【ブルージュ】天井のない博物館

【129日目】
ベルギー・ゲント(Gent)→ブルジュ(Brugge)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

10月11日(金曜)

 

8日(火曜)の夜にゲント(Gent)に着いてから、ずっと天気が悪い。

曇ってるか雨降ってるか。

しかも梅雨みたいに、雲がずっと停滞してるという訳じゃなくて、山の天気みたいに雲の流れが早くて天気が移り変わりやすい。

 

さっきまで晴れてたかと思うと、数分後窓の外を見ると、窓に雨粒が叩き付けられる豪雨。

えーーさっきまであんなに晴れてたのに・・・!?

っていうような天気が続くので、もういささかも出歩く気になれないのは致し方ないことだと思うのです。

 

 

 

私は今、ベルギーのゲントにいます。
ピーターの部屋がここにあるので、泊まらせてもらってます。

 

ピーターの家は、もう少し東にあるアルター(Alter)という所にあるんですが、ゲントの高校に通うピーターはここで一人暮らしをしています。

平日は、ピーターが学校に行ってるので、一人でぶらぶらしたり、部屋でまったりしたり、完全に人んちで沈没しちゃってます。

 

 

金曜日のこの日も、相変わらず天気は悪いんですが、いつまでもこうしてるわけにもいかないので、今日は少し遠出してみようかなと思い立ちました。

 

ピーターもいい加減あきられてるからね・・・

 

向かうのは、「天井のない博物館」と称されるブルジュ(Brugge)

*一般的に「ブルージュ」と呼ばれてますが、現地の発音に似せてカタカナにすると「ブルジュ」なのでこれで貫かせていただきます。ちなみに「ブルシュ」よりの「ブルジュ」でお願いします。

 

ピーターが「絶対行くべきだよ」と勧めてくれたんですが、ピーターに言われるまでこの地名聞いたことありませんでした。

ベルギーの中では有名な観光地なんだけどね。

 

ベルギーといえば、首都のブリュッセルダイヤモンドの街アントワープチョコレートとレース刺繍の街ブルジュ、というのが抑えるべき観光地なんだそうです。
(ピーター談)

 

 

今回は行くのを断念したんですが、アントワープも行きたかったな。

アントワープ(Anterwep)には、「フランダースの犬」で有名なノートルダム大聖堂があるんです。
主人公のネロが見たがってた「ルーベンスの絵」とやらを見てみたかったな。

 

 

そんな訳で、重い腰を上げていざ観光です。

チョコレートとレース刺繍の街ブルジュへ。

 

 

ゲントからブルジュへは電車で向かいます。

窓口でブルジュ行きの往復チケットを購入。
12.60ユーロ(約1,700円)

片道20分くらいでたどり着きます。

IMG_5941 (1024x673)

 

 

駅を出たら、ブルジュの中心地まで少し歩かなければいけません。

バスなどが出てると思いますが、地図を見る限り歩ける距離だったので歩くことにしました。

駅からそっちの方向に向かって歩いてる人、結構いましたね。

 

 

ブルジュに関しては、インターネットでざっと調べて、「天井のない博物館」というネーミングだけですっかり虜になって、「中世の街並みが残る街」という情報だけで満足してしまったのでそれ以上何も調べてないです。

 

ピーター談によれば、ブルジュは、チョコレート大国ベルギーの中にあって、その中でも特にチョコレートで有名な街なんだそうです。
「お土産でチョコを買うならブルジュで」ということらしい。

 

 

さてさて。

 

中心地へ向かう道のり。

こんな素敵な煉瓦造りの街並みを歩きます。

IMG_5946 (1024x683)

 

IMG_5947 (1024x670)

 

 

ここは中心地から離れてるので、人がまばらで静かで落ち着いた雰囲気でした。

写真を撮るために立ち止まったり、ゆっくり見物しながら進んで20分くらいかな。
少しずつ人通りも多くなってきて、賑やかな雰囲気になってきました。

 

IMG_5964 (1024x683)

 

有名なお店が立ち並ぶ大通りに出ます。

建物も全部煉瓦造りなので、ショッピング街でもあまり派手派手してなくていいですね。

IMG_5956 (1024x683)

 

 

 

分かりやすいようで結構分かりにくい道標。

IMG_5951 (1024x683)

 

 

 

人の多い方、多い方へと進むと、ぽっかりと大きな広場に出ます。

(広大すぎて撮影不可。笑)

その広場がきっと中心地。
たくさんの団体客と、現地の子供たちが、課外授業をしてました。

その広場から東側の方に進むと、「中世の残る街並み」的な街並みが広がります。

IMG_6036 (1024x683)

IMG_6021 (1024x683)

IMG_6038 (1024x683)

 

観光の中心となってる場所のようで、必然的にお土産物が並んだりと「観光地」しすぎてそこまで”中世”感じなかったけど。

でもやっぱり素敵な街並みであることに変わりはありませんでした。

 

 

ブルジュを馬車で周るのもなかなか良さそうです。

IMG_5994 (1024x683)

 

というか、馬さん、超立派。

毛並みよすぎだし、筋肉の付き方がカッコいい。

同じ馬車でも、アジア(バガンとか)で見かけた馬車(お馬さん)とはレベルが違いました。

体つきが違うもん。
馬車自体もカッコいいしね。

IMG_5982 (1024x683)

 

 

 

そして、そんなブルジュを歩いてると何軒も立ち並ぶ、チョコレートと刺繍のお店を目にします。

IMG_5961 (1024x683)

IMG_5988 (1024x683)

お店には必ずショーウィンドーがあって外から中が見れるので、気兼ねなくたくさん写真が撮れました。

買う気0でお店入るの、私結構勇気いるんですよね・・・
さらに、買う気0で写真撮るのも結構な勇気いるし。

 

IMG_5958 (1024x683)

基本的にチョコは山積み。量り売りです。

 

IMG_5967 (1024x683)

こうやって簡単に包装されてるものあります。

 

IMG_6057 (1024x683)

チョコ大好きっ子としては、全部試食したいくらい!
(まーチョコはみんな大好きだよね)

 

IMG_6094 (1024x683)

丁寧に重ねられてるのは、ちょっとお高めのチョコ。1個計算で販売。

 

IMG_6089 (1024x671)

これもチョコなのかな・・・?ち、ちがうかな・・・?笑

 

そしてレースも。

IMG_6061 (1024x683)

IMG_5989 (1024x683)

IMG_6000 (1024x683)

テーブルクロスやカーテンなども売られてますが、こういう小物レースもあります。

レースってさ、「ザ・欧米」っていうイメージ。
日本ではないじゃん、確実に。
そして中世って感じ。

(なんか・・・すげぇ薄い感想・・・笑)

 

IMG_6065 (1024x683)

 

 

そんな感じですかね。

ブルジュは水の都ともいわれてるらしく、街中に水路が流れていました。

というかそれ言うなら、ゲントにもね、流れてるのよ水路。

海から離れてるし、近くに山はないし、大きな湖もないし、大河が近くにあるわけじゃないのに、不思議だね。
平らだからかな。

 

 

やっと観光らしいことして、満足しました!

途中途中で雨に降られてしょんぼり時間長ったけど楽しかったです!

やっぱりヨーロッパは街並みが綺麗だね。
画になる。

 

 

 

さて次回、私とピーターのプチ同棲生活を赤裸々にお届け。

・・・あー・・・たぶん・・・?笑

まぁ、お楽しみに。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加してるので良かったら応援クリックお願いします。
素直じゃない私だけど、実はポチ数多いと嬉しいんだからね!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとさん。

—————————-
リアルタイムはイタリア・ヴェネツィア。
いやーマジで素敵でした、水の都。
次はフィレンツェに移動します。今度は花の都。
イタリア、見所多すぎて参るね。
お財布はもう既に参ってるね。
—————————-

コメントを残す