初めてのひとり旅で気付かされたこと。

3年前の夏、あれは大学4年生の夏でした。

初めて「本格的なひとり旅」をした時のこと。

行先はトルコ。その時のお話です。

テレビで、カッパドキアの景色を見てから
ずっとずっと、ずーっと行きたくて行きたくてたまらなかった国、トルコ。

行こうと決心するまで色々あったんですが、とりあえず割愛。

夏休み中に行こうと思ってたのに
流れで7月半ばという微妙な頃合いのチケットを購入してしまい

その頃、豚インフルエンザが世界中で大流行し
日本から出るなムードが立ち込めていた中、

怒られるのが分かっていたから親に内緒で旅を決行し

旅行中に提出期限が迫っていたいくつかのレポートを完成させるために
出発前夜まで徹夜状態が続いた
そんな最悪よりは少しだけマシなコンディションの中で
私の初の「ひとり旅」は始まるのでした。

「無計画」が「旅人らしさ」だと勘違いしていた若かりし私は
ほとんど何の情報も得ないままにトルコの地に足を踏み入れます。

今考えるとただのアホです。

「勇気」と「無謀」をはき違えた大ばか者です。

だってレポートが・・・
とかいう言い訳で自分を納得させていた自分をタコ殴りにしてやりたい

そう思うほど、実際わたしめっちゃ大変でしたからねっ!!

現地に着いてから、あれ、トルコってトルコ語なんだー
っていうレベルですからねっ!!なめてるわ完全に。

無謀ながらもなんとか無事に終えた約10日間のトルコ周遊旅行では
イスタンブール、カッパドキア、アンカラ、サフランボル
の4ヶ所をめぐりました。

さまざまなことがあってさまざまな出会いがありましたが
今回は特に印象に残ってる1つの出会いを少し書きたいと思います。

イスタンブールの街を一人で散策していた時のことです。

カメラ片手にぷらぷら歩くのにはもってこいの
ほんとに素敵な街並みでした。

一人で写真をぱしゃぱしゃ撮っていたら
トルコ人の男子学生2人組が声をかけてきました。

その頃のあたしは、
色んな人からの声掛けに嫌気がしていて
ほんとにほっといて欲しくてしょうがなかった。

一人でいると客引きに声をかけられたり見知らぬ人に近寄られたり
ゆっくりじっくりと写真を撮る余裕もなくて
カフェでのんびりとお茶をする勇気も出ませんでした。

今思うとかなり人間不信になっていたし
もしかしたら素敵な出会いをいくつも逃していたなーとは思うんですが

初めてのひとり旅で警戒心が異常に高くなっていたし
準備不足でいらぬ苦労も余計に背負っていたので。。。

だからこの2人が声をかけてきた時は
「またか・・・」という気持ちしかありませんでした。

警戒心丸出しだったのでが、
正直その時、ちょっぴり迷子になっていたので
ありがたく2人の案内に甘えることにしました。
少し話した感じ、いい人そうだったし。(こういうの危ないよね実際)

2人は、とにかく興味津々の塊でした。笑

私の持つカメラに興味津々
撮った写真に興味津々
女子一人がぷらぷらしてることに興味津々
私の旅に興味津々
日本人の女子学生に興味津々
日本に興味津々

いろんな質問攻めにあいましたが
私は彼らに何か一つでもきちんと伝えられた自信がありません。

色んな質問の中でこんなものがありました。

「サムライとニンジャはどう違うの?」

その質問に私は困り果てました。

どう英語で表現するのかももちろんだけど、
自分でもびっくりするくらい一つも知識が出てこなかったからです。

彼らと話をしていて
心の中でむくむくと膨れて大きく広がるものを感じました。

それは今までの旅行で芽生えて、少しずつ成長して
それでも今までずっとなるべく目を向けないようにしていたものです。

それは、恥。

自分が日本を何も知らないことに対する。

わたし、日本のこと、なにも知らない。

本当の意味での知識。なにも。

日本に対する知識を持ち合わせないのに
人一倍に海外に興味を持っていることがすごく恥ずかしいことのように思えました。

どうして今まで自分の住む国に対して
関心を持つことをしなかったのか。
関心が持てないことを自覚してなかったのか。
知らないことを恥だと思えなかったのか。

ただただ自分が恥ずかしくて、情けなくてしょうがなかった。

その時は、そこまで深く考えてなかったかもしれないけど

なぜか2人に顔向けできない気持ち、
言いようない恥ずかしさけが込みあげてきたのです。

この出会いは、
彼らが私に純粋な疑問と興味で質問攻めにしたこの出来事は

もっと日本を知りたい

という決意をさせたきっかけとなりました。

もちろん、何もかもを知った上で
世界を旅するなんていうのは、私には果てしなく無理だけど

それでもせめて、あの時のような
顔向けできないくらい情けない気持ちを味わわないように
自分を納得させるだけの知識は身につけたいと思うのです。

今ならサムライとニンジャの違いちゃんと説明できるよ!
なんならヤクザの存在だって+αでつけちゃうよ!笑

どうせ世界旅行するなら、わたし、堂々と旅したい。

自己満足でもなんでも、納得して旅がしたい。

まーいざとなれば、
インターネットという現代の利器の力を大いに活用しまっさ。

そんなふうに、
日本を知ることの大切を知ったはじめてひとり旅でした。

出発まであと2週間。

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、応援・励みの一押しお願いします。


にほんブログ村

*1クリックでポイントが入る仕組みです。
*スマホはパソコン版にしてからクリックしてくらさい。

*Facebookページ作りました。
ジーナリンの世界放浪の旅キロク』へ

コメントを残す