雲が通り抜けるチャイティーヨー。

別に興味なかったけど、付き合わされたチャイティーヨー行き。です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

8月4日(日曜)

 

ホテルからヤテタウンという所までミニバンで行きます。

1泊分の必要最低限の荷物だけを持って、他はミニバンに残しておきました。

ピックアップに乗って、頂上のチャイティーヨーを目指します。

 

このピックアップ、人数が集まり次第出発します。

ここに40人ぐらい乗るそうです。
半分くらいが外国人ツーリストでしたね。

料金は片道2,500チャット(約250円)です。

 

ここから急勾配の坂を上っていきます。

この時は雨が降っていました。
ピックアップに屋根はありません。

みんな持参したカッパを着ていますが、なくてもここで買えます。
安っぽいビニール雨合羽が1,000チャット。高いな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後ろにあるのがピックアップ。
いつ出発する分からない。

 

ここから頂上まで30分くらい。
途中で何度か発着所に寄りますが、誰かが乗ってくることはありませんでした。

 

そしてこの道がものすごい悪路です。
身体があちこちに揺れます。
トラックの荷台に横に板が5・6枚張られててそこに座るだけだから不安定です。
ジェットコースターみたいだった。

 

そして雨に打たれながら山頂に到着。
周り一面雲(霧)で周りの状況がよく分かりません。

 

IMG_5503 (800x533)

 

ホテルにチェックインして、そのまま観光に出かけます。

 

途中で、右手に入域料を払う場所があります。
1人6ドルです。

 

紙でできた通行証をもらえるんですが、これ1度も確認されませんでした。

 

まっすぐ進むこと約5分、チャイティーヨーの入口に着きます。
ここで靴を脱ぎます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雨降ってるし、下はタイル張りなので危ないし、何より寒い。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この付近に靴を入れるロッカーがあるんですが、
ガイドさん曰く、鍵があるわけじゃないし誰でも開けられるからここに預けないで、自分で持ってた方がいいとのことです。

 

周りが雲に包まれてるので、もはや何が何だか分かりません。

 

しばらく歩いていくと、見えてきました。
ゴールデンロック。

IMG_5490 (533x800)

黄金色に輝いています。

確かに絶妙なバランスで危うい感じで止まってます。

これを見たら神聖化して崇めたくなる気持ちも分かります。

この岩に近づいて手で触れるんですが、男性限定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しかもカメラを持ってはいけないし、荷物も預けなきゃいけないみたいです。

岩に近づける所と、ゴールデンロックをベストポジションで見れる所も男性しか上がれませんでした。

 

 

こちらは鈴です。

IMG_5501 (533x800)

IMG_5500 (800x533)

日本の絵馬的なもんですかね。

 

 

そのままガイドさんの後について進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オンシーズンになればもっと人がいてここも活気に満ちたものになるんでしょうけど、今日は雨だし、閑散としています。

犬がやたらといました。
がたいがしっかりしたカッコいい犬ばかりです。

 

この先を進むと、この山頂辺りに住む村落に着きます。

特に何があるわけじゃありません。
ただ人が住んでます。

 

 

ガイドさんに軽く色々説明してもらって、そそくさと宿に戻る。

 

夕方頃、雲が流れて少し天気が回復したので、再びチャイティーヨーを訪れます。

 

IMG_5507 (800x533)

 

雲が晴れるとこんな感じなのね。

IMG_5545 (533x800)  IMG_5529 (533x800)

夕焼けがキレイだったけど、瞬間瞬間で雲がかかってうまく写真が撮れない・・・

 

 

IMG_5543 (800x533)

もう遅い時間なのに、少なくない数の人がお祈りにきていました。

熱心です。信仰心厚いなぁー本当に。

 

IMG_5567 (800x520)

ここがベストポジションの、女人禁制の場所。
奥行1~2mのちょっとしたスペースなんだけどね。

ここで男性がひれ伏してお祈りしています。

 

この後宿に帰ったんですが、途中街灯が全く真っ暗でした。

夕方チャイティーヨーへ行く人は懐中電灯持って行った方がいいです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝、ホテルのレストランから見たチャイティーヨー。

雲がなければ、ここって最高に見晴らしのいいところだよね。

 

 

次の日、下山します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
発着所近辺の様子。
お土産物屋がずらっと並んでます。

 

 

ピックアップに乗ろうとしたけど、何とピックアップは既に行ってしまったとのこと。

 

ちなみのピックアップの出発時間はよく分かりません。
人数が揃い次第出発だから時刻表あってないようなもんかな。

でもたしか来る時も今も、朝の9時半頃目指して発着所に来たような気がします。

 

それで、ここでピックアップが来るのも何なので、一つ下の発着所まで徒歩で下山することにしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
20~30分くらいここを歩き下りました。
天気が良かった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中で通った村落の子供たち。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
道に思いっきり広げられてるのは洗濯物。
しかも洗濯済み。これじゃ洗った意味なくない?笑

ちなみに道一面に撒かれてる白い粉。
よく分かんないんだけど、たぶん滑り止め?
いやでも、その役割あんまり果たしてなかったから違うかも。

 

 

そしてピックアップ乗り場に到着。
案の定いつ出発するか分からないので、ひたすら待つ。

IMG_5587 (800x533)

 

帰りは私たち助手席に座らせてもらいました。
屋根もあるし快適。
相変わらず揺れるけど、荷台よかは良かったな。

 

着いたところは、多分行きとは違う場所でした。

既に迎えのミニバンが来ていたので、このままヤンゴンに戻ります。

 

 

【感想】

ヤンゴンからチャイティーヨーまで、自力で来るのは大変そう。
あまり興味がなかったゴールデンロックだったけど、人が少なかったらから、静謐な感じで重々しい雰囲気があってすごく良かった。
女人禁制は残念だったけど、こういう文化が確かにあるんだよなーと改めて実感。

 

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
うさぎちゃんをクリックしていただけるとポイントが入ってランキングが上がります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ありがとうございます。
只今40位台半ばくらいです。

—————————-
リアルタイムはムンバイに到着した頃ですかね。
そうです。予約投稿してます。
そうじゃないと2日間はまた更新できなさそう。
この日中にムンバイを出て一気にチットールガルまで行きます。
—————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。