【ミャンマー】バゴーとかいろいろ。写真だけで勘弁して。

【62日目】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

8月5日(月曜)

 

あんまり感慨深くないけど、せっかく行ったし、軽くでも記事にしようかな。

 

ということで。
何の知識もありませんし、むしろどこ?なに?の連続ですが、ミャンマーにはこんなものがあるんだなーってことだけ分かってもらえれば私は満足です。
私は。笑

地球の歩き方を見て確認してます。

 

 

どっかの途中で見た僧侶たち。

IMG_5466 (533x800) IMG_5469 (507x800)

IMG_5475 (800x533)

これ、寄付を求めてねりあるいてます。

傘さしてるのは日よけだと思われます。
お坊さんたち坊主だし、頭への負担過ごそうだもんね。熱中症対策。

それにしてもちょっといかめつい人多いな・・・

 

 

【シュエモード・パヤー】
バゴー最大の見所らしいです。
何度も再築されてその都度高くなっているとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

【チャイブーン・パヤー】
高さ30mの太い柱4面にそれぞれ座仏創られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

【シュエターリャウン寝仏】
全長55mの寝仏。
いつも思うんだけど、ミャンマーの仏像の顔って親しみ持てるようなばっかり。
目とか口とか眉毛とかしっかり書かれてるし。
中国系の顔とインド系の顔があって、その顔つきで造られた年代が分かる、とガイドさんは申してました。

IMG_5460 (800x533)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ミャンマーの寺院には必ずこういった壁画があって、ブッダの生涯を追って知ることができます。
これは文字の読めない子供に分かりやすく教育するためだと、ガイドさんは申しておりました。

 

 

 

【不明・・・】
よく分かんないけど、蛇が祀られてる所。
巨大な蛇がいるんだけど、この蛇、ある僧侶が自分の母親だと思ってずっとそばに置いてたとか。
母親が死んだ後にこの蛇が来て、母親の魂が乗り移っていると信じているそうです。
それでなぜ、他のミャンマー人も拝んでるのかは分かりませんが。

IMG_5615 (800x533)

 

 

 

バゴーにある寺院に入るためには、10ドルの入域料を支払う必要があります。
10ドルで寺院見放題みたいな。
でも、寺院に行くたびにカメラ料を取られます。
カメラ1つに付き200チャット。

 

ミャンマーって、いちいちお金取るんですよね。
全てに外国人価格が適用されるの。しょうがないんだけどさ。

 

 

えっと、以上です(;・∀・)アハ

次回は、ヤンゴンに戻った話。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
うさぎちゃんを押していただけるとランキングがあがります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。

—————————-
リアルタイムはたぶんムンバイからチットールガルに向かう途中。
予約投稿してます。
—————————-

コメントを残す