節約旅に必要なのはスーパーマーケット。

【151日目~】
イタリア・ベネツィア→フィレンツェ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

11月2日~

 

■ベネツィアからフィレンツェへ。列車移動。

今日はベネツィアからイタリア中部にあるフィレンツェに移動します。

 

フィレンツェ行きのチケットは、ベネツィアに着いた時に、駅の自動券売機で購入済み。

今回は確かRV線じゃなかったと思うんですよね。
たしか、RV線がなかったのか?これが最安だったような気がします。

2等席、座席指定で27ユーロ(3,800円)です。

 

いつものように早めに駅に待機してたんですが、始発がベネツィア・ルシア(Venezia S.Lucia)駅だったので、10分前に列車が来ました。

 

時間があったのでカプチーノで1服。
砂糖、詰め過ぎの図。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そういえばここイタリアでは、「コーヒー」と言えば「エスプレッソ」が出てきます。
エスプレッソってすぐ飲み切れるからか、みんな基本立ち飲みなんですよ。
席に座るまでもない、って感じで。

本場、イタリアではあまりに身近なコーヒーの存在なんですね。
んで、列車に乗り込みます。

座席は、コンパートメント形式。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そして、列車に揺られること約3時間、フィレンツェ・リフレディ(Firenze Rifredi)駅に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

フィレンツェには複数の駅があります。

最終駅はフィレンツェ・ノヴェラ(Firenze S.M.Novella)駅なんですが、この列車(北方面からの列車)は1つ手前のここが最終駅になります。

 

ここから、S.M.ノヴェラ駅に向かいますが、掲示板を見て最終駅が「S.M.Novella」になってる列車に飛び乗りました。笑

ただ乗りしました。だって1駅だし。列車すぐ来たし。

フィレンツェ・S.M.ノヴェラ駅到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

■フィレンツェの安宿

予約してる宿はここから少し離れた所にあります。

バスでの案内をもらったけど、徒歩で行くことにしました。
地図を見ながらだと徒歩30分くらいかな。

 

そして今回の宿はこちら。

2013-11-02 13.55.52 (800x598) IMG_7474 (800x509)

「Hostel Santa Monaca, Florence」

14人男女混合ドミで、1泊16ユーロ(約2,300円)

無料Wfi(部屋だと通じにくい)、キッチン有り。

たまたまなのかもしれないけど、学生っぽい子たちがたくさん宿泊してました。
左側の写真はダイニングなんですが、ほぼみんなが本を広げたり何か書いたりしていました。

たぶん学生の集団だと思うんですけど、だからうるさかったですね。
夜とか、女子たちがシャワー室を独占して、これからクラブに行くような恰好して鏡の前も占領してました。

イラつくというよりは、若いなぁーと思ったのが率直な感想。
若いなぁー。

 

 

フィレンツェに全部で3泊したんですが、1泊目はここが一番安かったけど、2・3泊目はもっと安い所があったので、次の日宿を変えました。

 

 

2つ目の宿はこちら。

IMG_7664 (800x533) OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「Tourist House Santa Croce」

5人男女共同ドミで、1泊10.50ユーロ(約1,500円)

無料Wifi、キッチン有り、洗濯機無料。

まず、このホステルを見つけるのに30分以上かかりました。
ホステルのすぐ目の前まで来てから、30分です。
すごく分かりにくかった。

それから、すごく汚い。
汚いっていうすごい散らかってる。

他の人がチェックアウトしてもベッドを綺麗にしないし、私が到着した時は、ごみとかもすごく落ちてて不衛生でした。
キッチンも埃かぶってるものとかが多くて、ちょっと・・・

ホステルというより、大きなアパートメントをシェアするような感じ。

まぁ安いからね。しょうがないけど。
スタッフはすごく親切で良かったけどね。

でもスタッフはみんな男性ばっかりだったから、これで女性が入ったらきっと全体的にもっと綺麗になるだろうなー、と余計なことを考えてしまいました。笑

 

*フィレンツェでホステル等の宿泊施設に泊まる場合、
1泊ごとに1ユーロの宿泊税を徴収させられます。

 

 

 

■イタリアでの私の節約食生活、第1弾。

イタリアでは、とにかくどれだけ出費を抑えて旅できるということを気にしながら過ごしてきました。

その中でも私が、気を付けたのが「食費」
食費さえ抑えれば、旅の費用は大きく節約できると思う。

宿に着いて、私が一番気にするのは「スーパーマーケット」がどこにあるか。

宿に着いた時は大抵お腹が空いてるから、すぐにスーパーマーケットに向かってご飯をあさります。
宿に朝食が付いてない時は、買っておかないと朝起きた時ひもじくてしょうがなくなります、私。

 

ミラノでは、宿からスーパーが近かったし、近くにお持ち帰りできるピザ屋さんもあって助かりました。

IMG_7652 (800x533)
ミラノのスーパーマーケット。

左側にあるカートに注目。

フランスでも見かけたけど、ヨーロッパではこうやって、手で持っても良し引いても良しのカートなんです。
なんかお洒落。笑

2013-10-30 14.50.54 (800x598)

今思うと、ミラノのスーパーマーケットは最高にグレイトでした。

何がってね、こういういわゆる「お惣菜」がとーっても豊富にあったんです!

ローカルの食事を低価格でチンするだけで食べられる、お惣菜は旅人にとってとても貴重でありがたい食べ物だと思うんです。

 

自炊するって言ってもね、私一人だから本格的な料理を作ろうと思ったら材料揃えるの大変だし、何より結局高くついちゃうんですよ。

その点、もう既に完成してる料理を低価格で食べられるこの「お惣菜」マジでおススメです。

2013-10-31 17.26.46 (800x598)

ヨーロッパのレジ。ローリング式です。

あとヨーロッパでは基本的に袋は有料です。
持ち忘れることがないように、常にカバンに袋を常備させておりました。

 

 

2013-10-30 15.08.46 (800x598) 2013-10-29 18.10.26 (800x598)

上の写真はミラノでのご飯たち。

左はスーパーで買ったお惣菜。
たしか、全部で大体3ユーロ(約450円)

右は近くのピザ屋さんとお肉とチーズ屋さん(?)で買った野菜とポテト。
全部で占めて6ユーロ(約900円)

あのデカいピザだけだとね、1.50ユーロ(約230円)なのよ。激安なのよ。
おーきな四角いピザを好みの大きさに切ってもらって、重さによって値段が決まるシステム。

そういえば、あれがイタリア初ピザだったなー
美味しかったけど、正直、私には味濃かったなー。

 

 

んで、ベネツィアは近くにスーパーはあるんだけど、肝心のキッチンが宿になくて、キッチンというか電子レンジ等もなくて、なんもできませんでした。

買ってきたパンとフルーツでお腹を満たしてました。

 

そして、フルーツね、イタリアではものすごい重宝しました。

何といってもね安いんですよ!

私がいつも食べてたのはプラムなんだけど、日本で買うと結構高いじゃんプラムって。

こっちではフルーツは基本量り売りなんだけど、1kgでいくらみたいなね、プラムは10個買ったとしても2ユーロ(約280円)いくかいかないかなんです。

物価の高いヨーロッパでは、これは本当に安い。

どんくらい安いかというとね、駅の自販機で売られてる500mlのコーラが2.50ユーロ(約350円)

うん、ヨーロッパの物価の高さ、もはやバカでしょ?

 

ベネツィア観光してる時は宿に帰れなかったので、思い切り外食してみました。

IMG_7309 (800x533)

小さめのビールも飲んで、これで16ユーロ(約2,200円)

パスタの本場は違うね、これめちゃうまだったわ。クリームがちょークリーミーだった。

 

 

そんで、フィレンツェ。

1軒目の宿はの近くにはスーパーマーケットがなくて、食料探しに大分苦労しました。

あちこちに小さな商店があるんだけどね、もうね、ワインばっか売ってるんですよ。

IMG_7517 (800x533)

この品揃えね、ワイン専門店とかじゃないから、普通の商店でもこの品揃えだから。

マジでどんだけ。

 

あとは、パスタ。パスタもちょー売られてた。茹でる前のあれね。

でもねわたし、これまでの人生で市販のソース以外で自分でパスタ作ったことないんですよ。

ちょっとチャレンジしてみようかなと思ったけど、もう売られてる商品が何がなんだか分かんないし、どうせ余計な出費になるのが目に見えてたので、結局パスタ手作りは一度もチャレンジすることなく終わってしまいました。

あぁ、もっと料理練習しとくべきだったなぁーとイタリア旅では痛烈に思いましたね。

 

そしてやっと見つけた、いわゆるお惣菜屋さんみたいな所があって、買ったのがこれ。

2013-11-02 19.00.14 (800x598)

何かは不明。

そんでこの宿、電子アレンジがあるのに壊れてて使えないというオチがついてまして、これ、冷たいままいただきました。

だから、すごく不味かったです。

お腹すいた・・・

 

 

2軒目の宿は、近くにスーパーマーケットがあったので、写真撮る忘れちゃったんですけど、ソーセージを焼いて食べました。

久しぶりの肉は最高に美味しかったです。

でもね、ここ、お米がないのよ。
それがね、これからの旅で結構ストレスになりましたね・・・

 

 

イタリア前半の私の「食費抑えよう作戦」は以上な感じです。

一つ言えるのは、私、フルーツと自分の胃の小ささに大分助けられました。
フルーツは大大大好きだし、1日2食とかで私は足りたので、そこがあまり食費がかからなかった要因だと思います。

 

そしてスーパーマーケット

マジで、この存在、偉大。
スーパーマーケットがあれば、飢え死にしないという変な安心感がありました。笑

スーパーマーケットね、安いんですよ、やっぱり。
例えば、自販機とかミニストアで売られてるジュースが2ユーロとかしても、スーパーでは1ユーロとかで買えるんす。

マジでありがたすぎたね、うん。

 

そんな感じで、とりあえずここまでの私のイタリア節約旅はこんな感じでございます。

イタリア旅、まだ始まったばかり。
さてどーなるやら。

 

 

では次回、花の都フィレンツェを観光した話をお届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
1日1回クリックしてもらえると、ポイントが入ってランキングが上がります。
よろしければ読んだついでぽちお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはチェコ・プラハ(Praha/Pague)
もうすぐハンガリーに向かいます。
いやぁ忙しいわ本当。
プラハ、もう耳がちぎれるんじゃないかっていうぐらい寒いです。
耳がちぎれるんじゃないかと思ったので、迷うことなく速攻で耳当てを買いました。
外に出た瞬間、におってくる「冬の匂い」が故郷、会津を思い起こします。
—————————-

コメントを残す