水の都ベネツィア。世界がっかりしない名所に選ばれてもいいと思う。

【150日目~】
イタリア・ミラノ→ベネツィア(Venezia)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

10月31日、11月1日

 

今日はミラノからイタリア東部にあるベネツィアに向かいます。

当日に自動券売機で切符を購入。
ローカル線(RV)で片道18.35ユーロ(約2,600円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この緑色の車体がローカル線の特徴です。
この種類の列車が一番安く移動できます(早割を抜かせば)。

 

他の列車は全席指定なので、売り切れたりしますが、このローカル線、通称RV(Rejionale Veloce)は売れきれることがありません。
席は早い者勝ちになります。
人気の区間は沢山人が乗り込んできて座れなくなるので早めに来ることをおススメします。

 

大体始発になるような駅は、30分くらい前から来てます。
今回、30分前に駅に到着して乗り込んだら、ガラッガラでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イタリアの列車の乗り方や交通状況については、また後ほど詳しく書きます。
今回、ちょっと盛りだくさんなので。

 

 

電車に揺られること約3時間半、ベネツィア・メストレ(Venezia Mestre)駅に到着。

 

ヴェネツィアの最終駅はルシア(Venezia S.Lucia)駅で、海に浮かぶ水の都べネツィアの最寄り駅になりますが、私が予約した宿は、その1つ手前のメストレ駅にあります。

ちなみにこの2つの駅の間には、海が隔たっていますので、駅1つ分といってもメストレ駅には水の都の面影は全くありません。

 

宿はこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Nuova Locanda Belvedere

ここに2泊しました。
男女混合ドミで、1泊23ユーロ(約3,200円)。

無料Wifi、キッチンなし、朝食なし。
駅から徒歩約10分。

 

ベネツィアは安い宿がなかなか少ないです。
2日前に宿を予約して、これが最安でした。

 

この日は、情報収集しながら宿でゆっくりと過ごしました。

 

 

次の日、11月1日。

 

バスでベネツィア中心地に向かいます。
電車で行ってもいいんですが、バス停がすぐ近くだったので、バスで。

IMG_7199 (800x533)

近くのミニストアでチケットを購入。
1回券1.30ユーロ(約180円)、中心地まで約10分です。

たくさんの観光客が乗り込んで最終的にはぎゅうぎゅうになりました。

 

 

そして、世界遺産にして水の都ベネツィア到着。

写真を惜しみなく、これでもかというぐらいお届けします。

 

 

■水路が走る風景

イタリアの北東部に位置するヴェネツィア(Venezia)。英名はヴェニス(Venice)

ヴェネツィアはアドリア海の最深部、ヴェネツィア湾の潟(ラグーナ)の上に築かれた運河の走る水の都。
(byウィキ先生)

IMG_7206 (800x514) IMG_7214 (800x533) IMG_7219 (800x515) IMG_7223 (800x533) IMG_7302 (800x524)

ヴェネツィアは、縦横無尽に水路が走り、車はもとより、自転車すらも通れません。

ボートが住民の足。

IMG_7231 (800x525)

 

ここヴェネツィアは、色んな映画などの作品の舞台として知られていますが、私の大好きな漫画「ONE PIECE」の舞台にもなっているんです。

ロビンが本当の仲間になるエニエス・ロビー編の導入編、水の都ウォーターセブンの舞台です。

サンジが「行き止まりばっかりだなぁ」と漏らしていますが、本当にその通り。

 

ちなみにワンピースで「アクア・ラグナ」というどデカい高潮が襲うという気象現象が登場しますが、ヴェネツィアには似たような名前の「アクア・アルタ」という水位が上昇する異常現象が実際に起きます。

 

IMG_7242 (800x533) IMG_7364 (800x533) IMG_7249 (800x533)

 

ヴェネツィアの真ん中をS字に流れる大きな運河、カナル・グランデ(Canal Grande)

IMG_7260 (800x518)

 

ゴンドラはもともと住民の足として使われてましたが、今はもうほんとんど観光用としてしか使われていないようです。

IMG_7272 (800x488) IMG_7406 (533x800) IMG_7449 (517x800)

 

ヴェネツィアの家々のカラフルな感じも可愛い。

IMG_7464 (800x533) IMG_7230 (800x517) IMG_7455 (800x522)

 

 

 

■小路が通る風景

水に浮かぶ小さな街の上には、大小の広場がたくさん散りばめられています。

その広場を結ぶように、大なり小なりの道が、水路同様に小さな街を駆け巡ります。

IMG_7210 (800x533)

広めの道。

 

IMG_7220 (800x528)

細い道。

 

IMG_7354 (800x533)

水路に沿うように小路が通っています。

 

IMG_7374 (800x524) IMG_7304 (533x800)

ヴェネツィアは小路が多すぎて、地図を片手に歩き回っても、すぐ自分の居場所が分からなくなります。
行く当てもなくぶらぶらするのがいいでしょう。

時々思い出したように地図が表示されて自分の居場所を確認できるし、主要なスポットへの道しるべも時々表示されてるので、迷子になることはないと思います。

 

飲食店はお土産物屋さん、雑貨屋さんも何軒もずらーっと並んでいます。

IMG_7440 (800x533) IMG_7457 (800x531)

 

 

 

■世界随一の観光名所なだけある。

この日は、幸運なことに大変な好天気に恵まれました。

ポカポカ陽気が心地よくて、体温の高い欧米人なんかは半袖で過ごしていました。
(私は半袖はさすがに無理)

 

ヴェネツィアは街全体が見所ですが、その中でも見所になるのは、サンマルコ広場(Piazza San Marco)

IMG_7285 (800x533)

ここは世界で最も美しい広場の1つと言われています。
(イタリアね、「世界で最も美しい広場」めっちゃあるよ。笑)

写真じゃあまり伝わってませんが、この広場、ちょー広いです。
そして右手に見えてるあの鐘楼もちょーデカいです。

 

そしてここにいた観光客の人数がビビる多さでした。

IMG_7324 (800x514)

広い広場が埋め尽くされてる・・・・・・

 

IMG_7349 (800x519) IMG_7348 (800x475)

サンマルコ広場の更に東、端まで進んでも、この人の数。

 

IMG_7340 (800x516)

名所らしい、「嘆きの橋」

 

IMG_7425 (800x505) IMG_7422 (800x533)

 

 

 

■仮面が街を飾る

ヴェネツィアといえば「仮面」。

ヴェネツィアで毎年2月末から3月初めまでの2週間に渡って行われる、「ヴェネツィア・カーニバル」のためですね。

この「ヴェネツィア・カーニバル」の最も重要なイベントの一つとなっているのが、仮面コンテストです。
また、このヴェネツィアが発祥となっている仮面舞台会とも結びついて人気を博しています。

 

IMG_7356 (800x533) IMG_7281 (800x533) IMG_7278 (800x533)

 

街中にはたくさんの仮面屋さんが軒を連ねています。

本格的な高級仮面屋さんやコスチューム屋さんから、低価格で買えるお土産物屋さんの仮面まで。

色んな種類の仮面がたくさんあって、それを眺め歩くのも、ヴェネツィア街歩きの楽しみの1つです。

 

 

さて、ここでお気に入りの仮面を見つけてみましょう。

IMG_7237 (800x532)

人型のものから月や鳥(?)をモチーフにしたもの等、色んなものがあります。

 

IMG_7244 (533x800)

人の顔で表情を楽しむ仮面。

 

IMG_7246 (800x533)

「気分は貴族」仮面

 

IMG_7267 (800x533)

目だけを隠し、鼻の長い仮面。

 

IMG_7378 (800x533)

顔に模様、無表情仮面。

 

IMG_7444 (800x533)

顔に模様、満面の笑顔仮面。

 

IMG_7379 (800x533)

「クールな女帝」仮面。

 

IMG_7447 (800x533)

 

目元だけ仮面。

 

IMG_7445 (800x533)

目元だけ、というかもはや隠す意志なし仮面。

 

IMG_7274 (800x533)

ピンクだと、SM感なくなるね、仮面。

 

IMG_7236 (533x800)

似たような仮面なんてつまらない、悪役仮面。

 

IMG_7227 (800x533)

既成仮面なんてつまらない、オリジナル仮面。

 

 

まぁ、本当に色んな仮面がありますが、そんな群雄割拠の仮面の中で、私が気に入ったのはこちら。

 

IMG_7401 (800x533)

こらえきれず漏れてしまった笑み、本来仮面の下に隠すべき表情、仮面です。

んー何ともいえないこの微笑み。

嘲笑にも見えるけど、私には笑っちゃいけない場面で、どうしても笑いこらえきれずについ笑ってしまった、そんな表情に見えます。

 

最後に、こちら、ミニミニ仮面。
目の細さがアジア人のようですね。

IMG_7211 (800x533)

 

 

 

ちょっと長くなりましたが、以上、ヴェネツィア編でした。

 

ヴェネツィアは、今まで色んな写真を見たし、それなりに大きな期待を持っていたんですが、その期待を裏切らないどころか期待以上の素敵な街でした。

 

世界三大がっかり名所というのがありますが、世界がっかりしない名所があるなら、絶対選べられるべきですね。はい。

自信を持っておススメしたい観光地です。水の都ヴェネツィア。

 

次回、ヴェネツィアからフィレンツェに向かった話をお届けいたします。
お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してます。
1日1回うさぎちゃんをクリックしていただけるとランキングが上がります。
よろしければ応援ぽちお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。感謝。

—————————-
リアルタイムはオーストリア・ウィーン(Wein)
まもなくチェコに移動します。
寒いけど、寒いのはいいけど、天気悪いのやだなぁー、もうむしろ雪降って欲しいわぁー
—————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。