【スイス/ローザンヌ】街と坂と湖とぶとう畑と青と黄色。

【143日目】
スイス・ローザンヌ、

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

10月24日25日

 

今回は2日間にわたって観光した、ローザンヌ(Lausanne)とその近郊にあるグランドボー(Grandvaux)という所に行った時の様子をお届けいたします。

 

まず、私、スイスには合計で約6日間滞在ました。
その中で天気が崩れた日は2日だけで、ほとんど晴れた最高に天気のいい日が続きました。

この時期のスイスは、普通は曇ったり雨が降ったり、気温がぐっと下がって、訪れる時期としてはあまりいい時期ではないんですが、私は本当に運が良かったみたいです。

アンディも、「ジーナにはせっかく来るなら、夏のベストシーズンか雪の降る時期に来て欲しかった。今の時期は曇りばかっりだから、今来るって聞いた時は少しかわいそうに思ったけど、ジーナが来た途端、雲が流れて暖かくなって、不思議だね。本当に運がいいね!素敵なスイスを見せることができて良かったよ」って言ってました。

 

まぁ、そんな訳で、別に「晴れ女」自慢つもりわけじゃないんですが、冒頭から晴れ女自慢でした。

 

 

■坂の多いローザンヌ、湖のあるローザンヌ、黄色に色づいたローザンヌ

*写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

 

当初、私はスイスといえば大平原というイメージが強く頭にあったからか、ローザンヌに到着した瞬間、ものすっごい都会でびっくりしました。

でもよく考えればスイスって、色んなものの最先端をいってる技術大国だということに気づくんですけど。

ローザンヌの街。
IMG_6660 (800x533) IMG_6661 (800x533)

ブランドなどのお店が立ち並ぶ都会的な街並み。

 

スイスといえば、時計。
やはりというか、街のあちこちに時計屋さんがありました。

IMG_6799 (800x533)

 

あと、これはスイスに来て思ったんですが、スイスには時計塔がたくさんあります。

今までの国では、街中で時計を見る機会が少なかったんですが、スイスでは時計塔が必ずあるし、店先に時計がぶら下がってる光景をよく目にしました。

IMG_6670 (800x533) IMG_6676 (800x531)

 

 

ローザンヌは、とにかく”坂道の街”という印象が強く残ってます。

IMG_6638 (800x533) IMG_6615 (800x533)
ローザンヌは(というかスイスは)家がすごく可愛かったです。
色使いとか窓の形とかがすごく可愛い。

 

“坂道の街”ローザンヌ。
どれくらい”坂道の街”かというと、建物のこの状態で分かります。

IMG_6674 (800x532) IMG_6653 (800x533) IMG_6650 (800x533)

傾きすぎっていうくらい傾いてますね。笑

雪の時期は大変そうだなーとか、なんかそんな心配をしてしまいました。

 

こちら、ローザンヌの少し高台になっている所からの1枚。

IMG_6626 (800x533)

西陽で白くとんじゃってるんですけど、街の奥、あそこには湖が見えてます。
そしてその湖の更に奥にはアルプスの山々たちが白く薄くそびえたってます。

 

私がスイスにいた時は、ちょうど紅葉の時期でした。
日本みたいに赤と黄色のコラボレーションじゃなくて、銀杏の黄色一色。

IMG_6609 (533x800)

この黄色く色づいた時期に来たらからか、私の中でスイス=黄色になりました。

IMG_6832 (800x521) IMG_6633 (800x533) IMG_6828 (800x533) 
この落ち葉の絨毯の画が好きです。

紅葉(という黄葉)が本当に綺麗でした。

通りに並ぶ黄色に色づいた銀杏並木。
家も可愛い。

IMG_6692 (800x533) IMG_6696 (800x533)

 

こちら、ローザンヌに数多く見られた広告用の看板。

IMG_6723 (800x533)

こうやって道に板が建てられてるんだけど、必ず3枚組なんですよね。
これもまたお洒落で好きです。

 

駅前から南に歩き続けて(結構時間かかって)湖に到着。
レマン湖(Lac Leman)です。

IMG_6789 (800x531)

ボートがあったり、公園があったり、地元民の憩いの場となっていました。

IMG_6769 (800x529) IMG_6785 (800x533) IMG_6747 (800x533) IMG_6731 (800x533) 

白鳥さんもたくさんいた!
白鳥の白が眩かったです。

IMG_6771 (800x533) 

天気が良くて暖かい気持ち良かった。

次の日も最高に晴れたので、次はこの写真の右側に写っている場所に行きました。

 

 

■ブドウ畑とハイキングの村グランドボー

IMG_6859 (800x533)

ローザンヌ駅から電車に乗って、グランドボー(Grandvaux)駅に向かいます。
往復チケットを券売機で購入。5.40ユーロ(約750円)

 

ちなみに、このグランドボー駅の(地図的に)ちょうど真下にキュリー(Cully)駅があって、そこからでもこの景色が見れます。

こちらブドウ畑です。

IMG_6886 (800x519)

こちらの写真も白くとんじゃってますが、真ん中の部分は湖です(スモッグかかってます)。
そして奥には、稜線がちゃんと見えてますが、アルプスの山々です。

 

グランドボーには一面にブドウ畑が広がっています。
でもアンディによると、ここはブドウでは有名だけど、ワインの産地としてはそれほどでもないみたいです。

IMG_6895 (800x534)

IMG_6889 (800x533) IMG_6995 (800x533) IMG_7013 (800x533)

 

ブドウ畑を見下ろしながら、大き目のコンクリートの道を歩いてる、あちこちで村や道を示す看板を目にします。

これはここがトレッキングコースだということを意味しています。

そのトレッキングコースの中継地点として反映してる村がグランドボー(Grandvaux)です。

IMG_6966 (800x563)

ネパールでヒマラヤトレッキングした時に、途中途中で村に寄りながらトレッキングしましたが、そんな感じの雰囲気でした。

アジアがネパールなら、ヨーロッパはスイス、的なね。

IMG_6935 (800x533) IMG_6951 (533x800) IMG_6959 (800x533)

家が相変わらず可愛かったです。
トレッカーの宿泊用だろうなと思われる家々が並んでいました。
簡易なアパートメントみたいな感じ。

 

この村でこの銅像を発見しました。

IMG_6981 (800x533)

何者か存じませんが、立ち姿がおそろしくかっこよかったので、ぱしゃり。

 

グランドボーを散歩してると、右手にはローザンヌの街が見えます。

IMG_7003 (800x533)

 

天気に恵まれたので、素敵な観光の時間を過ごせましたが、これで天気が崩れてたらまた印象は違っただろうなー。

グランドボーの周りのブドウ畑も本当に綺麗だったし、村自体もすごくおっとりしてて雰囲気が穏やかで好きでした。

ローザンヌからは電車ですぐだし(確か所要時間10分くらい)、自転車だと20分くらいかな。
ハイキングがてらに歩いていくのもいいかもしれません。

是非訪れてほしい場所です(天気がいい日に。笑)。

 

 

そんな感じで、今回は写真たっぷりでお届けいたしました。
楽しんでもらえたなら嬉しいです。

 

それでは次回、スイスの首都はチューリッヒとでもジュネーブでもなくベルンなんですよーっていう話と、実はちょー複雑なスイス国内の言語事情をお届けいたします。
お楽しみに。

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してます。
皆様の1日1回のクリックがランキング上昇につながってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつもありがとうございます。感謝。

—————————-
リアルタイムはクロアチア・ドブロブニク(Dubrovunik)
とうとう憧れの地にやって来ました。
今私は最高にハッピー♡
—————————-

コメントを残す