【収支報告】メルボルンで1ヶ月生活して使ったお金計算してみました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

3月31日にメルボルンに到着してから、既に約1ヶ月半が経ってしまいましたね。

まじで。早いです。早すぎます。驚愕です。

 

というか、なんと気付けば5月も半ばじゃないですか!!
もうすぐ6月になって、そしたら今年も残り半分で、つまりもう今年も終わるじゃないですか!!

 

なんてこった・・・

いいの?
時間ってこんなに早く過ぎてしまっていいものなの?

いいの?え、本当に??

誰か、時間、盗んでたりしない???
(ミヒャエルエンデの「モモ」読んでる人は分かってくれるハズ)

 

あ、どうも、毎度のジーナリンです。

 

お札に人物画が多いのは模倣が難しいからだそうですよ。

 

 

■ワーホリ最初の1ヶ月の収支報告をします。

せっかくなので、4月までに使ったお金をまとめてみました。

2017年3月31日~4月30日までの31日間です。

(厳密ではありませんが、大体の感じでみてください)

 

【収入】

トライアル分の給料:$30 + $15
ジャパレスの給料(4/18-4/30):$797

合計:$842
($1=¥84計算で約70,728円)

 

【支出】

空港→市内バス:$19
バッパー4泊:$120
家賃(4/4-4/30):$576
(デポジット$500は戻ってくるので含みません)
携帯本体:$139
SIM代(28日分):$30×2
RSA資格取得:$50
食費+日用品:$231.38

合計:$1195.38
($1=¥84計算で約100,412円)

 

 

■仕事さえ見つければ、生きていけます。

4月に使ったお金が約10万円です。

携帯代とか最初の滞在費が初期費用でかかった割には
意外とそこまでお金を使わなかったなぁーと
節約を強いていた自分に称賛を贈りたい気分でいっぱいです。

4月は、特に食費を抑えられたのが大きかったかと思います。

スーパーで食材を買って自炊していました。
(果物ばっかり食べてたような気も・・・笑)

外食はほとんどしていません。

ついたばっかりの時にタイレストランでランチを1回と
マックとサブウェイにそれぞれ2回ずつ計4回利用したことあるくらいかな。

 

仕事の方も、2週目に決まって4月半ばから働き始めたので
4月中に約7万円もの収入があったのも幸運でした。

このまま週25~27時間くらいのペースで仕事をして
派手に贅沢な生活をしなければ、少し貯金できるくらいの余裕で
物価の高いメルボルンでも生活できるんだなぁーということが分かりました。

 

仕事は時給18ドルですが、タックス(税金)が15%引かれるので
手取りの給料は実質時給15ドルくらいです。

週27時間は週4,5日くらいで
ディナーだけとか、ランチとディナーで1日中とか
シフトによりますが、週2日以上は休みがあります。

もし掛け持ちの仕事もすれば、貯金はもっとできるでしょう。

 

今の生活スタイルに、仕事を2つ掛け持ちすれば、
月10万円の出費で、20万円くらいの稼ぎが見込めるので
毎月10万円くらいは貯金できるという、簡単な青写真が描けます。

1年続けていけば、帰る頃には100万円以上の貯金があるわけですね。

まぁ、ワーホリメーカーは同じ所で6ヶ月しか働けないのでそんな単純にはいきませんが。

 

 

■オーストラリアは本当に稼げる国なのか?

オーストラリアでワーホリをしている人達のブログは、
インターネットで数えきれないくらい見ることができますが、
その中でよく、月に○○万円貯めました!とかっていうヨダレ出そうな程美味しい話をよく見るんですが、そんなのは一部の人だけで、そんなに甘い話が世の中に蔓延してるわけがない!!
というのが、私の正直な気持ちでした。

時給が高い国だからこその「稼げる」であって、
それはつまり長い時間いかに働けるかという体力勝負な所は否めないですよね。

 

私は、生活が不自由ない程度に稼げて、あわよくば最後の方に軽く旅行できるくらいに貯金ができればいいなーとは思っていたのですが、実際にこうして1ヶ月半過ごしてみると、「オーストラリアは稼げる!」という都市伝説は、もしかしたら本当なのかもしれない、と思えてきてはいます。

 

しかも私がいるのは、稼げない街メルボルンです。

最低時給よりも安い仕事が圧倒的に多いので(仕事は本当に多いけど)
大都市は、えてして稼げないというのが一般的な見方です。

その中でも、正規の賃金を払ってくれているジャパレスで職を得られたのは大きいんじゃないかなと思ってます。

シティライフは魅力がたくさんあって楽しいけど
その分誘惑が多くてお金を使ってしまいます(稼げないのに)。

ワーホリに何を求めるのか、大事になってきますよね。

 

 

私は今、自分のワーホリの方向性を改めて見つめなおしています。

メルボルンは素晴らしい街で、この街は本当に好きだけど
この街で過ごすことに果たして意味はあるのか、
という疑問が日を追うごとに大きく膨らんでいます。

 

 

自分の中で決めた、今週は悩む週。

 

週明けまでには何かしらの決断をします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
↑ブログランキング参加してます。
気まぐれにぽちっとクリックしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。