【ブリスベン観光・前編】こじんまりとした都会

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もゴールドコーストからこんにちは、ジーナリンです。

お休みの今日は、久しぶりにダラけきった休日を過ごしました。

5度寝くらいしてやっとベッドから起きたのはお昼頃。
寝すぎて体が重く、頭も痛い。

午後もベッドの上でごろごろしていつの間にか寝てしまい
気付いたらもう外が暗くなっていました。

 

 

まぁ、そんなわけで、ブログ更新です。←

 

先週の4連休2日目、火曜日の出来事。

ブリスベンという街に行ってきたお話です。

 

ほとんどの人はもしかしたらあまり聞き馴染みがないかもしれませんが
オーストラリアでワーホリや留学を考えている人にとってはとてもメジャーな街です。

(私もワーホリ候補地に挙がった時に初めて知った地名)

 

ブリスベン(Brisbane)はオーストラリア第3の都市で
(第1はシドニー、第2はメルボルン)
クイーンズランド州では最大の都市になります。

ゴールドコーストの北に位置していて、
車で約1時間、と実はとっても近いんですよ。

前回の記事で登場したクーランガッタが
クイーンズランド州の端っこになるのですが
その距離感を見ていただければ分かるかと思います。

 

 

今回のお供は、珍しく休みの重なった
毎度おなじみのルームメイトのまなかちゃんです。

 

ブロードビーチに住む私たちは、
徒歩でバス停まで行き、そこからネラング(Nerang)駅までバス、
そして電車に乗ってブリスベンのセントラル(Central)駅まで向かいます。

 

Broadbeach South(ブロードビーチサウス)のバス停から
Nerang(ネラング)駅までは約20分くらい。

ちょうどバスが来ていたので乗り込みました。
ほぼ貸し切り。

 

ネラング駅のバス停(バスターミナル?)

 

バス停の奥にあるトレインステーションへ。

 

goカードの話、したことありましたっけ?

goカードは、日本でいうsuicaやpasmoみたいな電子切符のことです。
日本と大きく違うのは、goカードを使うとかなり割安で乗れるということ。

例えば、ゴールドコーストからブリスベンまでは
普通に切符を買うと片道15ドルかかります(往復30ドル)。

でも今回goカードで使ったら
行きは約6ドル、帰りは約11ドルでした(往復約17ドル)。
(もっと細かい金額でしたが覚えておらず…)

そして、行きと帰りで料金がなぜ違うのかは、謎です。

 

 

プラットホーム。

電車に乗り込み、揺られること1時間10分。

ブリスベン・セントラル駅に到着です。

セントラル(Central)駅

 

着いたのはお昼頃。

この日は、ブリスベンに住んでいる人と会うことになっていました。

その話は、次回にさせていただくとして、
今回は、ブリスベンの街のご紹介をさせてくださいまし。

 

 

■こじんまりとした都会

 

ブリスベンの印象は、色んな人たちから聞いてはいましたが
多くの人が言うのは、小さな街だということ。

私はメルボルン(オーストラリア第2の都市)を見てしまっているので、
そこに比べると、都会ぐあいは小規模だなーと思いました。

 

もうひとつ、東北出身だからこそ抱く印象かもしれませんが
「ブリスベンは仙台に似てる」という風に言う人もいます。

↑の写真なんか、まさに青葉通りだなーって思いました。笑

 

実際、電車で見えてきたブリスベンのビル群を目にした時、
「あれ、たしかにあの感じ、駅前の仙台っぽい・・・」と思ったのは間違いない。

 

でも歩いてみたら、やっぱり仙台なわけはなく。

↑の写真はなんと市役所・区役所。

 

街並みは小ぎれいで、程よく賑わっている感じ。

 

緑が多くて、爽やか。

 

やっぱり寿司屋が多くて、ディプレイがお洒落。

思ったけど、こっちの人がお寿司(というか巻きずし)を食べる感覚って
日本人がおにぎりを食べる感覚に近いんじゃないかなーって思います。

気軽に軽食を食べる感じで。

 

アジアン人多いなーと思いました。
でも意外と日本人少ないなーとも思いました。

ゴールドコーストでは、特にサーファーズを歩いていると
必ずと言っていいほど日本語が耳に届きますが、ブリスベンはそれよりも全然少なかったかも。

 

カフェがやっぱり多く、そして驚いたのがチョコ屋さん(チョコバー的な?)お店も多かったこと。

 

街の中心部は小さく、歩いて回れるくらいの範囲ですが、
そのザ・中心には歩行者天国のようになっているストリートがありました。

 

クイーン・ストリート(Queen Street)

色んなお店が両側にずらっと並ぶ、オシャレな通りです。

 

 

メルボルンやゴールドコーストとはまた違った印象のブリスベン。

程よく都会で、メルボルン程はごみごみしてなくて
ゴールドコーストよりは栄えていて便利そう。

 

私は正直、住むならゴールドコーストの方が好きだし(海が近いから)
都会の雰囲気ならメルボルンの方が好きですが
ブリスベンの街並みも好きだなーと思いました。

 

川を挟んだ南側のエリアはまた雰囲気ががらっと変わって
憩いのスペースもたくさんあるんですよ。

 

次回は、南側のエリア、サウスバンク(South Bank)のご紹介をしますね。

ついでに、日本が好きで、
私の地元を愛するオージーの青年にも会った話をお届けいたします。

お楽しみに。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。

ジーナリン
About ジーナリン 414 Articles
9ヶ月間の世界放浪旅(2013.6-2014.2)を終え、現在オーストラリアでワーホリ中(2017.3.31スタート)。 *コメントは承認制にしています。 反映されるまで時間がかかる場合があります。 ご了承くださいm(__)m

Be the first to comment

コメントを残す