・・・(´・ω・)

 

イタリア編は本当に書きたいことがたくさんあるんですけど、ちょっと簡潔めにまとめていきたいと思います。

今まで2日に1回のペースで更新してたけど、これからは毎日更新できるように頑張る。
つまんなくなったとか言わず、読み続けて頂けると嬉しいです。ありがとうございます。

 

 

最初に旅情報的なこと書きます。

 

■フィレンツェからピサへの行き方(日帰り)

イタリアの名物写真といえば、ローマのコロッセオに続いて恐らく有名なのは、ピサの斜塔(Torre di Pisa)

ピサの斜塔は、フィレンツェの真西にあるピサ(Pisa)にあります。
フィレンツェから約1時間~1時間半で行けるので(ローカル線)、日帰りで行けちゃいます。

駅の券売機でチケットを購入。
当日購入、片道2等席で、7.90ユーロ(約1,100円)

ピサ・セントラル(Pisa Centrale)駅で下車します。

ピサの斜塔までは少し離れているので、路線バスに乗ってもいいんですが、徒歩でも行けます。
徒歩だと約30分でピサの斜塔まで着けます。

 

 

■フィレンツェからチンクエテッレへの行き方(日帰り)

私は今回ピサと、その北の方にある「チンクエテッレ(Cinque Terre)」という所に行こうと思ってました。
(ピサとジェノバの真ん中あたりに位置してます)

チンクエテッレ」というのは、5つの村の総称なんですが、この5つの村が絶壁に建つカラフルな街並みをしていて、世界遺産にも登録されているんです。
(チンクエテッレとググれば画像が出てきますよ)

 

チンクエテッレへ列車で行く場合、その最寄り駅となるのは、「リオマジョーレ(Riomaggiore)」なんですが、そこへ行くためには「ラ・スペツィア(La Spezia)」で必ず乗り換える必要があるので、まずはラ・スペツィアを目指します。

フィレンツェからラ・スペツィアへは日に何度か直通が出ていてるんですが、本数が少ないです。
ほとんど、ピサでの乗り換えになります。

所要時間は2時間半から3時間といったところ。

直通の方が早いかと言うとそうでもなくて、恐らくピサで長時間停車するので、逆に上手く乗り換えに成功すれば、ピサ乗り換えの方が早い時もあります。

フィレンツェからラ・スペツィアまで、片道2等席で12.70ユーロ(約1,800円)

 

ちなみに、ついでにピサへ行く場合、フィレンツェ~ピサ、ピサ~ラ・スペツィアと個別に買うと、それぞれ7.90ユーロ(約1,100円)、7.10ユーロ(約1,000円)と高くなるので、まとめて買うことをおススメします。

*チケットの有効期限とかよく分からないけど、その日のうちに乗り換えるならばストップオーバー的な感じで大丈夫だと思う。ジーナリン談。

 

ラ・スペツィア(La Spezia Centrale)駅に到着したら、また券売機でリオマジョーレ行きの切符を購入します。
所要時間は8~10分です。
片道でたしか、2.40ユーロ(約350円)くらいだったと思います。

 

*この時は知らなかったんですが、後で調べたら、フィレンツェからリオマジョーレまでの切符をまとめて買えることに気づきました。
フィレンツェ~リオマジョーレでまとめて買うと片道13.50ユーロ(約1,900円)なので、別々に買うよりもお得です。

 

 

 

 

■フィレンツェからピサへの日帰りと、行けずじまいに終わったチンクエテッレの話。

 

今日はピサとチンクエテッレに日帰りで行く予定でした。

朝起きた時に聞こえてきた、屋根を打つ雨の音が聞こえてきた瞬間、2度寝してしまったのはもう仕方のないことなのでもう良しとして。

 

9時過ぎに再び起きて、支度をして、駅に向かって、券売機で切符を買うまで、どうしようかどうしようか、ずっと迷ってたけど、結局はチンクエテッレの最寄駅である「ラ・スペツィア(La Spezia)」までの切符を購入。

 

一向に止まない雨と肌を刺す寒さに私のテンションは下がりきって、もうずっと長いこと底に着いたまま浮上してきません。

なんで私は今遠出してるんだぁー(T_T)とずっと後悔しながら、ピサ(Pisa Centrale )駅に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ラ・スペツィア行きの列車の時間を確認します。
約1時間後。

ピサの斜塔までそんなに遠くないはず、と別に調べてないけど何となく確信して、徒歩で向かうことにしました。

案内掲示板を見ると、駅を出た道をとりあえず真っ直ぐ歩き続ければ辿り着けるらしい。

 

相変わらずの雨。ああ、憂鬱。

でも、ピサの街並みは雨でもやっぱり素敵で、少しだけテンションがあがります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆっくり見て歩きたい気持ちもあったけど、どれくらいで斜塔に辿りつけるか分からないし、列車の時間もあるのでとりあえず早足で進み続けます。

 

歩けどもなかなかたどり着けず、道行く人に尋ねること約30分、ピサの斜塔に到着。

列車は1時間後。
片道30分ってことは、もうゆっくり見る時間なんてない。

そそくさと写真を撮って、立ち去る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ピサの斜塔ってもっと広い場所にあるのかと思ったらそうじゃなかった。
しかもなんか思ったほど傾いてない。(肉眼だと)
たぶんこの反対側で撮った方がいいんだと思う。

 

残り時間約20分。
早足で頑張ったけど、あと10分というところで、到底間に合わないと思って、その時間の列車は諦めることにしました。

次の列車は40分後。

 

ラ・スペツィア行きの列車を待ってる間、もう帰りたくて帰りたくて仕方ありませんでした。

もうずーーーーっと雨だし寒いし、もう本当に帰りたい。

 

この時、時刻は既に14時近く。

これからラ・スペツィアまであと1時間かけて行って、そこからまた3時間近くかけてフィレンツェに帰るのかと思うと、もう泣きそうになるくらい憂鬱でした。

もし、ラ・スペツィア行きの切符を買ってなかったら、悩む間もなく帰ってたと思います。

でもね、そう、もう切符買っちゃってるし。

とりあえず行こう。ラ・スペツィアまで。

 

列車の中、降り止むどころかますます強くなる雨足に、ローテンションを通り越して、もう無になるしかない私。

天気が悪いから、陽が暮れるのも早く、ラ・スペツィア駅に到着した時、まだ15時過ぎだったけど、もう既に夜の帳が降りそうになっていました。

チンクエテッレへの最寄り駅であるリオマジョーレ行きの切符を買うか買うまいか、券売機の前で悶々と悩み続ける私。

 

ここまで来たんだよ、私。

あと10分で、日本にいた頃憧れてた絶景、絶壁に建つカラフルな街並みが見れるんだよ、私。

あと少しなんだよ、ここまで来たんだよ。

たしかに雨だし、もう暗くなりつつあるけど、街灯に照らされた街並みもきっと素敵なはず。

行ったらきっと絶景が待ってるよ、わたし。

 

たぶん、10分くらい悩んでたと思う。
どうしようか、まだ決心がつかず、ふと外に目を向ける。

ざーっと降りしきる雨が目に入りました。

 

・・・・・いや、やっぱり無理(´・ω・)

 

フィレンツェ行きの切符を買いました。

 

フィレンツェ行きの列車は30分後。
待ってる間、まだまだ葛藤が止まらない私。

 

ここまで来たのにここまで来たのにここまで来たのに・・・っ

 

でもそうやって後悔するも強く降る雨を見てると、もう途端に萎えるのでした。

 

少し雨が弱くなってくると、「ダメダメ!やんじゃだめ!私を誘惑しないで!雨降るなら降り続けなさいよー!!」と心の中でもはやおかしな願いを抱くのでした。

 

そしてフィレンツェまで3時間かけて帰宅。
結局戻ってきたのは19時過ぎ。

もしあの時、チンクエテッレまで行ってたら、帰ってくるのは21時近くになってたと思います。
(列車の接続時間の都合上)

そのことが私を躊躇させてた原因でもあるんだけどね。

もしもっと早い時間に宿を出ていて、もっと早い時間にラ・スペツィアに着いてたら、チンクエテッレまで行ってたかも。

 

でもね、朝起きた時、雨だったしね。
しょうがない。

うん、しょうがない。

 

めっちゃ悔しいことに変わりはないけどね。

 

チンクエテッレ・・・・(ノД`)・゜・。

 

 

次回、観光都市ローマへ移動し、無難に観光した話です。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中。
1日1回にうさぎちゃんぽち、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはハンガリー・ブダペスト(Budapest)
夜景が最高に綺麗でしたねー(*´▽`*)
最近レストランでいいもんばっかり食ってるせいか太ってきた気がします。
バックパッカーってさ、痩せないのね。
計算外だわ。
—————————-

コメントを残す