iPhone失くした話とベルギーのこと色々。

【135日目】
ベルギー・ゲント→ブリュセッル

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

10月17日

 

前回までは、ベルギーでのピーターと過ごした日々をお届けいたしました。

ベルギーの締めくくりは、首都ブリュッセル観光です。

ここで1泊してから、次に向かう先はフランス・パリ。

 

本当はドイツに行こうと思ってたんだけど、色々考えてパリに戻ることにしました。

ルートを考える時間はたくさんあったのに、結局、どうヨーロッパを回ったらいいか決めかねています。

難しいよ。
行きたい所ありすぎるよヨーロッパ。

 

まぁ、そんな訳でベルギー最終話どーぞ。

 

 

 

■iPhone紛失。電車に置き忘れるという失態・・・( ゚Д゚)

 

それは、オーステンからゲントに戻る途中でした。

電車の中でトイレに行きたくなって、備え付けられてるトイレに向かいました。

いざ用を足そうとした時、後ろポケットにケータイ(iPhone)が入ってるのに気付いて、それを取り出して棚に置きました。

そして、そのまま、置いたことを忘れてトイレを出てしまいました。
そしてそのまましばらく、ない事に気づかずにいます。

ブルジュ(Brugge)に着いた時、ここで電車を乗り換えました。

その時、やっと気づきました。

 

あれ、ケータイがない・・・。

・・・あ。トイレだ。

 

しかし、時既に遅し。

さっき乗ってた電車はもう既に発車しており、今乗ってる電車ももう動いています。

ゲント駅に着いて、駅員さんに相談して、その電車の中のトイレを調べてもらったけど、トイレには何もないとのこと。

既に誰かが持っていってしまったようです。

 

ピーターは、もう戻ってくる望みはないだろうと言っていましたが、一応手は尽くしてくれました。

駅の紛失届を出してくれたり、iPhoneを探すアプリを使ってくれたり。

でも私も、これは戻ってこないだろうな・・・と諦めていました。

 

ピーター曰はく、「ベルギー人は親切じゃないよ。誰かが置き忘れたiPhoneを見て、『誰か置き忘れてる。困ってるだろうな・・・届けてあげなきゃ』なんて思う訳ない。ふつうは『iPhone見っけ!今日はなんてツイてるんだ!ラッキー!!』と思ってそそくさと自分のものにするんだよ」と言ってました。
また、「拾いものを届けるなんて親切な風習があるのは、アジアだけだよ」とも。

なんかそれってすごい悲しいんだけど・・・・・

 

iPhoneを失くして、後から後から絶望が押し寄せてきたけど、落ち込んでばかりじゃいられない。
この先どうするか考えないと。

 

iPhoneはもう既に解約してるし、乱用されるということはないから大丈夫。
中には大事なデータが入ってて、見られたらまずいものはないけど、なくしたら困るものはある。
でもロックをかけてるからまぁ大丈夫・・・かな・・・

 

iPhoneは失くした。戻ってこない。
代用を新しく買う?
それともiPhoneなしで旅を続ける?

まず、「iPhoneなしで旅を続ける」は到底無理な話でした。

もちろん、なしでも旅は十分続けて行けるし、ないならないなりで旅をしていくこともできると思います。

でも私は必要だと感じていました。
地図とか地図とか地図とか、PDF化したやつとかを見るために。

 

そして、新しく買うことに決定。

 

 

■iPadミニ購入

正直、旅の資金の残高が雲行き怪しくなってきたので、これ以上余計なお金は使いたくありませんでした。

iPhoneの代わりに画面の大きいタブレットを買おうと思っていました。
できるだけ安いのを。

候補に挙がったのは、SAMSUNGとASUS。

 

でもここで、重要な点において、私はちょー高ぇiPadミニを買うことにしました。

その重要な点とは、「日本語入力」機能です。

 

実はSAMSUNGもASUSも「日本語表示」はできるんです。
でも肝心の「日本語入力」ができない。

つまり「sa」と打って「さ」と表示されるこの機能です。

日本語入力アプリを使う手もありました。

でも試しにダウンロードして使ってみると、平仮名・片仮名はいいとして、漢字が変なんです。

ちょっと中国漢字に似てるんですよね・・・

それに、いくら安いとは言っても何万も出して買って、これから日本に帰っても使い続けるとしたら、こんなレベルの低い「日本語入力」では不満なのです。

そう考えると、残された道はアップル社だけでした。

iPodtouchという手もありましたが(安いし)、せっかく買うなら前からずっと欲しかったタブレットが良いと思いました。

そこでiPadミニです。

 

そして買ってから思ったのですが、アップル社を買って正解でした。

というのも、今までiPhoneで撮った写真などが、iCloudを通して保存されていたからです。
さらに電話帳やメモなども!!

だから、私はiPhoneを使ってたその続きのようにiPadを使うことができます。

ほんと、良かったー!!!

(いや、全然良くないんですけどね。この時の出費が後から私に重くのしかかってきますからね・・・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白のiPadミニとカバー。
しめて375ユーロ(約5万円)・・・(T_T)チーン

 

 

■ダッチとベルギーの列車事情

 

さて、いよいよゲントを後にします。
ピーターが学校に行くので朝にお別れ。

本当は昨日出るつもりだったけど、引き留められたので1日伸ばしたのはここだけの話。笑

 

ゲントからブリュッセルまでは電車で1時間。

ピーターが券をくれたので、ただで行くことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここでちょっとベルギーの列車事情を説明しますね。

ベルギーは小国ながら、全国に鉄道網が張り巡らされている鉄道王国。

どこにでも電車で行くことができます。

 

電光掲示板に時刻表が書かれているので、時間、行先、プラットホームなどを確認して乗り込みます。

ただしダッチ*なので読めません。大変。

 

*〔Dutch〕
ダッチって何語なのかずっと今一つ分からなかったんですが、どうやらオランダ語に似ているみたいです。日本には「ダッチ」っていう言語分類がないのでよく分からなかったんですが、オランダ語の方言のようですね。最初、ドイツ語が「Deutsch」と表記されるので、ドイツ語の一種かと思ったら違いました。

 

 

ベルギーの列車は同じ路線なのに、数本列車が走ってることがあります。

これは、停車駅が違うので要注意です。

あたしもよく分からないのですが、確実なのは、窓口に聞いてどの列車に乗るのか教えてもらうのが一番いいです。

 

ちなみに、ピーターが私にくれた券というのは、50ユーロで全列車を10回分乗り降りできる回数券のことです。

1枚の紙になっていて、そこに列車に乗る度に日付と曜日と、出発・到着駅を書き込みます。

そして、これはベルギーに限らず他のヨーロッパ諸国でもそうなんですが、電車に乗り降りする際、チケットのチェックを受けません。

日本みたいな、改札機がないのです。

正直、無賃で乗り降りしてる人、きっと何人もいると思います。

でも時々、電車の中でチケットチェックをすることがあって、この時チケットを持っていないと罰金(たしか100ユーロ以上?)を取られます。

ピーターが私にくれた券は9回分使われてましたが、そのうち、チェックされたのは1回きりでした。

 

なんかさ、チケット代がバカ高いから、こういうのちゃんとやってくれないと、なんかちょっと虚しくなるよね。

ヨーロッパで電車を利用してて、正直、この誘惑に負けそうになる時あります。

「どうせ・・・チェックされないんだし・・・」てね。

でもいざという時怖いから、買うんだけどね。笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「Gent-Sint-Pieters駅」

 

 

■ブリュッセルの安宿

さてそんな訳でブリュッセルに到着。

ブリュッセルには駅がいくつかあってややこしいです。

中心地の最寄り駅となるのは、「ブリュッセル・セントラル(Bruxelles-Central)」
国際線や長距離列車が発着するのは、「ブリュッセル・ミディ(Bruxelles-Midi)」

 

 

そして私が予約した宿はこちら。

「Hostel Grand Place」

その名の通り、グランド・プレスのすぐ横にあって、立地は抜群!

IMG_6212 (1024x683)
居心地のいいロビー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
10人ドミ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キッチンあり。ちょー綺麗。

10人ドミで26ユーロ(約3,500円)。

無料Wi-fi、朝食付き、キッチン付、ヘアドライヤー有。
何より、立地が抜群!!
徒歩10秒で、グランド・プレスに着きます。笑

 

ただし、問題が一つ。

この宿には、スタッフが常駐していません。
また、受付もありません。

つまり、チェックインするために、ここから徒歩約20分の所にある同じ系列のホステルに出向いて、受付をして鍵を受け取って、ここに向かわなければならないのです。

それだけがちょっとめんどくさいかな。

でも部屋もすごく綺麗だし、高いけどコスパ自体は良かったです。

 

 

少し長くなっちゃったので、ブリュッセル観光は次に持ち越します。
すみませぬ。

 

次回、世界遺産グランド・プレス、やっぱりしょぼかった小便小僧、美食の国ベルギーのスウィーツ等、お届けいたします。お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してるので、良かったら応援ぽちお願いします。
1日1回クリックしてくれると、ランキングに反映される仕組みなんですよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはイタリア・ローマ。
ちょっと今、色々とやる気がダダ落ちしてて、自分にげんなり中です。
天気悪いとそうなっちゃうからわたし、お願い晴れて。
—————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。