名前の響きは最高ね「サーファーズパラダイス」

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

こんにちは、毎度のジーナリンです。

8月も4日目を終えようとしています。

最近暖かいなー冬も終わりかなーと思ってたら
また少し肌寒くなってきました。思わせぶりです。

 

 

さて。

 

今回は、改めてゴールドコーストの街並み紹介をしたいと思います。

ゴールドコーストとひとくちにいっても
郊外の方まで入れれば広い地域になります。

今回は、ゴールドコーストといえば、な
サーファーズパラダイスの街の様子をお届けいたしますね。

(そうえいば、写真だけ撮ってお蔵入りさせるところでした)

 

改めて。

私が今住んでいるのは、ブロードビーチという地域です。
保養所として有名らしく、休暇を満喫するオージーファミリーがたくさんおります。

語学学校などが多く、留学生に人気の地域がサウスポート。
街を歩くとアジア人をたくさん見かけます。

その間にあるのが、観光地として有名なサーファーズパラダイス。
観光客がたくさんいます。

といっても、有名な観光地は、ビーチ寄りのとても狭い区域です。

 

ブロードビーチからサウスポートまでは、トラムで約20分くらいの距離。

ブロードビーチからサーファーズパラダイスまでは歩いて行ける距離です。
場所にもよるけど、徒歩30分くらいかな。

 

 

私はよくビーチを歩くのですが、
歩いていると、気付けばサーファーズまでたどり着いてることが多々。

地平線の果てにビル群がはえてますが、そこがサーファーズ。(たぶん)

 

 

写真をさっとどーぞ。

雰囲気だけでも伝われば幸いです。

 

高い建物がいっぱい。
ホテルか高層マンションです。

 

 

この写真は、メルボルンからゴールドコーストに移ったばかりの時に撮ったのですが、
初見の感想は、正直にいうと、「え、こんなもん・・・?しょb・・・」でした。笑

 

 

たまたまだったのか、お昼時なのに人通りがほとんどなくて(この辺りは南の端っこの方でした)
お店や通りが閑散としていて、本当にここがゴールドコースト随一の繁華街なのか???
と我が目を疑った程です。

メルボルンの街並みに目が慣れていたこともあったので
やっぱり都会具合の規模の違いがやたら目についたんでしょうね。

(でも何度かサーファーズに来てますが、観光客は多いですよ。実際)

 

 

噂には聞いていましたが、日本食レストラン、多いですね。

メルボルンも、ラーメン屋と寿司屋は本当に多かったですが
ゴールドコーストも然り。主に寿司屋。

 

この辺りが、ザ・中心部。

ギターが目印のHard Rock Cafe。

ハンバーガーが美味しいこのお店は私にとってとても思い出深いレストランです。
このブログで一時期レギュラーの座を仕留めた例の彼が(分かる人いるかな~笑)
このお店を大好きで、世界中に支店があるこのお店のTシャツをコレクションしていました。
地域限定Tシャツってやつです。
Tシャツにはそこの地名が入っていて、もちろんそこでしか買えない。
久しぶりにこのお店のロゴを見た時とっさに
「あ、ここのTシャツを彼に買ってあげよう」と思ってしまいました。
世界中を旅する中でこのお店があったら彼に買ってあげたその習慣のままに。
数分間なんの違和感もなくそう考えていたけど、ふと我に返りました。
「あれ、なんであげなきゃいけないんだろ・・・」
なんでそんなこと思っちゃったんだろ。私たちはもうそんな関係じゃないのに。
このお店を最後に見たのは約10ヶ月前。
彼と連絡を取らなくなってから約8ヶ月。
彼を久しぶりに思い出した瞬間でした。

 

 

急に脱線。笑

毎度のことながらスミマセン。

 

さぁ、さくさくいきますよー

インフォメーションセンター。
この写真の奥に進むとビーチがあります。

ていうか、写真整理してて気づいたのですが、
サーファーズのビーチ、写真撮ってませんでした。笑

 

ビーチの手前にコレがあります。

ビーチ沿いの遊歩道(的な?)もすごく雰囲気がいいんですけどね。
写真、ない。笑
(今度御撮りしていつかお見せします)

 

 

お店の数は本当に多いです。

 

UGGはオーストラリアのお店。
もふもふのブーツが有名でしょうか。
あちこちにお店がたくさんあります。

 

街の中をトラムが駆け抜けていきます。

陽気な人が多いですよ。

噂通り裸足で歩いている人も多いですね。冬なのに。

夏になったら、海から上がった格好の人たちがきっと街中を闊歩しているに違いない。

 

ゴールドコーストの宣材写真のような上の景色を見ることができるビルがあります。

もちろん有料なので、まだ行けません。

この街を去る前にのぼろうと思っています。

 

 

 

以上が撮ったはいいが1ヶ月以上放置していた写真。

 

 

サーファーズといえば、クラブの街としても有名で
昼間からナイトクラブの勧誘(?)しているイケメンたちがあちこちにおります。

クラブに行ってみたいんですが、
これに関しては1人で行く勇気がないので
(ていうか1人での楽しみ方が分からない)
誰か一緒に行ってくれる人が見つかったら
またそちらもレポートしますね(^_-)-☆

 

 

今回はこの辺で。

 

お仕事の件、進展があります。

そのことはまた今度の記事で。

ひと言、これだけ。

「やっぱり頼れるのは自分」

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキング参加してます。
いつも応援ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。